2019年8月30日 更新

BMW M5誕生から35年を記念して、10台限定の特別仕様車が登場!

BMWは、M5誕生35周年を記念して、世界で350台の記念モデルを販売開始しました。日本には、350台のうち10台が割り当てられ、8/23から販売開始しています。同モデルの特徴等をご紹介します。

BMW M5誕生から35年を記念して、10台限定の特別仕様車が登場!

BMW M5 Edition 35 Jahreの概要等

BMWは、ハイパフォーマンスセダンとなる「M5」の初代モデルが発売開始された1985年から、35周年を迎えることを記念した、特別限定車「M5 35 Jahre(フュンフドライシッヒ・ヤーレ)」を2019年8月23日から国内10台限定(全世界350台限定)で販売開始しました。同年12月以降から順次納車を開始する予定です。価格は21,600,000円(消費税込み)となっています。

BMW M5は、2018年には第6世代モデルを発表し、2019年には、サーキットにベクトルを向けた新型M5コンペティションを販売開始するなど、レースやサーキットに卓越した走行性能を追求する技術を継承しつつ、ラグジュアリースポーツセダンとしての機能や快適性を高めながら進化させています。

Mシリーズの特徴的なデザインでは、1本のラインからも流麗にディテールされ、途切れることのないダイナミズムが生み出されています。BMW Individualのハイグロス・シャドーラインは、トップアスリートたる輝きをエクスクルーシブに表現しています。サイドスカートには、ラミネート加工のM5 Competitionロゴをオプションで追加することも可能です。
 (65435)

BMW M5 Edition 35 Jahreの特徴等

1985年に初めて発売されたBMW M5は、第6世代で35年を迎えたことで、35周年記念モデルを完成させることになりました。伝統と革新のBMW M5 Edition 35 Jahreとして登場しました。

BMW M5は、ビジネスタイプセダンの快適性と機能性に最新スポーツカーの性能をミックスさせ、自動車市場に「高性能リムジン」という新しいセグメントを作りました。ビジネスタイプのセダンでありながら、モータースポーツ技術と日常的なドライビングの完全なる融合となっていますね。

M5はいずれの世代でも、向上した性能とますますダイナミックなエクステリアデザインを特徴としています。現在のBMW M5が誇るのは、M ツインパワー・ターボ8気筒エンジンを備えたBMW M5 Competitionモデルです。625hpと750Nmのトルクを発揮させる、最もパワフルなプロダクションモデルシリーズです。この記念限定車は、M5 Competitionモデルをベースにしていますね。

・モデル BMW M5 Edition 35 Jahre
・車両本体価格(税込) 21,600,000円
・トランスミッション 8速Mステップトロニック(Drivelogic付)
・ドア数 4ドア
・ステアリング・ホイール・ポジション 右
・販売台数 全国限定10台
 (65436)

グラファイトグレーの20インチ軽量アロイホイールに、海外仕様では、同様のグレーカラーのビックキャリパーが装備されています。日本仕様では、ゴールドのビッグキャリパーが装着されています。メタリックカラーのボディは、コンペティションモデルとしての証です。

 (65437)

BMW M5 Edition 35 Jahreの内装等

インテリアには、ブラックフルレザーメリノシートを装備し、限定デザインとしてベージュコントラストステッチが採用されています。

インテリアトリムには、より耐久性の高いアルマイト加工が施され、淡いゴールドのアルミトリムが起用されています。重厚感あるブラック内装に上品なゴールドのアクセントが追加されたことで、高級感とスポーティさを持ち合わせた室内空間に仕上がっていますね。

Mマルチファンクションシートと、BMW Individual Merinoフルレザートリム(ベージュコントラストシームを備えたブラック)に、特に高級なインテリアの雰囲気となるようにアルミニウムカーボン構造のゴールドアルマイトトリムフィニッシャーで飾られています。

きめ細かな構造で光り輝く表面では、インストルメントパネル、ドアトリムセクション、センターコンソールの領域で採用されています。センターコンソールのカップホルダーカバーに「M5 Edition 35 Jahre」と刻印され、ドアシルフィニッシャーは、「M5 Edition 35 Jahre 1/350」と刻印されています。エディションモデルとしての特徴的なマークですね。
 (65438)

BMW M5 Edition 35 Jahreのパワートレイン等

パワートレインは、M TwinPower Turboテクノロジーの4400ccエンジンが搭載されています。最大出力460kW/625hp(欧州仕様)、最大トルク750NmのV8エンジンです。これにサスペンションテクノロジー、全輪駆動システムMが、密接に組み合わされて搭載されています。

BMW M5 Edition 35 Jahreは、記念モデルとして、強力な推力、最適なトラクション、常に正確に制御できる、優れた乗り心地とハンドリングに仕上げています。3.3秒で100km/hに到達し、10.8秒後に200km/hを達成するほどスパルタンなモデルでもあります。

 (65443)

まとめ

BMW M5 Edition 35 Jahreは、350ユニットの限定シリーズで生産され、2019年7月から世界中で発売されています。そして、このうち10/350が日本に限定導入されました。このモデルは、M5の35周年を祝うためのモデルとしてコレクターには非常に魅力的なモデルとも言えますね。
16 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me