2019年3月22日 更新

BMWから2つのMコンペティションモデルが新登場!

BMWから、X3・X4 Mコンペティションが登場しました。中型スポーツSAVとスポーツクーペSACの高性能モデルの登場です。2モデルのエクステリア、内装、パワートレイン等をご紹介します。

BMWから2つのMコンペティションモデルが新登場!

新型BMWのX3・X4 Mコンペティションの概要等

BMWでは、中型クラスのスポーツSAVとスポーツクーペSACを、さらに高性能モデルとしてラインアップするために、X3・X4 Mコンペティションを開発し発表しました。

Mならではのエクステリアデザインに、最新6気筒インラインエンジンを搭載しています。2モデルのそれぞれのエクステリアやパワートレイン等をご紹介していきます。

【BMW】THE All-NEW BMW X3M Special Launch Movie.

新型BMW X3 Mコンペティションのエクステリア等

Mモデルの特徴となっているのは、フロント周りのブラックパーツの採用です。このX3 Mコンペティションもキドニーグリル等、ハイグロスブラック化されています。

同モデルのフロントエンドエアダクトは、大きく開口して、エンジン、トランスミッション、ブレーキに効果的な冷却空気が導風される仕組みです。
https://www.netcarshow.com/ (55848)

via https://www.netcarshow.com/
通常モデルのX3に適用されている筋肉質プロポーションが、X3 Mコンペティションにも取り入れられています。長いホイールベース、短いオーバーハング、柔らかめに6角形を描くホイールアーチは、ボディー全体をくっきりとした輪郭を有していますね。

エクステリアカラーには、7色が用意されています。トロントレッドメタリック、そしてM専用のドニントングレーメタリックもその中に含まれています。
https://www.netcarshow.com/ (55849)

via https://www.netcarshow.com/
リアビューでは、両端にテールパイプが並び、モデル特有のディテールです。ディフューザー風のスタイリングは、デザインされた後部エプロンと一体式です。

M仕様ルーフスポイラーは、側面のラインを力強くし、テールを強調しています。スポーティな印象をアップさせていますね。

https://www.netcarshow.com/ (55850)

via https://www.netcarshow.com/
21インチホイールは、Vスポークデザインの磨き上げられたジェットブラック仕上げとし、モデル特有のM軽合金ホイールとなっています。混合サイズの高性能タイヤは、フロントが255/40ZR21、リアが265/40 ZR21です。

フロントに4ピストン固定キャリパー、リアにシングルピストンフローティングキャリパーを採用しています。キャリパーは青く塗られ、Mのロゴが印章されています。ドリルドベンチブレーキディスクは、フロントで直径395ミリメートル、リアで370ミリメートルの仕様です。

足回りは、Mアダプティブサスペンションが標準装備です。電子制御ダンパーは、優れた日々の快適さと、高性能走行の両方を確実に実現する仕様にしています。それぞれの車輪減衰力は、内部の電磁弁の助けを借りて、運転状況に完全に合うように連続的に調整される仕様です。
https://www.netcarshow.com/ (55851)

via https://www.netcarshow.com/

新型BMW X3 Mコンペティションの内装等

BMW X3 Mコンペティションは、Mスタイルコックピットデザイン、M特有のインストルメントクラスター、Mレザーステアリングホイールを装備しています。

そしてデザイン変更したMセレクターレバーバケットスタイルのMスポーツシートとセンターコンソールのモデルネームプレートが、インテリアをさらに特別な雰囲気に仕上ています。

電気機械式Mサーボトロニックステアリングは、車軸と平行に配置され、特別に設計されたモーターユニットを備えて、Mのドライビング性能アップの1つとなっています。

M Servotronicシステムは、速度に敏感なパワーアシストと可変比率を組み合わせることで、あらゆる状況に対して正確に適切な量のステアリングトルクを提供することが可能です。正確な方向転換、曲げによるパワーアップ時のステアリングホイールの動き、そして低速での楽な操縦と駐車が可能になっています。

https://www.netcarshow.com/ (55852)

via https://www.netcarshow.com/
スポーティーな運転にしっかりと焦点を合わせているMコンペティションですが、BMW Xモデルの特徴的な多様性を持っています。40:20:40の分割折り畳み式リアバックレストを標準装備し、ラゲッジ容量を最大1,600リットルにまで拡大できます。
https://www.netcarshow.com/ (55861)

via https://www.netcarshow.com/

新型BMW X4 Mコンペティションのエクステリア等

X4 Mコンペティションのエクステリアは、スポーツクーペSACのディテールで、さらにMらしいスポーツデザインに仕上ています。X3 Mコンペティション同様にキドニーグリルはハイグロスブラックです。
https://www.netcarshow.com/ (55855)

via https://www.netcarshow.com/
サイドのエアダクトは、Mのロゴがインストールされていて、エンジンルーム冷却やホイールの気流を整流してくれる優れものです。サイドミラーは、特別なMデザイン仕様です。空力抵抗を低減するデザインとなっています。

エクステリアカラー
・アルパインホワイト
・サファイアブラックメタリック
・ドニントングレーメタリック
・トロントレッドメタリック
・フィトニックブルーメタリック
・サンストーンメタリック
・ドニントングレーメタリック
の合計7カラー(本国)が用意されています。X3 Mコンペティションも同様カラー構成です。
https://www.netcarshow.com/ (55856)

via https://www.netcarshow.com/
リアでは、X4 Mコンペティション専用ディフェーザー1体型マフラーエンドが特徴的です。斜め後ろから見ると、X4モデルが、クーぺスタイルであることを印象つけるディテールですね。
https://www.netcarshow.com/ (55857)

via https://www.netcarshow.com/

新型BMW X4 Mコンペティションの内装等

内装は、X3 Mコンペティション同様に人間工学的に効率的なコックピットに仕上っています。スポーツシートとモデル特有のデザインが、BMW X4 Mのキャビンにスポーティーでありながら贅沢な空間を作り出しています。

シート位置を上げると、前方の道路を一望出来る仕様です。ディスプレイコントロールのMスタイルデザインは、熱くスポーティなドライバーが、運転に集中することを目的に設計されています。
https://www.netcarshow.com/ (55859)

via https://www.netcarshow.com/
スポーティーな運転にしっかりと焦点を合わせているMコンペティションですが、BMW Xモデルの特徴的な多様性を与えられています。40:20:40の分割折り畳み式リアバックレストを標準装備し、ラゲッジ容量を1,430リットルまで拡大できます。
https://www.netcarshow.com/ (55860)

via https://www.netcarshow.com/

新型BMW X3&X4 Mコンペティションのパワートレイン等

パワートレインでは、両モデル共通で最新の3000㏄6気筒インラインガソリンターボエンジンを搭載しています。M コンペティションの最高出力は、510hp(通常Mは、480hp)です。2つのモノスクロールターボチャージャーが最大の特長で、1〜3と4〜6のシリンダーに圧縮空気をそれぞれ供給します。

組み合わされるミッションは、8速M Steptronicトランスミッションです。3つの運転モードが選べ、更にステアリング後ろのパドルシフトで、シフトのアップダウンも可能です。

https://www.netcarshow.com/ (55853)

via https://www.netcarshow.com/

まとめ

BMWからX3 MコンペティションとX4 Mコンペティションの2モデルが発表されました。この2つのモデルは、中型クラスのスポーツSAVとスポーツクーペSACとなっています。新たなMモデルの登場です。

現在、本国でのホームページ掲載(2019.03.19時点)が始まっています。日本モデルでは、これからのホームページ掲載になって来るのではないでしょうか。登場が楽しみです。

34 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me