2017年7月7日 更新

軽自動車history ダイハツMOVE(ムーヴ)(最新モデルから歴代中古車の買い方まで)

MOVE(ムーヴ)の歴史、歴代MOVEを紹介しながら、筆者の購入アドバイスもすこーしだけ盛り込んでいます。

軽自動車history ダイハツMOVE(ムーヴ)(最新モデルから歴代中古車の買い方まで)

ワゴンRを追従した初代MOVE!!!

ワゴンRの販売から2年ほど経過して初代MOVEが、1995年に販売されました。
ダイハツとしては、スズキにかなり出し抜かれた感じは拭えませんでした。
その為、急ピッチでMOVEの開発をしたことは否めません。
しかしその2年間は、ワゴンRの欠点を克服するための開発期間でもありました。
例えば、リアハッチを横開きにした事が挙げられます。
使い勝手を考えたり、女性ユーザーのことを考えた結果の仕様になっております。
初代から、カスタムというグレードを設けて販売したこともMOVEのワゴンRに対する戦略となっております。
パワートレーンにおいては、ターボを直列4気筒として一線をかくす存在に仕上げてありました。
 (11351)

MOVEの方向性を確立した2代目

初代は、ワゴンRを追いかける形で開発・販売をした感じのMOVE。2代目は、1998年の軽自動車の規格変更(寸法拡大)にあわせて販売開始!。
勿論ダイハツも新規格にあわせて開発していました。2代目はMOVEの飛躍的な販売となっております。
そして、MOVEの方向性も確立されたモデルでもあります。

2代目は、グレードごとに全く違った面立ちのフェイスに成りました。通常のMOVEとカスタムで全く違う印象での販売となっております。
特にカスタムやエアロダウンカスタム等、ワゴンR以上に乗り手の心をくすぐるラインナップを構成しております。
これ以降しばらくの間、MOVEエアロダウン系は、丸目4灯というのを植えつけたともいえます。
また、リアシートをスライドできるようにしてリアの居住空間を確保する工夫も施されました。

販売数量も初代と比べて飛躍的に伸び、新ジャンルトール系は、ワゴンRかMOVEという選択肢になって行きました。
 (11354)

2002年販売開始の完成系3代目

3代目では、標準仕様とエアロダウン仕様が2代目同様くっきりと区別され、ユーザーの嗜好に合わせた販売を邁進するMOVEでした。ワゴンRに負けない仕様をダイハツでは研究しており、MOVEの完成形とも言えるモデルとなりました。

丸目4灯のデザイン・角ばったボディは、2代目を継承しております。当時の必須アイテムであるベンチシートにコラムシフトも一部車種を除いてワゴンR同様採用されております。
 (11357)

大きくデザインを変えた4代目

MOVEは、2006年大きくデザインを変えて4代目としてデビュー。
今までの直線4角貴重の路線から一転、丸みを帯びた一直線貴重のデザインでのMOVEに成りました。

新しいプラットフォームを採用し、ホイールベースも延ばしました。これにより室内も3代目よりも広くなっております。
その一方で、パワートレーンは4気筒が廃止され、3気筒ベースのみとなっていました。
これは、この頃よりトヨタとの関係が強化されたことによりコスト削減も踏まえたからと考えます。

また、ディスチャージヘッドランプの採用など各所にその時代のよりよい技術も盛り込まれていたモデルでもあります。
 (11360)

軽量化と燃費を向上させた5代目

燃料の高騰が危ぶまれている中2010年に5代目MOVEは、販売開始になりました。

実は比較的スズキよりもダイハツのほうが全体的に車両重量が重いと言われています。
MOVEもワゴンRから比べて全体的に重量が重いのも事実です。
この重量を先代から35kgほど軽くしております。
そしてエンジンも大幅に見直しをされて燃費の向上も図られたモデル。
さらにアイドルストップやフルオートエアコンの全車装備も行われております。
これは、トヨタの意向も大きく加わり、上質でありながらコスト削減することを進めた結果でもあります。

トヨタの意向が強く出ていても、MOVEの特徴である標準車とカスタム系の2バリエーションという路線は、継承されております。
 (11363)

現行型6代目!

トヨタとの関係をより深めながら2014年販売開始となった現行型6代目。
新開発のモノコックボディ(D-モノコック)を採用して作られました。これは、完全にトヨタの思考を取り入れたフレームです。
これにより軽量化(20kg)に成功しており、エンジンもさらに細部を煮詰めることで走行性・燃費を向上させています。

また、安全性もアクセル・ブレーキ踏み間違い機能などを装備。その当時では、比較的軽自動車では早い安全装置の装備であったと考えます。

勿論トヨタとの開発は行われておりましたが、MOVEの基本理念である2バリエーションの顔ぶれには変わりありません。
また、各所にLEDを採用するなどエコを意識した装備にもなっております。
 (11366)

MOVE購入ワンポイントアドバイス。

ダイハツのMOVEは、初代はすでに殆ど中古車市場では販売されておりません。筆者調べでは、市場台数は50台前後です。この車を購入する際は、エンジン自体の異音に注意ください。あとマニュアル4WDは、パートタイムになっております、切り替えがスムーズかのチェックをお願いします。

2代目は、横開きのリアハッチ下部の錆びに注意ください。開いて内側が錆びているものは避けるようにしましょう。
市場台数は500台ほどあると思います。

3代目は、タービンブロー間近の車両が多くなっております。特に4気筒エンジンは、この世代で終了していますので部品単価も上がっております。異音等のチェックが必要です。リアフェンダーの下部の錆びにも注意ください。
※ここまでが、純粋にダイハツの車というのを楽しみたい方におススメです。3000台くらいは市場に有ります。

4代目は、トヨタのDNAが少し入っているMOVEです。錆び等はそんなに気にしなくて良いのですが、高額な修繕費を嫌って手放しているユーザーが増えてきている車両です。修理の履歴等もチェックしてください。

5代目は、低走行のものを安く購入できれば長持ちすると考えます。

MOVEのパワートレーンは、3気筒ではアップグレードしてはいるものの初代を除きKF-VE型・KF-DET型(ターボ)の2種類となっております。1番注意しないとならないのは、エンジンの異音とタービンの故障です。購入後に大きな出費となるのでチェックを怠らないで下さい。
20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me