2019年9月17日 更新

アウディが、新型「Audi RS 7 Sportback」を初公開!

アウディは、9月10日に新型「Audi RS 7 Sportback」を初公開しました。ハイパフォーマンスと、革新的なデザインを兼ね備えたモデルということで、その詳細を紹介していきます。

アウディが、新型「Audi RS 7 Sportback」を初公開!

新型「Audi RS 7 Sportback」の特徴

エクステリア

ハイパフォーマンスと、革新的なデザイン 新型Audi RS 7 Sportback | Audi Japan Press Center - アウディ (66186)

新型「Audi RS 7 Sportback」は、大地に低く構えたデザインを特徴としています。大きく張り出したホイールアーチは、Audi Sportが提供するハイパフォーマンスモデルの圧倒的にスポーティなキャラクターを強調しています。その幅広さは、視覚的な印象によるものではありません。フロントフェンダー部で1,950mmの全幅を備えるこのクルマは、「Audi A7 Sportback」と比べて40mm近く拡大されています。新型「Audi RS 7 Sportback」は、クーペのようなフォルムを特徴とする「Audi A7 Sportback」のボディを共有していますが、共通のコンポーネントが使用されているのは4つの領域(ボンネット、ルーフ、フロントドア、テールゲート)のみです。RS専用のエクステリアデザインにより、全長は5,009mmに拡大され、グランドツアラーとしてのキャラクターを表現しています。

また新型「Audi RS 7 Sportback」には、ナルドグレー、クリスタルエフェクトのセブリングブラックに加え、5種類のマットエフェクト仕上げを含む、合計13のボディカラーが標準で用意されています。

インテリア

ハイパフォーマンスと、革新的なデザイン 新型Audi RS 7 Sportback | Audi Japan Press Center - アウディ (66188)

一切の無駄を排したデザインとスポーティなアクセントの組み合わせは、新型「Audi RS 7 Sportback」のインテリアにおける主要なスタイル要素となっています。そのデザインは、エクステリアと同様、緊張感のあるライン、滑らかな曲面、クリアで明確な造形を特徴としています。運転席と助手席には十分なスペースが確保され、インテリアのアーキテクチャーには、未来的なユーザーインターフェイスへのシームレスな移行が実現しています。上部に設置されたMMIタッチレスポンスのディスプレイは、ブラックパネルのダッシュボードに組み込まれ、ディスプレイをオフにするとパネルに溶け込んで、ほとんど見えなくなります。ドライバーは、上部RSモニターディスプレイを使用して、駆動システムコンポーネントの温度、最大Gフォース、タイヤ空気圧や温度などの情報を呼び出すことが可能です。
ハイパフォーマンスと、革新的なデザイン 新型Audi RS 7 Sportback | Audi Japan Press Center - アウディ (66189)

走行性能

ハイパフォーマンスと、革新的なデザイン 新型Audi RS 7 Sportback | Audi Japan Press Center - アウディ (66193)

新型「Audi RS 7 Sportback」に搭載される「4.0 TFSI」は、441kW(600hp)の最高出力を発生します。800Nmの最大トルクは2,050〜4,500rpmの幅広い回転域で発生します。0~100km/h加速はわずか3.6秒で、最高速度は電子的に250km/hに制限されています。これは、ダイナミックパッケージでは280km/hに、ダイナミックプラスパッケージでは305km/hに変更されます。

「4.0 TFSI」は、48Vの主電源システムを備えた「マイルドハイブリッドシステム(MHEV)」により、最大のパフォーマンスと高い効率を兼ね備えています。ベルト駆動式オルタネータースターターは、減速時に最大12kWの電力を回生し、リチウムイオンバッテリーに供給します。55〜160km/hの速度範囲でドライバーがアクセルペダルから足を離すと、ドライブマネージメントシステムは、2つのオプションのいずれかを選択します。運転状況とアウディドライブセレクトの設定に応じて、新型「Audi RS 7 Sportback」は、エネルギーを回生するか、エンジンを停止した状態でコースティング(惰性走行)を行うかを決定します。コースティング状態からドライバーが再びアクセルを踏むと、ベルト駆動式オルタネータースターターが瞬時にエンジンを再始動します。「MHEVテクノロジー」により、22km/h未満の速度でアイドリングストップ機能を作動させることが可能になり、停止後に前方車両が動き始めると、たとえブレーキペダルを踏んでいても、エンジンが始動します。また「MHEVテクノロジー」を使用することにより、100km走行あたり燃料消費量を最大0.8リットル削減することができます。

快適性能

新型「Audi RS 7 Sportback」には、広範囲なコンビニエンス機能、コネクテッド機能、ドライバーアシスタンス機能が用意されています。このクルマは、非常にスポーティな走行性能と、長距離走行を得意とするグランドツアラーとしてのキャラクターを兼ね備えています。ドライバーアシスタンスシステムは、幅広い状況でドライバーをサポートします。アダプティブクルーズアシスト、交差点アシスト、車線変更警告、縁石警告、360°カメラなど、30以上のアシスタンスシステムが利用可能です。

まとめ

今回は、アウディが9月10日に初公開した新型「Audi RS 7 Sportback」の詳細を紹介してきました。
デザインはもちろんのこと、マイルドハイブリッドシステムが搭載され、パフォーマンスと効率がさらに改善され、より快適な走行を追求したクルマになっています。2019年末より、ドイツおよびその他のヨーロッパ諸国から発売を開始予定とのことで、国内での販売はまだ未定ですが、国内での販売が今から楽しみになるクルマですね。
15 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

kannburi kannburi