2018年11月7日 更新

電気自動車のダークな面。バッテリーに使われるコバルトは、アフリカ・コンゴ民主共和国での違法採掘によって支えられている

電気自動車で思い浮かぶイメージと言えば、「環境への負荷軽減」「排出ガスが無い」などでしょうが、一方で暗いイメージが存在します。電池に使うコバルト鉱山が存在するコンゴ民主共和国では、採掘に携わるのが小さな子供。しかも、放射線が出るのに、防護する衣服を与えられていないと、人権団体が告発しています。

電気自動車のダークな面。バッテリーに使われるコバルトは、アフリカ・コンゴ民主共和国での違法採掘によって支えられている

電気自動車やスマホのバッテリーに欠かせないコバルト

gettyimages (50035)

ET AUTOというサイトの記事を紹介してみましょう(2018年11月3日付け)。ロイター通信電を転載しています。

コバルトは、電気自動車だけでなく、スマートフォンやノート・パソコンなどに使われるバッテリーに欠かせない原材料。その半分が、コンゴ民主共和国で採掘され、世界中に輸出されています。

ところが、専門家は問題があるとしています。こうした採掘に携わっているのが小さな子供なのです。同国南部に6つある鉱山に数千人単位が送り込まれ、しかも防護服も無しに従事させられていると、人権団体が指摘しています。

そんな団体の1つが、アメリカのイナフ・プロジェクト。こうしたコバルトの供給を受ける企業は、労働権の向上や透明性を促すべきだと訴えています。

研究報告を作成したイナフ・プロジェクトのアニー・キャラウェイ氏は「需要が高まりだした現状で注目されるというのはどうかと思ったが、こうした問題に対処する態勢が整いつつあるのが分かった」と語っています。

「コバルトを使った製品は、児童労働に毒されている」

シッダース・カラ氏

シッダース・カラ氏

こうした厳しい視線について、コンゴの鉱山省では、今年初めにコバルトや銅の採掘で子供が労働させられていないかを追跡するモニタリングを始めたと語っています。

ただ、ここ数年の需要の増大につれて、コバルトの採掘は増えており、それが子供の動員となっていると、今年コンゴを訪れた、近代奴隷制度についての著作があるシッダース・カラ氏が指摘しています。

「現在、世界中の企業で、コバルトを使った製品が児童労働に毒されていないと、消費者に保証する手立ては無い。それが私が現地で見た結果だ」と、御本人はトムソン・ロイター財団に語っています。

キャラウェイ氏も「コバルトを使用している企業は、現地を視察して、この問題に関心があるとの姿勢を示してみればどうか。それが我々の推奨の1つだ」と語っています。

こうした指摘を、あのアムネスティも指摘しています。アムネスティによると、コンゴのコバルトの2割が違法採掘されているとのことです。

深刻なのは、アムネスティが2017年9月29日付けで問題提起していたことでしょう。

もともとは、アメリカの有力誌のタイムが配信していた記事を転載しています。それだけ深刻視しているというわけなのです。

クリーンな環境は大切だが、違法労働を許しては駄目

背景にあるのは、クリーンな環境を求めようとする各国政府の意向。例えば、スコットランド政府は2032年までにガソリンやディーゼル車を廃止しようとの計画を建てています。2040年には、英国の自動車は全て電気自動車になり、ガソリンスタンドはチャージ・ポイントになるだろうとされています。アメリカでも、イーロン・マスク氏がテスラ・モデル3を、世界初のマスマーケット向け電気自動車として投入したいとの意向を示しています。

このような動きそのものは歓迎すべきだとしています。ロンドンや、インドのデリーなどは車の排ガスによる汚染が酷いことを思えば尚更だとしています。そういう意味で、電気自動車の推奨となるのですが、問題なのは製造プロセス。記事では、全ての製造メーカーがそうでは無いものの、こうした違法採掘コバルトをサプライ・チェーンに組み込んでいる企業が存在することが問題だとしています。

また、世界のコバルトの需要の半分を握っているにもかかわらず、コンゴ民主共和国は世界屈指の貧困国であることも問題視しています。そもそも、合法的な仕事が少なく、こうした違法採掘に携わざるを得ないという状況も存在しているからです。

なお、このような鉱夫のことを「職人」と、同国では呼んでいます。従事しているのは20%だとしていますが、実際にはもっと多いだろうと推定されています。薄給で済むからと、子供を起用する傾向が高いのだそうです。

まとめ:最年少の鉱夫は7歳。ユニセフは4万人と推定

アムネスティでは、地元のNGOであるアフレウォッチと提携して調査したところ、最年少の鉱夫は7歳だったことが分かりました。放射線以外にも、採掘の際に舞い上がる塵を吸い込まないように顔にマスクを本来被らねばならないところを、実際に付けていないことも判明。致死的な肺疾患に繋がりかねないと警鐘を鳴らしています。なお、こうした子供の鉱夫の正確な数字は分かっていませんが、ユニセフでは4万人と推定しています。

なお、OECDでは2012年に関連のガイドラインを策定しています。それによると、電気自動車やバッテリーのメーカーは、どこで精錬しているかを特定出来るようにする一方、人権面でリスクが無いかどうかについても特定しておかねばならないとしていました。

ところが、アムネスティが実際に各社に照会したところ、これを実践している社は皆無だったそうです。

病巣が深いとしか言いようがありませんね。何だか、自動運転車やスマートフォンを使うことに罪悪感を覚えてしまいそう。

出典:
12 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

takosaburou373 takosaburou373