2017年7月19日 更新

【比較】新型ワゴンRスティングレイとワゴンR FZの違いは?後編

2017年2月にデビューした新型ワゴンR。ボディのタイプが3種類ありますが、その中で見た目で選びたくなるのはワゴンR FZとワゴンRスティングレイではないでしょうか?その違いを比較してみます!

【比較】新型ワゴンRスティングレイとワゴンR FZの違いは?後編
 (5781)

前回記事では、新型ワゴンR FZとスティングレイのエクステリアを比較してみました↓
今回はその続きとして、内装を比較してみたいと思います。

内装デザインは基本的に同じ

新型ワゴンR FZの内装は?

 (5753)

新型ワゴンRの内装デザインですが基本的には、FAもFXもFZもスティングレイも同じです。
ただ、細かい所のマテリアルが違います。

新型ワゴンR FZの内装は、黒基調でシートも黒と青のマテリアル一色となっています。
 (5755)

ドアトリムはこんな感じです。

中央部分はファブリックになっていますし、軽自動車の平均的な質感と言って良いのではないでしょうか。
 (5758)

ドアトリムのウインドウスイッチ台座は無塗装樹脂製のものになっています。
 (5757)

エアコンの吹き出し口周りには青い装飾が付いていますね。
 (5760)

このあたりのマテリアルがグレードによって変わってきます。
 (5773)

アームレストが付いていますが、こちらには収納は備わりません。

新型ワゴンRスティングレイの内装は?

 (5764)

続いて、新型ワゴンRスティングレイの内装を見てみましょう。
デザインは基本的には同じです。

細かいところでは、ナビ画面の化粧パネルがピアノブラック調になっていたりします。
 (5766)

新型ワゴンRスティングレイのドアトリムは若干赤みがかかったファブリックになっています。
また、ウインドウスイッチ台座はピアノブラック調の化粧パネルが付けられており、FZよりも質感が向上していますね。
 (5768)

エアコンの吹き出し口周りは、ピアノブラック調の化粧パネルがつき、赤いラインがスポーティな印象です。
シートも黒一色ではなく、赤みがかったファブリックとのツートンカラーになっています。
 (5770)

アクティブドライビングディスプレイというヘッドアップディスプレイもスティングレイのL以外には標準装備です。

FZやFXにはオプション扱いになっています。
 (5772)

アームレストコンソールはワゴンRスティングレイには標準装備。
こういう細かいところに差がありますね。

まとめ どちらも黒基調なので、FXでも良いかも

こまかいマテリアルの違いはありますが、基本的には同じデザインでどちらも黒基調なので印象はそれほど変わりません。
少しでも質感が高いほうが良ければ、スティングレイのほうを選べば良いと思いますが、FZでも十分かと思いました。

それよりは、一部がベージュの内装になるFXのほうが良いかもとも思えてきます。
ワゴンR | スズキ (5778)

FXでもFZでも、装備面では差がありませんので、お好みで選んでいただければと思います。

さらなる質感を求めるにはスティングレイしかありませんので、予算に合わせてお好みのワゴンRを選んでくださいね^^
34 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部