2018年6月20日 更新

「独ダイムラー、大型のヘビー・デューティー・エンジンで記念の100万基製造達成

ドイツのダイムラー・グループのダイムラー・トラックス・ノースアメリカが、日本時間の2018年6月18日付で、ヘビー・デューティ・エンジンと呼ばれる大型エンジンの製造台数が100万基の製造を達成しました。凄い数! それだけの台数のトラックやバスが、今も世界を走り回っているわけですね。

「独ダイムラー、大型のヘビー・デューティー・エンジンで記念の100万基製造達成

YouTubeの公式チャンネルでも、誇らしげに配信

Daimler Trucks: One million heavy-duty engines

YouTubeの公式チャンネルでも、エンジンを組み込まれたトラックやバスが世界中を疾走し、途轍もない大きさのコンテナ(おそらくは、ロケットのタンクかと思われます)を、苦もなく牽引する様子などを、トップ映像として配信しています。その大きさにはビックリするしかないですね。

以下、次のように説明しています。
ダイムラー・トラックのヘビー・デューティーエンジンを御覧ください。インライン6気筒エンジンは大型商用車に搭載されており、排気量の範囲は10.7〜15.6リットル。出力レベルは240〜480 kWです。お客様にとって全く申し分なしです。
このように、誇りを持って公式チャンネルで説明しています。だからこその100万基目なのだと思います。凄い数ですね。

米独の工場で製造、20年近くの偉業達成

さて、世界の自動車産業の各種データや分析を配信しているジャストオートというサイトが、同日付けで配信した記事によると、このヘビー・デューティー・エンジンはメルセデス・ベンツのドイツのマンハイム工場と、ダイムラー・トラックス・ノース・アメリカ (DTNA) の子会社に当たるデトロイト・ディーゼル・コーポレーションとが、それぞれ製造を続けてきました。つまり米独両国にまたがっていたわけです。

今回の達成についてダイムラーでは、自社トラックの「パワートレイン(エンジンの回転エネルギーを効率的に駆動輪に伝える装置類)のプラットフォームを標準化するという戦略の奏功を強調するものである」と、誇らしげに答えています。

実際、こうしたヘビー・デューティ・エンジンを搭載したパワートレインのプラットフォームの標準化は、過去10年に渡り行われてきました。生産のオペレーションと、主要なコンポーネントなども標準化され、柔軟な対応を可能にしただけでなく、同一の技術を採用するヨーロッパやアメリカ、そして日本などでの市場の要件や、特定の顧客向けに合わせた設計も行っているそうです。
デトロイト・ディーゼルが、このエンジンの製造を開始したのは、2007年。マンハイムでの製造は3年後の2010年からでした。製造工程には、1つのチームがかかりっきりで担当しますが、これだけの大きさということもあって、完成までは6日間かかるとのことです。

搭載しているのは、メルセデス・ベンツのアクトロスや、三菱ふそうのスーパー・グレートのトラック。それに、メルセデス・ベンツのバスや、ダイムラー傘下の、ドイツのエボバスグループ・カールケスボーラーの「ゼトラ」などのバスにも搭載されています。

まとめ:「真のマルチタレントとして、今後も活躍する」と太鼓判

ダイムラーのHPでは、このエンジンを「排出ガスを最小限に抑え、最高の性能を発揮する真のマルチタレントだ」と絶賛しています。

「大型商用車や、都市と都市を結ぶバスなどには、この丈夫で耐久性の高いエンジンが搭載されるなど、真のグローバルプレーヤーであることが証明されている」と位置づけ、100万基の達成にはマンハイムの工場で作業員が歓喜の声を上げる様子を収めた写真と共に配信しています。

200万基の製造達成は、遠くない日なのでしょう。

出典:

https://www.just-auto.com/news/daimler-trucks-builds-1m-standardised-heavy-duty-engines_id183102.aspx

http://media.daimler.com/marsMediaSite/en/instance/ko/Production-anniversary-One-million-world-engines-for-Daimler-Trucks.xhtml?oid=40559605
10 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

takosaburou373 takosaburou373