2018年10月14日 更新

ジムニーだけじゃない!軽SUV「ダイハツテリオスキッド」

現在、国内外ともにSUVが大きなブームですが、10年程前、軽自動車カテゴリーではすでにSUVブームが来ていました。ただのハッチバックやステーションワゴンの車高を上げ、樹脂製バンパーや樹脂製フェンダーガードを付けてお茶を濁したクルマも存在する中、軽SUVは本気のSUVが多かったように思えます。今回は、その中でも本気度高めなダイハツテリオスキッドについて見てみましょう。

ジムニーだけじゃない!軽SUV「ダイハツテリオスキッド」

どんなクルマ?

テリオスキッド(ダイハツ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (47470)

ダイハツテリオスキッドは、1998年10月に発売されました。

普通車のダイハツテリオスの全長・全幅を詰め、軽規格に収めたクルマです。軽SUVでは唯一、5ドアボディとフルタイム4WDが与えられていました。

いかにもSUVな見た目の「CL」(のちに「L」に変更)と、エアロパーツを装備した「エアロダウンカスタム」(のちに「カスタム」に変更)の2グレードがメインとなり、駆動形式はFRか4WD、トランスミッションは4速ATか5速MTから選択することができました。

途中グレードが整理されたり、ウインタースポーツブランドのkissmarkとコラボした特別仕様車が追加されたりし、2012年6月まで販売が続けられていました。

テリオスキッドのここがイイ!!

テリオスキッド(ダイハツ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (47471)

本格的な4WD

エアロ付きのグレードを見ると、「なんだ街乗りSUVか」と思ってしまいそうですが、意外に中身は本格的です。

パートタイム4WDのジムニーやパジェロミニとは異なり、テリオスキッドはフルタイム4WDです。そしてローレンジがない代わりに、ダイハツアトレー譲りのセンターデフロックが装備されています。

スタックしそうな悪路や雪道でも、これなら安心して走行できますね。

全車ターボ搭載

テリオスキッドの車重は960~990kgと、軽自動車にしては重い方です。そのためか、全車ターボエンジンが搭載されていました。

これにはインタークーラーの有り・無しの2種類があり、インタークーラー付きのEF-DETは64ps/6,400rpm、10.9kg-m/3,600rpmを発揮し、インタークーラー無しのEF-DEMは60ps/6,800rpm、8.6kg-m/4,400rpmを発揮しています。

当然64psのEF-DETの方がパワフルですが、60psの方でも動力性能に不満はありません。
高速道路でもそれなりに走れるほどのパワーがあります。

高回転域はあまり伸びない代わりに、低~中回転域の実用的なトルクが重視されている味付けでした。

ちなみに、エンジンは2006年8月のマイナーチェンジで全車EF-DETに統一されています。

5ドアの使い勝手

リアシートに人が乗る時はもちろんの事、ちょっとした荷物をリアシートに積むときなどもいちいちフロントシートを倒さなくて済むのでとても便利です。

ジムニーやパジェロミニ等、他の軽SUVは全て3ドアであるため、ここはライバルに大きく差を付けることのできるポイントかもしれません。

テリオスキッドのここはそうでもない…

テリオスキッド(ダイハツ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (47472)

ボタン類の配置

テリオスキッドの欠点として、スイッチの配置の微妙さがあります。

リアウインドウの熱線のスイッチはインパネを探してもどこにもありません。一生懸命探すと、ハンドルの右側、ウインカーレバーの後ろ、サイドミラー調整ボタンやフォグランプのスイッチと並んだ所にあります。

ハザードのスイッチも妙な所にあり、こちらはワイパーのレバーの後ろにあります。

インパネの面積が狭かったので、全てを収めきることができなかったのでしょう。

また、デビュー当時はカーナビが一般的でなかったためか、エアコン操作パネルが上で2DINスペースが下になっているのも少し使いにくいポイントです。

燃費

ターボ付きでフルタイム4WD、175/801R15のタイヤに1t近くのボディとくれば、燃費がいいはずがありません。

実燃費は街乗りで10km/l前後、長距離で14km/l程度のようです。

あまりエコではない数字ですが、クルマの特徴を考えると仕方のない所です。

収納の少なさ

最近のクルマに比べると、どうしても収納の少なさが気になります。

シフトレバー前のドリンクホルダーと、あとはドアポケットくらいです。

テリオスキッドに乗る場合は、作り付けのドリンクホルダーを小物入れ代わりにし、エアコン吹き出し口に社外品のドリンクホルダーを付けるなどした方が良さそうです。

まとめ

テリオスキッド(ダイハツ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (47473)

テリオスキッドは、オフロードとオンロード双方のバランスがちょうどいいクルマでした。

副変速機が付いておらず、確かにジムニーやパジェロミニにはオフロード性能は負けてしまいますが、日常でローレンジを使う機会はまずありません。

ジムニーやパジェロミニは3ドアなのでボディ剛性は良いですが、日常の使い勝手はどうしても5ドアのテリオスキッドの方が良いに決まっています。

こういった事を考えると、テリオスキッドは日常使いのできるオンロード寄りの軽SUVと言えるでしょう。

特に豪雪地帯の人にはオススメです。車高もあり、175サイズのタイヤを履いているため、トラクションコントロールが無くても雪道の走行に困る事はありません。

万が一スタックしても、センターデフロックがあるので余程の事が無い限り脱出できるはずです。

現在の中古市場は、走行距離1万キロ程度の最終型で120万円程が最高値のようです。前期型であればエアロ付きのグレードでも3万キロ以下で50万円程度の個体が探せますが、年式の古いクルマは下回りの錆が気になります。

積雪地で普段使いのクルマを探している方、テリオスキッドを検討してみてはいかがでしょう?
22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ミナト自動車㈲ ミナト自動車㈲