2018年2月14日 更新

軽自動車より少し大きいダイハツ アトレー7、絶版車ですが中古でお買い得かも!!!

軽自動車は、今非常に人気です。人気ということは、中古車相場も高めであります。もう少し多く人を乗せたい!軽自動車より大きい車が欲しいけど余り大きい車はちょっと、と思って中古車を探している方へ!ダイハツアトレー7はいかがでしょうか?

軽自動車より少し大きいダイハツ アトレー7、絶版車ですが中古でお買い得かも!!!

ダイハツ アトレー7の当時CMから

アトレー7ってどんなクルマ?

30代のファミリー向けに開発されたアトレー7。キャンプや子供のスポーツ等送迎、そして買い物に出かけるなど、「軽自動車サイズでは少し手狭な空間をアトレー7で、広い空間に!」が、コンセプト。

軽自動車のアトレーのプラットフォームをベースに開発されたリッターカーで、スズキのエブリーランディ等と同様になっていますね!

スズキのエブリーランディとの販売戦略の大きな違いは、ラインアップ(グレード)が豊富に設定されている点。ダイハツが、真剣にこの小型タイプの7人乗りワゴンに取り組んだということが伺えます。

ダイハツ アトレー7のエクステリア

当時販売されていたアトレーワゴンをそのまま、サイズアップした印象!実は、当時のアトレーワゴンは人気で販売数量が伸びていました。そのデザインをそのままアトレー7に転写して販売したと考えます。

フロントバンパーの張り出し感がアトレー7の方が多くなっているのが特徴ですね!両側スライドドアの装備もされ使い勝手を考えた作りにもなっています。
 (23476)

リアビューも軽自動車のアトレーに非常に似ている作りとなっています。リアバンパーのデザインが、サイズ拡大の効果でドッシリしている感じが致します。
 (23477)

ダイハツ アトレー7のインテリア

画像は、最終年式のモデルからの引用ですが、コラムシフトが採用され空間を広く使えるよう工夫されています。インテリアのカラーは、年式やモデルによって違いがありますが、大幅な変更は行われていないと感じます。

この年代のダイハツは、センターコンソールが非常に使い勝手の良いスイッチ周り等になっていたと、筆者は記事を書きながら思い出しました。
 (23478)

シートは、2-3-2の形状になっています。
スズキエブリーランディと大きく違うところは、2列目がベンチシートになっている点であると考えます。
ウィークスルーが好みの方は、エブリーランディ。ゆったり座席を好みの方は、アトレー7といった感じでしょうか???
 (23479)

ダイハツ アトレー7のラインアップ

L ハイルーフ 5MT FR 7名 17.0km/l 1,221,150円
L ハイルーフ 4AT FR 7名 16.2km/l 1,310,400円
L-LTD ハイルーフ 5MT FR 7名 17.0km/l 1,326,150円
L ハイルーフ 5MT 4WD7名 16.0km/l 1,389,150円
L-LTD ハイルーフ 4AT FR 7名 16.2km/l 1,415,400円
L ハイルーフ 4AT 4WD 7名 14.6km/l 1,478,400円
X ロールーフ 5MT FR 7名 17.0km/l 1,483,650円
L-LTDハイルーフ 5MT 4WD7名 16.0km/l 1,494,150円
X ロールーフ 4AT FR 7名 16.2km/l 1,572,900円
L-LTDハイルーフ 4AT 4WD 7名 14.6km/l 1,583,400円
X ロールーフ 5MT 4WD 7名 16.0km/l 1,651,650円
X Sロールーフ4AT FR 7名 16.2km/l 1,690,500円
X ロールーフ 4AT 4WD 7名 14.6km/l 1,740,900円
X Sロールーフ 4AT 4WD 7名 14.6km/l 1,858,500円

最終年式のグレード表になりますが、非常に多いラインアップであると感じます。

まとめ

1300㏄エンジンを搭載して、7人乗りであるアトレー7。
軽自動車では少し狭いけれども、余り大きい車はチョットという方にはオススメの中古車ではないでしょうか???

筆者調べでは、平成15年2万㎞でコミコミ55万円というのが、中古市場にありました。
https://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/13/700055180730180119001.html
※上記のアドレスは、筆者が記事にした当時のものですので、販売終了や掲載終了となっていることがありますので予めご了承ください。
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me