2017年12月4日 更新

Dacia Dusterが2018年にモデルチェンジして登場!日本へのネット販売等になるでしょうか?

ルーマニアの自動車メーカーといえばダチア!ルノーとの提携により販路拡大も行えるようになりました。実際に日本への導入が行われるか???です。筆者としては、日本への導入を期待しながら記事にしていきたいと思います。

Dacia Dusterが2018年にモデルチェンジして登場!日本へのネット販売等になるでしょうか?

Dacia Dusterってどんな車???

まずは現行のDacia Dusterの価格構成から!

現時点でのポンドと日本円の為替レートは1ポンド≒148円
現行のDacia Dusterの価格スタート構成
Access SCe 115 4x2   1,413,000円ほどから
Ambiance SCe 115 4x4 1,934,000円ほどから
Lauréate TCe 125 4x4  2,276,000円ほどから
Prestige TCe 125 4x2  2,112,000円ほどから
SE Summit dCi 110 4x2 2,588,000円ほどから

これは、イギリスでの販売価格になります。それでも非常に外国車としてはお安いイメージがあります。日本に導入されることがもし行われた際には、日本の独自の基準をクリアしないとならない点、標準の装備関連、輸送コストで価格が上がるとは感じますが、比較的安価な価格設定になると感じます。

この価格を踏まえた上で、実際にこのDacia Dusterがどのような車であるかを記して行きたいと思います。 
https://www.netcarshow.com/dacia/2018-duster/ (19157)

via https://www.netcarshow.com/dacia/2018-duster/
2017年フランクフルトモーターショーにてダチアでは、「本物のSUVの走行性能と快適さをショッキングなほど手ごろな値段でお試しいただける」と論じているようです。

今回のDacia Dusterのデザインは、やはり独創的な個性を演出していくためにグリル形状や車幅のワイド感を強調した仕様となっているようです。ボンネットは、強靭な外観に見えるように水平基調に折り目というデザインになっています。

筆者としては、単純に結構格好良いデザインになっていると感じました。実はこのダチアというメーカーの車両を書くのがはじめての筆者ですが、最初に書こうと思ったのも比較的格好良いな・コンパクト・価格が安くない?・日本へ海を渡ってこないかなといった気持ちがあったからです。
https://www.netcarshow.com/dacia/2018-duster/ (19158)

via https://www.netcarshow.com/dacia/2018-duster/
車両サイドビューでは、SUVらしさが強調されるよう前後のフェンダーアーチが大きく張り出しており車高も高めに設定されているのがわかります。ルーフレールも装備されおり、キャリアを簡単に搭載することも可能です。

リアビューとしては、テールランプ等多くのパーツ及び張り出し感が現行型より変更されています。そしてヨーロッパ車らしいリアバンパーのカラーリングも押さえられています。
https://www.netcarshow.com/dacia/2018-duster/ (19159)

via https://www.netcarshow.com/dacia/2018-duster/
SUVたっぷりの画像が、今回のDacia Dusterでは満載となっております。快適でありながらどんな悪路でも走破していきますと表現されているような気がいたします。非常に筆者が好きになった部分でも有ります。
https://www.netcarshow.com/dacia/2018-duster/ (19160)

via https://www.netcarshow.com/dacia/2018-duster/

高いオフロード性能も魅力

高い最低地上高210㎜のDacia Duster。
4WDでは、アプローチ角度30度、出発角度は33度。2WDはそれぞれ34度とのことです。ブレークオーバー角は21度とのことですのでSUVとしての走行性能は、かなり高いといえるでしょう!
https://www.netcarshow.com/dacia/2018-duster/ (19161)

via https://www.netcarshow.com/dacia/2018-duster/
ヘッドライトは、3セクションに分かれた構造となっているようです。
①LEDの昼間のランニングライト
②ヘッドライト部
③ウィンカー部
この③要件が重要とダチアでは表現しています。
https://www.netcarshow.com/dacia/2018-duster/ (19169)

via https://www.netcarshow.com/dacia/2018-duster/
テールライトは、4つの四角をイメージして作成されており、車両の両端に配置することで後方から来る車両への視認性を重視していると考えられます。
https://www.netcarshow.com/dacia/2018-duster/ (19170)

via https://www.netcarshow.com/dacia/2018-duster/
ホイールも特徴的です。但し実用性を考えて16インチが基準と成っているようです。1番安いグレードは、スチールホイール仕様でもあります。
https://www.netcarshow.com/dacia/2018-duster/ (19163)

via https://www.netcarshow.com/dacia/2018-duster/

インテリア部分は???

30 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me