2019年10月26日 更新

今はいずこ?豪快アメリカンミニバンのシボレーアストロ

現在のように国産ミニバンが人気になる前、アメ車のミニバンのシボレーアストロが大ヒットした事がありました。持て余しそうな大きいボディ、今となっては効率の悪いエンジン、何かと不便な左ハンドルという悪条件にも関わらず大ヒットした理由は何だったのでしょうか?詳しく調べてみましょう。

今はいずこ?豪快アメリカンミニバンのシボレーアストロ

どんなクルマ?

 (68327)

シボレーアストロは、初代は1985年にデビューしました。アメリカで大ヒットしていた初代ダッジキャラバン・プリマスボイジャーに対抗して企画されたクルマです。

日本では1990年代前半にアメ車系の雑誌が取り上げたことによりヒットし、並行輸入が盛んになりました。

ノーマルモデルはもちろんですが、ハイルーフにレザーシート、ウッドパネルやシャンデリア等の豪華な内装にカスタマイズされたコンバージョンモデルも人気を博しました。スタークラフトやティアラ、ガルフストリームなどのビルダーが有名ですね。

初代モデルは素朴なアメ車と言った雰囲気でしたが、2代目はフロントマスクのデザインが変更され、ピックアップトラックと共通の押し出しの強いデザインになりました。

こちらの方がより人気を博したようで、中古市場で流通しているのはほとんどがこの2代目モデルです。

インポーターは何度も変わっており、当初は三井物産オートモーティブがスタークラフトのコンバージョンを正規輸入し、1993年からはヤナセが正規輸入を開始しました。その後は日本GM、最後にはスズキと、4回ほど変わっています。

日本で使うには大きすぎるクルマでしたが、日本車にはないキャラが受け、2005年まで販売されていました。

スペック

 (68328)

全長×全幅×全高:4,805mm×1,960mm×1,930mm
ホイールベース:2,820mm
最小回転半径:6.5m
車両重量:2,020~2,140kg
エンジン:4G型 V型6気筒OHV
総排気量:4,295cc
出力:193ps/4,400rpm 34.6kg-m/2,800rpm
燃料タンク容量:101L
トランスミッション:4速AT
駆動形式:FR/4WD
サスペンション:前ダブルウィッシュボーン、後リジッドアクスル式リーフスプリング
ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ:215/70R16

ボルテックという名前が付けられた前時代的なOHVのV6は、4.3Lという排気量もあり2tの巨体を前に進めるのに十分なトルクを発生させています。

軽快さとは一切無縁のクルマですが、変なゴマカシが無い分クルマの動きは素直です。

まだ世の中の景気が良かった頃のクルマなので、燃費の良さは全く期待できません。高速道路メインでも、8.0km/Lを超えることはなさそうです。

FRだけでなく4WDの設定もあるので、雪が降る地域に住んでいる方やウインタースポーツが趣味の方でも困る事はありません。

エクステリア

 (68329)

フロントマスクはシボレーのピックアップトラックと共通する押し出しの強めなデザインで、いかにもアメ車と言った雰囲気です。

ボディの造形はシンプルな2BOXデザインで、車体のカドが掴みやすいためか意外と運転しやすいクルマです。

とはいえ、車幅が2m近くあるため、駐車スペースの幅によっては停められない場所も出てきます。そんな時は、お店から離れた空いている場所で、2台分のスペースを使って停めるしかありませんね。

インテリア

アストロ(シボレー)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (68330)

この時代のアメ車なので、ノーマルモデルのインテリアの質感はあまり高くありません。よく言えばシンプル、平たく言えば味気ないものです。

しかし内部の作りはとても好印象です。
フロントガラスは立ち気味でダッシュボードは短く、視点も高いので前方の車両感覚はとても掴みやすくなっています。

全長4.8mという事もあり、2列目、3列目シートは全く同じ感覚で座ることができます。
全くもって横方向のサポートがありませんが、ゆったり座れる大柄なシートです。

荷室は相対的に見ると少し狭めですが、そもそも車体のサイズが大きいため国産ミニバンよりは大きく確保されています。

まとめ

アストロ(シボレー)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (68331)

シボレーアストロは、国産ミニバンとは比べ物にならない程デカくてパワフルなクルマでした。

国産車にはないキャラはもちろんですが、ボディ形状とドライビングポジションのおかげで取り回しが良いという点も人気を博した原因でしょう。

中古市場はタマ数はそれなりにありますが、値段と程度はピンキリです。なにぶん古いクルマなので、レストアを前提に選んだ方が良さそうです。

日本のミニバンに飽きた方には、シボレーアストロは良い選択肢かもしれませんね。
15 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ミナト自動車㈲ ミナト自動車㈲