2018年3月13日 更新

ブガッティ・マクラーレン・ランボルギーニの新モデルを比較!日本で取扱いのあるメーカーを解剖してみます!

車好きな方なら一度は、乗ってみたいと思うスーパーカー。ブガッティからは、シロンスポーツ、マクラーレンでは、セナカーボンテーマ、ランボルギーニは、ウラカンパフォーマンススパイダーが登場。そして日本で正規ディーラーや代理店があり、身近にも感じれるメーカーです。この3モデルをご紹介!

ブガッティ・マクラーレン・ランボルギーニの新モデルを比較!日本で取扱いのあるメーカーを解剖してみます!

①Bugatti Chiron Sport紹介

ブガッティとは?

1909年に創設された伝統のあるスポーツカーメーカー。現在では、フォルクスワーゲンの傘下に入りブガッティ・オトモビルとしてスーパースポーツカーを手がけています。

ジウジアーロが手がけたイタルデザインのコンセプトモデルもありました。ヴェイロン・シロン等が代表モデルであります。今回シロンがニューモデルとなり登場。このモデルを解説していきます。

参考
ブガッティ 東京 (ショールーム)
〒107-0062
東京都港区南青山6-4-13
Tel. 03-6427-5393
営業時間 12:00 - 18:00
定休日 水曜日・木曜日

Bugatti Chiron Sportのエクステリア

https://www.netcarshow.com (25314)

via https://www.netcarshow.com
標準モデルと大きく違うデザインは、新開発のホイール。1500psという最高出力は、同じでありますが、さらに18kgの軽量化を行い応答性がアップしているという事。

このスポーツパッケージには、オプションカラーやトリムのパッケージが用意され2018年末位からユーザーの手元に届けられるそう!
https://www.netcarshow.com (25315)

via https://www.netcarshow.com
標準モデルとスポーツとの違いで大きいのは、リアマフラーが、4本出しになっている点。これにより更に効率的に排気されるシステム。見た目も更にスパルタンに!
https://www.netcarshow.com (25316)

via https://www.netcarshow.com

Bugatti Chiron Sportのインテリア

大きく進化したのは、新開発のダイナミックハンドリングパッケージを装備。これにより更なる俊敏性、ダイレクト感、コーナリングパフォーマンス等をアップできるとの事。

現在ヨーロッパ圏では、2,650,000ユーロ。米国では3,250,000ドルとなっています。
日本では、3億5千万円くらいになってくるのではないでしょうか?(筆者予想)。
https://www.netcarshow.com (25317)

via https://www.netcarshow.com

②McLaren Senna Carbon Theme by MSOを紹介

マクラーレンとは?

1963年に設立された歴史あるスポーツカーメーカー。数々のレース、特にF1界に君臨するメーカーでも有ります。Sennaは、アイルトン・セナ(元F1ドライバー)から戴いた名前。最初に販売した記念モデル500台は、既に完売してしまっているほど注目のモデル。

今回このセナからCarbon Theme by MSOが、発売される予定。このモデルを追ってみます!

参考
マクラーレン東京ショールーム
107-0052 東京都 港区赤坂7-1-1 青山安田ビル1階
03-6438-1963

McLaren Senna Carbon Theme by MSOのエクステリアデザイン

https://www.netcarshow.com (25341)

via https://www.netcarshow.com
by MSOとなっていますが、マクラーレン・スペシャル・オペレーションの略称です。マクラーレン セナ・カーボンテーマは、MSOで1000時間以上費やされたビジュアルカーボンファイバーが、67パーツ組み合わされて出来ているデザイン。

故アイルトン・セナのヘルメットデザインをモチーフにエクステリアカラーを構成しているところもポイント。公道走行も可能であるとされていますが、マクラーレンとしては、サーキットのために作ったモデルであると公表しています。
https://www.netcarshow.com (25342)

via https://www.netcarshow.com
7本スポークのMSOハイブリッド・カーボンファイバー・ホイールは、ダイヤモンド・カットとステルス仕上げのいずれかの選択が可能との事。
https://www.netcarshow.com (25343)

via https://www.netcarshow.com

McLaren Senna Carbon Theme by MSOのインテリアデザイン

https://www.netcarshow.com (25344)

via https://www.netcarshow.com
インテリアもカーボンを中心に作成されており、カラーリング構成もエクステリアと同じようにイエローとグリーンを配色。エクステリアもインテリアも統一カラーとしているのもポイントの一つ。メーター周り、ステアリング部、コンソール等、カーボンが多用されているのがわかりますね!

エンジンは、4000ccV8ツインターボエンジン搭載 最高出力800psを発生。

McLaren Senna Carbon Theme by MSOの英国価格は、105万ポンドとの事。
日本円にすると、1億5千万円ほど。但し、輸送コストや税金等の関係で日本での販売価格は、2億円くらいになると考えます。
https://www.netcarshow.com (25345)

via https://www.netcarshow.com

③Lamborghini Huracan Performante Spyderを紹介

ランボルギーニとは?

古くは、ランボルギーニは農耕用トラクタを製造していました(今でも製造しています)。1962年トラクタの販売成功から自動車分野にも進出。

1999年以降は、フォルクスワーゲングループの傘下にあるスーパースポーツカーメーカーです。
こうしてみると意外とフォルクスワーゲン傘下というのが、多くなっている気がします・・・。

参考
ランボルギーニ青山
東京都港区南青山2-15-17
TEL03-5413-2121

Lamborghini Huracan Performante Spyderのエクステリアデザイン

https://www.netcarshow.com (25328)

via https://www.netcarshow.com
今までクーペとして存在しているHuracan Performante。こちらをオープントップにすることで、よりランボルギーニの音・速度・道路との設置感を楽しめるように開発しているとの事。

すでに、エンジンやサスペンションは、レースの世界や現行のウラカンからインスパイアされており、デザインはクーペスタイルを継承しながらも、剛性をアップしているのがポイント。
https://www.netcarshow.com (25329)

via https://www.netcarshow.com
このオープントップで300㎞/h以上出したらどんな気分なんだろうと、想像したらドキドキしますね。

アルミボディーにカーボンの組み合わせで1500kgとかなり軽量に出来ています。
https://www.netcarshow.com (25330)

via https://www.netcarshow.com

Lamborghini Huracan Performante Spyderのインテリアデザイン

https://www.netcarshow.com (25331)

via https://www.netcarshow.com
ランボルギーニでは、ステアリング機構を改良して、ランボルギーニダイナミックステアリングとなり標準装備。再セッティングすることでより応答性が良くなっているとの事。

シートは、アルカンターラ+レザーにレッドまたはイエローのデザイン。

AWD駆動なので、ステアフィールは非常に重要となります。ランボルギーニでもセッティングを綿密に行っているとの事。

5200ccV10エンジンは、最高出力640ps。自然吸気エンジンでこの出力、そしてAWD。

既に日本での販売価格も公示されています。推奨小売価格35,613,532円(税別)
https://www.netcarshow.com (25332)

via https://www.netcarshow.com

まとめ

スーパースポーツカーをこうしてご紹介してみると、販売価格だけでも3億越えから3千5百万円くらいと幅も広い結果となっています。

この3モデルは、日本の各社窓口ホームページでも取り上げられており、日本への導入も視野に入っている状況です。筆者は、公道やサーキット会場等で走っている姿を一度くらい見てみたいなと思いました!
41 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me