2018年10月16日 更新

スバル XVにe-BOXER搭載の「Advance」が追加!

スバルのSUVラインアップの一つ、XVがマイナーチェンジに合わせてハイブリッドグレードが追加されます。先代XVにも存在していたハイブリッドグレードですが、今回のe-BOXER搭載の「Advance」にはどんな魅力が詰まっているのでしょうか?

スバル XVにe-BOXER搭載の「Advance」が追加!

XVってどんなクルマ?

新型XV e-BOXER搭載の「Advance」

新型XV e-BOXER搭載の「Advance」

スバルが展開するSUVモデルでは「末っ子」に位置します。ベースはインプレッサとなっており、見た目もほぼインプレッサのそれを感じさせます。

しかしインプレッサには設定されているFFが設定されておらず(全グレードAWD)、足回りも専用チューニングされるなど、単にインプレッサの車高を上げているだけのクルマではありません。

元を辿れば3代目インプレッサにXVというグレードが追加されたことが始まりで、2代目にフルモデルチェンジした際に独立したモデルとして展開。現行は3代目ということになります。

実はスバル初のハイブリッド車は2代目XVに「XV HYBRID」として発売されました。そういう意味では「2代目XV HYBRID」と言えますが、e-BOXER搭載モデルは9月に追加されたフォレスターが先に発売されています。

そのフォレスターと同様のシステムを搭載し、グレード名も同様に「Advance」とされたのが今回の新型XVです。
3代目インプレッサに追加された初代XV

3代目インプレッサに追加された初代XV

独立モデルとなった2代目XV

独立モデルとなった2代目XV

e-BOXERってどうなの?

新型XVに搭載されるe-BOXER

新型XVに搭載されるe-BOXER

スバルのハイブリッド「e-BOXER」は、リニアトロニックと呼ばれるCVTにモーターを一つ組み込んだマイルドハイブリッドと呼ばれるものです。1モーターながらモーターのみの走行も可能で、シンメトリカルAWDとの組み合わせにより走行性能への拘りも感じさせます。

モーターの最高出力は13.6ps、最大トルクは6.6kgmと少々地味な印象ではありますが、車両重量は1550kgでベース車両と思われる「2.0i-S EyeSight」から110kg増し程度で収まっており、一部ではe-BOXERの本命とも言われています。実際、フォレスター Advanceを納車された各オーナーからの評価は高く、そのフォレスターよりも90kg軽いXVはよりe-BOXERの実力を実感できそうです。

余談ですが、北米ではプラグインハイブリッド(PHV)モデルが追加されます。こちらはトヨタのハイブリッドシステムが組み込まれており、現状では北米専用モデルとされています。

XV Advanceに期待すること

ハイブリッド車は「燃費の良いクルマ」というイメージが強いと思いますが、複雑なシステムによる車重増加も大きく、フルハイブリッド(ストロングハイブリッド)は走行性能をスポイルさせる傾向にありました。

スバルの開発したハイブリッドシステムは「ターボの代わりにモーターが低速域をアシスト」することにより、誰にでも運転がしやすいクルマ作りを具現化。

既に定評のある「SGP(スバルグローバルプラットホーム)」と呼ばれる新シャシーの性能も相まってあらゆるシーンで気持ちの良いドライブが楽しめることを期待しています。

XV Advanceのカタログ燃費は19.2km/L。これは先代のXV HYBRIDの20.0km/Lを下回る結果となっています。予想の域を出ませんが、実際の燃費(実燃費)はほぼ変わらないか、むしろ良いのでとこちらも期待しています。

その理由は採用されているバッテリーです。新型XVはニッケル水素からリチウムイオンへと進化しています。

一般的にはリチウムイオンの方が充電効率が高く、エネルギーロスが少ないと言われていますので、その分モーターがカバーできる領域も拡大されていると推測できるからです。

気になるところは、フォレスター Advanceの目玉ともされている「ドライバー モニタリング システム」の搭載が確認されていない点です。

おそらくフォレスターをワンランク上のクラスとしての立ち位置を明確に示すための「戦略」と思われますが、スバルユーザーの拡大と、今後の改良に向けたより多くのデータ・意見を集約できるという面では、「出し惜しみ」は如何なものかと個人的には感じます。
SUBARU XV | SUBARU (46620)

Advance用の内装としてブルーを基調としたインテリアが採用されています。
 (46619)

シフト周りにはブルーのステッチが施されており、内装の質感アップにも力を入れています。
SUBARU XV | SUBARU (46621)

メーターにも基調色をブルーとすることで、全体的に統一感を持たせています。

まとめ

確かにハイブリッドとしてのインパクトは薄いかもしれませんが、スバルが新たに「e-BOXER」と命名したのも自信の表れではないでしょうか。

やはり燃費に注目が集まってしまいがちですが、マイルドハイブリッドは世界的にも採用例が増えてきています。燃費だけに囚われないドライバリティの進化を見届けたいと思います。
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

mizo.imp mizo.imp