2018年8月28日 更新

メルセデスベンツがVision EQSilverArrow Conceptを発表。およそ80年前のモデルに敬意を表したカラーに!!!

歴史的な背景をモチーフにして、近未来のデザインやパワートレインを与えられたコンセプトモデル。それが、Vision EQSilverArrow Conceptではないでしょうか?このモデルのデザイン性・コンセプト等を検証!

メルセデスベンツがVision EQSilverArrow Conceptを発表。およそ80年前のモデルに敬意を表したカラーに!!!

メルセデスベンツVision EQSilverArrow Conceptとは???

デザインモチーフは1938年、公道上で世界最高速記録を打ち立てたメルセデスベンツ「W125モデル」に敬意を示してデザインされたようです。メルセデスベンツW125は、「シルバーアロー」と呼ばれた伝説のレーシングカーとなっており、今回のコンセプトカーにもその名が命名されていますね。

EQブランドとしては、プログレッシブ・ラグジュアリーなアヴァンギャルドで独特な美しさによってデザイン。これは道の美しさをも表現し、デジタルとアナログの要素を組み合わせた結果といえるでしょう。直感的なデザインと物理的なデザインの融合として企画されたということでしょう!

メルセデスベンツVision EQSilverArrow Conceptのエクステリアデザイン

ボディ構造は、カーボンで形成されているとの事。 alubeamシルバーの重ね塗装は、上塗り部分にて液体金属のような独特の視覚効果を。このコンセプトは、「ホット」と「コールド」の両極のデザインを表現もしているようです。

フロントスプリッターは、カーボンファイバーで作られた機能的に重要なパーツ。Vision EQSilverArrow Conceptで合理的なデザインを表現。ディスプレイとしてデザインされたフロントトリム、前面のライトニングストリップにも未来を感じさせる雰囲気をもかもし出していますね。
 (40736)

明確でシームレスなデザインとなっているのが伺えますね。Vision EQ Silver Arrowのデザインは、Sensual Purityデザイン哲学を具現化しているといえるでしょう。約5300mmの長さと約1000mmの一人乗りの車は、横シルエットは細身に見えるように視覚的効果を作り出しています。
 (40737)

リアディテールは、モータースポーツを彷彿させるアイテムですね。 2段階に拡張するリアスポイラーは、減速が必要なときにエアブレーキとして機能するようにスポイラーが張り出す構造に。
 (40738)

 (40739)

正面からも真後ろから見ても、未来的な要素のデザインと、一昔前の車のデザインフォルムとなっていることを思い起こさせてくれるVision EQSilverArrow Conceptではないでしょうか???
 (40740)

回転していないハブキャップには、ベンツマークをインストール。ホイールトリムは、スタイリッシュで革新的なデザインがポイント。ホイールあたり168本のスポークが、配され軽量アルミニウム製。EQを暖かい要素にするローズゴールドカラーで塗装。

前部に細めの255/25 R 24タイヤ、後部に305/25 R 26タイヤを装備。ディテールに注意を払って、タイヤパートナーPirelliが、トレッドにスターパターンを表現もしている模様。
 (40741)

メルセデスベンツVision EQSilverArrow Conceptの内装デザイン

ドライバー席が前方に折り畳まれると、驚くほど広い室内の景色が広がるようです。コントラストは、生き生きとした雰囲気に。未来性とは、逆の伝統的な高品質の素材を使用した内装素材が使われている模様。

シートとステアリングホイールに本革、アルミニウム素材、床にはより暗い針葉樹の胡桃の木といった素材が使用されているとの事。これはシルバーアロー時代の歴史的なレーシングカーにちなんでいるからでしょう。

一方で、パノラマスクリーン用の大型投影面やバーチャルレースオプションなどの革新的なユーザーエクスペリエンスソリューションなどの最新のハイテク技術が、EQに先進性を与えていますね。このコントラストは、過去と未来をつなぐ意図的な表現。

シートとバックレストには、シートの輪郭に合わせた珍しいパターンを形成している模様。 motorsport4点式シートベルトは、ドライバーを安全にシートに固定するために製作。ペダルは、ペダル側を調節することが出来き、シート上に配置されたコントローラで、ドライバーの好みに合わせられるようになっている模様。

alubeamシルバーの外観塗装仕上げに合わせるために、内装サイドウォールは豪華なグレーのスエード仕様に!

ステアリングホイール中心には、タッチスクリーンが配置。ドライバーは、さまざまな運転特性となるコンフォート、スポーツ、スポーツ+などのプログラムを選択するために使用したり、音楽設定もここで設定可能との事。選択肢には、現在のFormula 1 Silver ArrowまたはMercedes-AMG V8エンジンの音もかもし出せるようです。
 (40742)

メルセデスベンツVision EQSilverArrow Conceptのパワートレイン等

Vision EQシルバーアローはEV自動車として開発されています。有機的な無色シルバーアローの総合出力は750hp。アンダーボディの薄い充電式バッテリーは、 航続が400kmを超える計算がなされても要るようです。サイドのダクトがバッテリの冷却効果を生み出している構造。

まとめ

歴史的なモデルと近未来のモデルを融合し。当時モデルの名称を譲り受ける形となったVision EQSilverArrow Concept。これからのEV時代のスピードスターとなっていくためにも開発されたのではないでしょうか?開発の最終的なデザイン等が楽しみですね!
21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me