2018年4月19日 更新

トヨタ2018新型RAV4(北米仕様)発表!フルモデルチェンジで新4WDシステムを採用!

新型RAV4(米国仕様)がニューヨーク国際自動車ショーで披露されました。 気になる米国や日本での発売予定日が決定しましたので、ご紹介します。

トヨタ2018新型RAV4(北米仕様)発表!フルモデルチェンジで新4WDシステムを採用!

新型RAV4のダイナミックトルクベクタリングAWDや新型E-Fourとは?

 (27037)

新型RAV4(北米仕様)のガソリン車(上級グレード)には、新4WDシステム・ダイナミックトルクベクタリングAWDがトヨタで初めて採用されました。
ダイナミックトルクベクタリングAWDには、トルクベクタリング機構が搭載されていることにより、コーナーを走行したり、悪路を走行したりする際に、操縦安定性やトラクション性能が向上しました。
更にディスコネクト機構も搭載されていることにより、2WDで走行している時には、リヤの駆動系の回転をストップさせることができるので、低燃費に寄与します。
 (27038)

一方、新型RAV4(北米仕様)のハイブリッド車には、新型E-Fourを採用。
この新型E-Fourによって後輪(電気で駆動)の最大トルクをこれまでの1.3倍にすることに成功。
また、走行シーンに合わせて、後輪に適切なトルクを配分することができるので、走破性と操縦安定性が向上。

優れた走破性と燃費性を獲得した新型RAV4

 (27039)

新型RAV4(米国仕様)に採用されたプラットフォーム(TNGA)によって、高剛性で低重心なボディに仕上がり、リヤサスの最適なチューニング、燃料タンクの取り付け位置の変更も行い、パッケージを刷新いました。
これらのことにより、優れた操縦安定性や乗り心地を達成しました。

新型RAV4(米国仕様)にはDynamic Force Engine(2.5L)、Direct Shift-8AT、2.5Lハイブリッドシステム(THSⅡ)といったパワートレーンを採用。
高トルク化されたエンジンによってアクセル・レスポンスや加速性能が向上しました。
更に、優れた燃費効率や高効率化したミッションによって、動力性能が向上しながら、低燃費を実現。

新型RAV4のインテリアについて

新型RAV4(米国仕様)

機能性や上質感といった本格的なSUVのイメージを実現させるために、フラットなインストルメントパネルや太く幅広いセンターコンソールを採用。
これにより、優れた視界となり、足のホールド感も良くなりました。

硬質な材料とソフトパットを使い分けることによりメリハリをつけ、エクステリアをモチーフし多角形をイメージさせる造形を採用することで、統一感などを表現。

取り付け位置を最適化したサイドミラー、拡大されたリヤクオーターガラス、デジタルインナーミラーによって運転手の視認性を向上しました。

6:4分割可倒式リヤシートやトップクラスのラゲージスペースにより、荷室空間を使い易く刷新。

新型RAV4の安全装備について

新型RAV4 Adventureグレード(米国仕様)

新型RAV4(米国仕様)はToyota Safety Senseを標準装備し、次のシステムを搭載します。

・プリクラッシュセーフティ

・レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)

・レーントレーシングアシスト(LTA)

・レーンディパーチャーアラート(LDA)

・オートマチックハイビーム(AHB)

・ロードサインアシスト(RSA)

新型RAV4のボディサイズについて

新型RAV4 XSE Hybridグレード(米国仕様)

・ホイールベース:105.9インチ[2,690mm]

・全長:180.9インチ[4,595mm]

・全幅:73.0インチ[1,855mm]

・全高・66.9インチ[1,700mm]

新型RAV4の発売日について

新型RAV4 Limitedグレード(米国仕様)

新型RAV4の発売日は、米国仕様は、ガソリン車は2018年末頃、ハイブリッド車は2019年初を予定

気になる日本国内は2019年の春を予定しています。

まとめ

新型RAV4(米国仕様)は、プラットフォーム、パワートレーン、4WDなどが新しくなり、全てにおいて期待度が大です。

国内での発売が楽しみです。
26 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

dreamber123123 dreamber123123