2018年4月16日 更新

新型「RAV4」と新型「フォレスター」のティザー画像が公開!日本発売は?

3月28日に開幕するニューヨークモーターショーにおいて、ワールドプレミアされる、新型「RAV4」と新型「フォレスター」。国内への導入が期待されるこの2台のSUVのティザー画像が発表されています。それでは2台まとめてみてみましょう。

新型「RAV4」と新型「フォレスター」のティザー画像が公開!日本発売は?

海外でも注目されるトヨタ新型「RAV4」

新型「RAV4」

新型「RAV4」


トヨタの米国法人米国トヨタ販売は、ニューヨークモーターショー2018において、新型「RAV4」を初公開することを発表しました。北米向けの現行「RAV4」はロサンゼルスモーターショー2012でデビュー。現行型は4世代目となりますが、日本仕様は3代目が継続販売され2016年7月末で販売を終了しています。

初公開される新型RAV4は、5年半ぶりにモデルチェンジとなる5代目。今度は、SUV市場が活性化する日本市場にも導入が期待されています。新型「フォレスター」同様に詳細はまだですが、ティザー画像が一枚公開されました。

新型では3列シートモデルも設定されるとされ、かつての「ヴァンガード」に近い車格が与えられるとされています。また、当然ハイブリッドモデルの設定は既成の事実であり、C-HRとハリアーの中間という、トヨタのSUVラインナップの穴を埋める車種として期待されています。

海外で大ヒット中の現行モデル

現行「RAV4」米国仕様

現行「RAV4」米国仕様

2013に発売された北米仕様の「RAV4」は、2.5Lエンジンにを採用、トランスミッションは6速ATに変更され、欧州仕様は2.0Lガソリン、2.2Lディーゼルに加え、新開発の2.0Lディーゼルも搭載されました。また、2015年の改良で、カムリやハリアーと同じくハイブリッドユニットを搭載したモデルも追加されています。

4代目以降は、大きくなったボディにより国内での需要は弱まりましたが、世界200ヶ国で販売される世界戦略車であり、2016年、2017年には世界で最も売れているSUVとなり、アメリカの乗用車販売台数でトップ、世界の自動車販売台数ランキングでも4位となるなど、ベストセラーカーとなったこともあり、新型「RAV4」は海外でも注目されています。

新型プラットフォームで刷新する、スバル新型「フォレスター」

新型「フォレスター」

新型「フォレスター」

スバルは、ニューヨーク国際自動車ショーで、新型「フォレスター」の米国仕様車を世界初公開することを発表しました。また、それに合わせて、スバルは新型「フォレスター」の専用オフィシャルサイトを14日よりオープンしています。そして一枚のティザー画像を公開しました。

新型「フォレスター」の詳細は、現時点(3/15)では発表されていませんが、現行車と同様に角ばったボディスタイリングのSUVスタイルであることは間違いなさそうですが、新しく電動化にも対応するSGP(スバルグローバルプラットフォーム)を採用している点が注目されます。当然ながら、水平対向エンジンをベースとしたハイブリッド、もしくはマイルドハイブリッドの採用も考えられ、海外でも注目されています。

現行フォレスター

現行フォレスター

現行フォレスター

現行のフォレスターは2012年にフルモデルチェンジされた4代目で、2.0Lの新世代BOXER NAエンジンと,直噴ターボエンジン“DIT”と、新リニアトロニックによる、ドライバビリティと燃費性能の向上、そしてAWDに新制御システム「X-MODE」を採用して悪路での高い走破性を実現しています。また、2017年3月の改良においては、2.0i-Lを除く全車にアイサイト(ver.3)を標準装備しています。

まとめ

「RAV4」も「フォレスター」も新型が日本に導入されれば、SUV市場の勢力図が一変されるほどの影響がある車種です。特に「RAV4」はかつて大ヒットしただけに、多くのユーザーが注目することになるはずです。気になるのは、依然として主力マーケットが海外であることで、日本で人気のあるコンパクトカークラスではなく、ひとクラス上になること。しかし、3列シートSUVであるマツダのCX-8が日本市場で受け入れられる状況ならば、新型RAV4や新型フォレスターも大きな影響を受け、このクラスのSUV市場も活発化するのではないでしょうか。
15 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン