2019年6月19日 更新

Skodaが2種類のエレクトリックカーを発表、今後日本で乗れるかも?!

チェコでは、シェアナンバー1のメーカであるSkodaから、量産エレクトリック、ハイブリッドモデルが登場しました。フォルクスワーゲン傘下の同社は、日本では並行輸入であれば乗れますね。このモデル達をご紹介します。

Skodaが2種類のエレクトリックカーを発表、今後日本で乗れるかも?!

①Skoda Citigo-e iVについて

Skoda Citigo-e iVは、コンパクトな寸法の中に、ゼロエミッションが盛り込まれたモデルです。機敏で広々とした同モデルは、現代都市にとって有益な乗り物として開発されています。全長がわずか3,597mm、幅が1,645mmであるにもかかわらず、4人の乗客が楽々乗れて、広々としたインテリアと250リットルの荷室容量も確保しています。

後部座席を折りたたむことで、荷室容量を923リットルまで簡単に増やすことが可能です。前輪駆動のCitigo-e iVは、シュコダ初のオールエレクトリック生産車です。出力61kWの電気モーターを搭載して、210Nmの最大トルクとなっています。

60から100km/hまでの短い距離の加速は、7.6秒要しますが、12.5秒で0から100km/hまで加速でき、最高速度は、130km/hです。
https://www.netcarshow.com/ (61427)

via https://www.netcarshow.com/

Skoda Citigo-e iVのパワートレイン等

Skoda Citigo-e iVは、容量36.8 kWhの60Ahリチウムイオン電池を搭載しています。シャーシフロアのバッテリーは1.1x1.7mで、高さはわずか0.3mです。合計168セルで構成され、WLTPサイクルで265kmの航続距離を可能にしています。

電源が切れると、40kW DC急速充電器用のCCS(Combined Charging System)充電ケーブルを使用して、バッテリーを1時間で80%まで充電できます。2.3kWの家庭用充電ステーションを使用して急速充電で4時間8分、または普通充電では、12時間37分でバッテリーが80%まで充電できます。

複合充電システムとAC充電に必要なケーブルの両方が、グレード別に標準装備されていて、 Skoda Citigo-e iV Ambitionは、オプション装備です。
https://www.netcarshow.com/ (61426)

via https://www.netcarshow.com/

②Skoda Superb iVについて

Skoda Superb iVは、プラグインハイブリッド技術を搭載したブランド初の生産モデルです。効率的なガソリンエンジンと電気モーターをミックスさせることで、走行性能を犠牲にすることなく、環境にやさしいモデルとして提案されています。

バッテリーの容量は37Ah、13kWhです。自動車のCO2排出量は、40g/km未満で、全電気距離は最大55kmとなっています(WLTPサイクル)。同モデルは、Euro 6d-TEMP排出基準も満たしています。

バッテリーは、例えば標準的なコンセントを使用して一晩、または3.6kWの充電出力を有する壁箱を使用して3時間30分で自宅で便利に充電することが可能です。充電ケーブル用のソケットは、ラジエータグリルの後ろに設置されています。

Skoda Superb iVは、ガソリンエンジンとブレーキエネルギー回収も採用され、運転中にバッテリーの充電レベルを再充電または維持する装備も施されています。これにより、ドライバーは、より長い道のりを安心して走行することができます。

85kWの電気モーターは、自動車を純粋に電気のみで駆動することを可能にし、必要に応じて156psを出力する1400㏄TSIエンジンもサポートしてくれます。自動的にも、ドライバー選択でも、SPORTモード、Eモード、HYBRIDモードの3つの設定が可能です。

SPORTモードでは、ドライバーは最大出力218psおよび400Nmのトルクを体感できます。標準装備されている6速DSGと組み合わせることで、ダイナミックな運転の可能性を最大限に引き出すことができます。Eモードでは、バッテリーのみで駆動します。ハイブリッドモードでは、ガソリンエンジンと電気モーター間の相互作用で運転できます。
https://www.netcarshow.com/ (61428)

via https://www.netcarshow.com/

Skoda Superb iVの内装ユニット等

Skoda Superbは、もともとエンジンモデルとして登場しています。今回このモデルにハイブリッドが追加になったといえるでしょう。通常パワートレインとハイブリッドでは、内装で大きな違いがありますね。標準装備として多機能Maxi DOTカラーディスプレイが付属しており、個別にカスタマイズ可能な10.25インチバーチャルコックピットをオプションとして取り付けることができます。

インフォテインメントシステムは、現在のバッテリー充電状態や純粋に電気に走行範囲などのiV固有のサブアイテムへのアクセスが表示されます。センターコンソールのボタンを使用して、車両を直接EモードとSPORTモードに設定することが可能です。

インフォテインメントシステムのメニューにあるe-Managerアプリを使用して、時間プロファイルを設定でき、これにより、運転前でも空調がオンになり、バッテリーも充電されます。ドライバーは、エアコンが主電源と自動車のバッテリーのどちらで作動するかを選択することも出来ます。

最新世代のインフォテインメントシステムが搭載されています。
8インチディスプレイ搭載のAmundsenナビゲーションシステムと、9.2インチディスプレイ搭載のオプションのColumbusシステムは、どちらも最新のインフォテインメントシステムとなっています。

リアルタイムの交通情報とオンラインサポートにより、ルート候補をより迅速かつ正確に計算・表示できます。システムは、リアルタイムで交通渋滞についてもドライバーに案内することができ、迅速に適切な代替ルートを計算してくれます。
https://www.netcarshow.com/ (61429)

via https://www.netcarshow.com/

まとめ

シュコダ・オートは、チェコの自動車メーカーです。現在は、フォルクスワーゲンの傘下となっています。チェコでは、シェア1位のメーカーであり、日本でも並行輸入で同社のモデルを所有し、楽しんでいる方がいます。こういったエレクトリックカーも、日本のインフラ整備などが、更に進んでいけば乗りやすくなるのではないでしょうか。
16 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me