2018年1月5日 更新

レクサス新型LS500h/LS500のデザイン・スペック・価格を考察!ベンツSクラスに勝てるのか?

レクサスLSが2017年10月にフルモデルチェンジし販売開始となり、ベンツのSクラスに勝るとも劣らないといわれています。レクサスLS500/500hのデザインやスペック、価格についてレポートします。

レクサス新型LS500h/LS500のデザイン・スペック・価格を考察!ベンツSクラスに勝てるのか?

chibicaでも一度記事になっています!

日本のレクサス公式動画から!

威風堂々と優雅に走る姿が流れる動画と感じます。もともとレクサスに乗っている方にも新しいLS500/500hとはっきりと解るような作りこみをしていると動画からも伝わって来るのではないでしょうか!

エクステリアデザイン

戦闘機のようにも見える、低くワイドなフォルムなフロント部分。特に印象的なのは、すでに2012年からレクサスのデザインアイデンティティとなっているスピンドルグリルですが、今回のLSではメッシュパターンなどが新しい試みが見られます。
また、ヘッドライトデザインは今までのL字型のアローヘッドのポジションランプが分離したデザインが多かったですが、新型LSではZ字型になっているのが特徴です。
https://www.netcarshow.com/lexus/2018-ls_500h/ (20114)

via https://www.netcarshow.com/lexus/2018-ls_500h/
新開発GA-Lプラットフォームにより、低重心フォルムを可能としました。
これまでの4ドアセダンのボディーラインとは異なる斬新なクーペシルエットに仕上がっていると考えます。
https://www.netcarshow.com/lexus/2018-ls_500h/ (20115)

via https://www.netcarshow.com/lexus/2018-ls_500h/
テールランプも独特なサイドで上下に切り込みのようにVの字に分かれる構造。この点も今後のレクサスシリーズに採用されると予感します。
https://www.netcarshow.com/lexus/2018-ls_500h/ (20116)

via https://www.netcarshow.com/lexus/2018-ls_500h/
3ブロック制LEDを採用したヘッドライトとL字型のLEDポジションランプが絶妙に組み合わさりZ型になっている先進なデザイン!
https://www.netcarshow.com/lexus/2018-ls_500h/ (20117)

via https://www.netcarshow.com/lexus/2018-ls_500h/
実は、北米のトヨタカムリにも同様のデザインが採用されております。レクサスのみならずトヨタでの今後のラインアップに後ろから見ても「レクサス・トヨタ」とわかるデザインが採用されるのかもしれません。
https://www.netcarshow.com/lexus/2018-ls_500h/ (20118)

via https://www.netcarshow.com/lexus/2018-ls_500h/
19インチノイズリダクションアルミホイールが採用されております。これに245/50のタイヤを装着。
https://www.netcarshow.com/lexus/2018-ls_500h/ (20119)

via https://www.netcarshow.com/lexus/2018-ls_500h/

インテリアは!

新型LSの内装は、日本の匠の技を採用した仕上げを用い、江戸切子などのオプションも用意されているのが日本発のフラッグシップモデルらしい演出です。

特に下の画像のドア内張り等の仕上がりは、日本人の匠の技が光っているデザインであるとも言えます。日本人の得意とする決め細やかな作りこみを座席に座った瞬間から感じられるように丹念に作られてると感じます。
34 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me