2017年10月7日 更新

新型N-BOXカスタム試乗しました!走りと内外装をチェック!

2017年8月31日にフルモデルチェンジを行ったホンダの新型N-BOXカスタムに試乗してきました。 新しくなったエクステリアデザインと、質の高い内装をチェック!そして試乗インプレッションもお届けします。

新型N-BOXカスタム試乗しました!走りと内外装をチェック!

新型N-BOXカスタムのエクステリアは、先代とはまったく違う装い

 (14528)

超キープコンセプトでフルモデルチェンジを行った新型N-BOXですが、あくまでそれはノーマルのN-BOXの話です。
新型N-BOXカスタムは、先代とは全然別のデザインラインで生まれ変わりました。
 (14548)

↑こちらが先代N-BOXカスタム。
メッキパーツが新型よりも多用されており、ギラついた印象でしたが、新型N-BOXカスタムはロボ的な顔つきになったような気がします。
 (14529)

ギラついた感じがなくなりスマートな感じです。
コの字型に光るLEDポジションライトや流れるウインカーなど、最新の車のトレンドを取り入れたエクステリアになっていますね。
 (14530)

斜め前から見ても、堂々たる表情です。
軽自動車ながら、だいぶ立派な感じがしますね。
価格も立派な感じになっちゃっていますが…

実際に見てみると、写真で見るよりもカッコよい感じがしましたよ。
 (14531)

新型N-BOXカスタムを再度から見るとこんな景色が感じです。

軽自動車の規格いっぱいいっぱいまで使ったボディなので見た目はハイトワゴンのそれですが、適度にエッジが効いていてなかなかカッコイイです。

こちらの試乗車はN-BOXカスタムターボでしたので、タイヤ&ホイールには15インチのものがあしらわれていました。
このホイールのデザインもユニークで印象的です。
 (14532)

新型N-BOXカスタムのリアはこんな感じです。

大型のルーフスポイラーがついています。
リアコンビネーションランプはクリアタイプになっており、バックランプ含めてフルLEDになっていたと思います。
コストかかっていますねぇ。

ちなみにリアウインカーは流れません。

新型N-BOXカスタムの内装は完全にクラスレス!

 (14534)

続いて内装も見てみましょう。

新型N-BOXカスタムのドアの内側はこれまたスゴイ!

スエード調のトリムが貼られており、ウインドウスイッチ台座まわりもグロス塗装されています。
さらに、ツイーターまで付いていて、下手な普通車よりも全然質感高いです。
 (14556)

ドアにはなぜだか無数のポケットが有り、とりあえず小物がたくさん置けるようになっています。
でもドアハンドルの上の小物入れは、逆に掴んでしまったりして間違えます。

でもドアポケットにドリンクホルダーが有るのは良いですね。
 (14533)

新型N-BOXカスタムの内装は、ボディカラーに関わらず、ブラウンぽいメタリックのパネルがあしらわれています。
これは好みが分かれるところ。
普通にピアノブラック調でも良かったのではとは思います。
ヤンチャな感じを出したかったのかもしれませんが。
45 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ドラヨス ドラヨス