2017年8月12日 更新

五輪ナンバープレートデザイン決定!これはかっこいいのか…?そして軽自動車に白ナンバーが加速するか?

国土交通省が公募したデザインの中から投票で決まった「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」の特別仕様ナンバープレートが発表されました。こ、これは…ありなのか?!

最終選考で残っていたのはこの5作品

 (13273)

国土交通省では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を記念した特別仕様ナンバープレートの背景デザインを公募し、デザイン選考委員会(委員長:秋元 雄史 東京藝術大学大学美術館 館長・教授/金沢21世紀美術館 特任館長)の審査等を経て、最終デザインが決定されました。

上記5作品が公募の中から最終選考として残り、この中から7月に意見を広く募集した結果、最終的に「作品B」に決定しました。
 (13275)

こちらの左の作品のコンセプトは

「様々な人々の個性(色)を尊重した未来の社会への希望を集約する光の表現としてのイメージ、その様を多彩色のグラフィック表現でナンバープレートにデザインした」

とのことです。
かなりド派手なデザインですね…
編集の個人的な感想としては、このデザインのナンバープレートを付けた車を運転するのはちょっと遠慮したいという印象です^^;

そもそも車にはボディカラーがありますので、それと喧嘩してしまいそうな多彩色のナンバープレートは車のデザイン自体を損ねかねない気がします。
あくまで個人的な感想ですが。

なので、もし自分が付けるなら、「大人しく右側のデザインで良いんじゃなない?」って思いました。




強いて言えば作品Dはまだ許容できるかもしれませんが、「あえてこのナンバーに変えたい!」とは思えず、普通の白ナンバーで良いです…。

こちらのナンバープレートは2017年1月からデザインの公募が実施され、96作品しか集まらなかったのだそうです。
その中からの選定ということで、著名なデザイナーらで構成するデザイン選考委員会(委員長:秋元雄史 東京藝術大学大学美術館 館長・教授、金沢21世紀美術館 特任館長)が審査などを行った結果、これらの5作品が最終選考に残ったようです。

集まった作品数が少ないので、告知の方法が足りてなかったのでは?と思います。
より多くのデザインを募集するのなら、募集ポスターなどをデザイン系の学校に掲示するとか、デザインに興味がある人に向けてTwitterやInstagramなどのWEB広告を出すとか、お金をかけても良かったんじゃないかなぁと思います。


今年3月からは、ラグビーワールドカップの特別仕様ナンバープレートが交付され、軽自動車にも白ナンバーが付けられることで話題となっていましたが、あれくらいシンプルならまだ付ける気にもなるんですが…

白ナンバーは軽自動車に装着するのが密かなブーム?

すでに、4月からラグビーワールドカップ2019の応援の一環として、デザインナンバープレートが施行されていましたが、そのデザインナンバープレートでも白いナンバープレートのデザインがあり、軽自動車ユーザーに密かな人気となっているとのことです。
 (13281)

軽自動車の黄色いナンバープレートが、ボディカラーに合わないと思っているユーザーも多いみたいで、シンプルな白ナンバープレートを軽自動車に装着している車が増えています。
実際、このラグビーワールドカップのナンバーの申込みの約7割程度が軽自動車のユーザーとのことで、まさに軽自動車のナンバープレートを白化するために存在していると言っても過言ではないほど。

実際に街中で白ナンバーを付けたS660などを何度も目撃していますが、パッと見ではデザインナンバープレートとは気づかず、単なる白いナンバープレートにしか見えません。

S660などのスポーツタイプの軽自動車には、白ナンバーは確かに似合っていると思いました。



ラグビーワールドカップのデザインナンバープレートよりも、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を記念した特別仕様ナンバープレートの白ナンバーのほうがロゴが目立たないので、こちらを希望する軽自動車ユーザーも増えるかもしれませんね。

このナンバープレートを装着するには?やり方、費用は?

交付スケジュール等は以下のとおりです。


(1) 事前申込み開始日
  平成 29 年 9 月 4 日 (月) から
ご自身でウェブサイト (http://www.graphic-number.jp) でお申込みできます。もしくは、お近くのディーラー・整備工場にご相談ください。

(2) 交付開始日
平成 29 年 10 月 10 日 (火) から
新車・中古車の購入時はもちろん、現在お乗りの車の車検時などで同じ番号ならいつでも交換が可能です。
また、オリンピックとパラリンピックのエンブレムを2枚1組で交付します。前後面にどちらのエンブレムのものを取り付けるかはユーザーの任意となります。

(3) 料 金
ナンバープレートの交付料金は地域により異なります。詳しくは、最寄りの運輸局・運輸支局等にお問い合わせください。
なお、東京地区は7,210円(寄付金は別途)です。

(4) 寄付金による大会開催支援
1,000円以上の寄付をして頂きますと図柄入りナンバーを選択することができます。
この寄付金は、大会開催に必要となる交通サービスの改善(バス・タクシーのバリアフリー化等)に充てられます。



新車購入時には、ディーラーに「オリンピックのナンバープレートを付けたい」もしくは「ラグビーワールドカップのナンバープレートをつけたい」と言えば、ディーラーにてやってくれます。

それ以外のタイミングでナンバープレートを付け替えたい際は、以下のリンクもご参照ください↓

軽自動車の白ナンバーには注意点も?

軽自動車に白ナンバーを付けるのが、これからは流行しそうな気配もあります。

ただ、気をつけなければならないのは、ETCじゃない友人の料金所などで普通車と間違われる可能性があるということ。
それだけは覚えておきましょうね!
15 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部