2017年4月21日 更新

軽自動車の車検費用ってどのくらいかかる?

軽自動車の維持費として忘れてはならないのが車検費用です。 ディーラーの営業マンに言われるがまま、ディーラーで車検をしていませんか?意外と高くついているかも…

軽自動車の車検費用ってどのくらいかかる?

軽自動車の車検は最低でも36,570円は必ずかかる

車検には新規検査、継続検査、構造等変更検査の3種類があります。

購入から3年後に車検期間が満期になる時、引き続いて乗るために受けるのが継続検査です。
よく「車検」と言われているのは、この継続検査のことです。

軽自動車でも普通乗用車でも同じで、新車購入時より「3年」で最初の車検が、その後「2年おき」に車検が必要となります。

車検にかかる費用は、「法定費用」と「点検・整備費用」の2種類にわけることができます。

法定費用には、自動車損害賠償責任保険(自賠責)と重量税があり、軽自動車の場合は自賠責が26,370円(24カ月)、重量税が8,800円、それから手続きに必要な印紙代1,400円が発生します。

それらを合計すると36,570円となり、これは必ず納めなければならない法定費用となります。
そのため、車検をディーラーで行っても、民間の工場で行っても、この36,570円は最低限必要となります。
thinkstock (4178)

ディーラーだと8万円前後、民間なら6万円程度で済む

車検を受けるにはディーラーで行う車検のほかに、個人が行うユーザー車検や単独の車検業者などがあります。

車検の総額が大きく変わるのは点検・整備費用の部分ですが、ディーラーで行う車検の場合、上記の法定費用36,570円の他に30,000~50,000円の点検・整備費用がかかり、合計で80,000円前後になることが多いです。

ディーラーの車検費用が高くなるのはこの点検・整備の部分で、安全性を考慮して、早めの交換を勧められて、その部品代と工賃が車検費用に上乗せされてゆきます。
ディーラーでは安全性を理由に、交換できる部分は交換してしまえ!と見積もりに入れてくることがほとんどです。
良心的なディーラーでは、適正な部品交換を提示してくれることもありますが、「安心をお金で買うと思って」と、交換の必要のないブレーキパッドまで交換を勧めてくるディーラーもあるので、高額の見積もりが出た場合には要注意です。


一方で、街の整備工場の場合、検査に通るための項目をチェックする車検基本料と、実際に車両を検査所まで運んで各種手続きを行う車検代行料、それぞれ各1万円で済ませるところもあります。これなら法定費用と合わせても、合計6万円以内で収まります。


このように点検・整備費用はディーラーや業者によって異なるので、そのため「車検の見積もり」が存在するのです。
gettyimages (4179)

安全をとるか、安さをとるか

とは言え、ディーラーの車検が必ずしも悪いというわけではありません。
転ばぬ先の杖、ではありませんが、消耗品などは早めに交換しておくに越したことはありません。
ただ、新車から3年目の初回の車検の際には、走行距離などにもよりますがハードな仕様をしていないなら、民間の整備工場などの車検で安く済ませるのもアリだと思います。

いずれにせよ、ディーラーだけでなく、民間のガソリンスタンドや整備工場でも車検の見積もりを取って、比較するのが良いでしょう。

走行距離や使い方などを考慮して、ご自身にあった車検を選ばれてくださいね。
10 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部