2019年4月24日 更新

プリウスPHVが5月にマイナーチェンジ!5人乗り仕様も実現!

トヨタのプラグインハイブリッド車であるプリウスPHVが5月にマイナーチェンジを控えています。5人乗り仕様も実現すると言われており、その他にも様々な点で仕様が変更されます。今回はその詳細を紹介します。

プリウスPHVが5月にマイナーチェンジ!5人乗り仕様も実現!

プリウスPHVの概要

トヨタ プリウスPHV | 特長 | トヨタ自動車WEBサイト (59273)

プリウスPHVは、トヨタ2011年から生産・販売しているプラグインハイブリッド車です。現行モデルは2代目のモデルであり、2017年から販売されています。
初代プリウスPHVは3代目のプリウスとのデザインにほとんど違いは見られず不評だったのですが、現行モデルのプリウスPHVは4代目プリウスとのデザインと大きく差をつけて、カッコよさが増したモデルになっています。
EV走行距離もJC08モードで68.2kmと、日常仕様においてはほぼEV走行でまかなえるほどの高性能のプラグインハイブリッド車に生まれ変わりました。

今回は5月にこのプリウスPHVがマイナーチェンジを控えており、さらに実用的なモデルに進化するということです。以下に変更点を具体的に紹介していきたいと思います。

5人乗り仕様を実現

現行モデルの室内

現行モデルの室内

現行モデルは後席中央にコンソールを設置してあるため、4人乗り仕様のみラインナップされています。しかし今回のマイナーチェンジによって、5人乗り仕様に変更して5人家族のファミリー層でも使いやすい利便性の高い車になります。
普通車なのに4人乗りだからと選択されなかったユーザーにとっては朗報であり、この変更によりさらにプリウスPHVの売り上げは伸びることになるでしょう。

大型ナビと急速充電システムがメーカーオプション

11.6インチの大型ディスプレイナビゲーション

11.6インチの大型ディスプレイナビゲーション

プリウスPHVの特徴である11.6インチの大型ディスプレイナビゲーションがメーカーオプションに変更されます。現行モデルではSグレード以外は標準装備でしたが、今回のマイナーチェンジによって大型ナビか普通サイズのナビを選択することが可能になります。大型のナビが煩わしいと思われていた方には選択肢ができて良いですね。

また車体に搭載される急速充電システムもメーカーオプションに変更されます。こちらも現行モデルではSグレード以外では標準装備でしたが、今回よりどのグレードでもオプション扱いです。実際に普通充電でも約2時間20分で満充電ができ、電気がなくなればHV走行が出来て、バッテリーチャージモードでまたEV走行出来るので、そこまでこのクルマに急速充電が必要のないという方もおられると思います。

360度見渡せるパノラミックビューモニター搭載か!?

トヨタ ハリアー | 走行性能 | トヨタ自動車WEBサイト (59282)

上位グレードにオプションか、特別仕様車としての販売かは現在定かではありませんが、トヨタのクラウン・アルファード・ヴェルファイア・ハリアーなどの上位車種にのみ搭載されているパノラミックビューモニターが搭載されると言われています。上空から車両を見下ろしたような360度見渡せるつなぎ目のない映像を表示され、目視では確認できない部分までしっかりとモニターで確認できる機能です。この機能が搭載されれば、駐車も今よりはるかに楽になり、車体の大きいプリウスPHVにとってはありがたい機能になりますね。

プリウスPHVにも4WD仕様を追加

今回のマイナーチェンジにより、4WDモデルのe-fourでラインナップ拡充を図ります。4WDでは燃費が落ちますが、雪道の発進などで滑って進めないシチュエーションに陥る可能性が減り安心感が増します。特に雪国に住んでいる方には朗報で、これにより寒冷地などでも売り上げが伸びることになるでしょう。
4WDモデルはAグレード以上にラインナップされ、価格は4,001,400円(A)~4,417,200円(Aプレミアム)になると言われています。

マイナーチェンジ後の価格

マイナーチェンジ後のプリウスPHVの価格は、3,178,440円(S)~3,814,560円(Aプレミアム)と言われています。現行モデルが、3,261,600円(S)~4,222,800円(Aプレミアム)のため、価格はより購入しやすい価格に値下がりする予定です。

まとめ

今回は5月にマイナーチェンジを控えているプリウスPHVの詳細を紹介してきました。
今まで標準装備だった大型ナビと急速充電システムがメーカーオプションになることにより、選択肢も増えて価格も安くなり購入しやすいモデルになると思われます。
公式発表はまだなので変更もあるかもしれませんが、ほぼ今回紹介した内容でマイナーチェンジを行っていくと思われます。
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi