2018年7月18日 更新

スズキ ジムニー XC(AT) 試乗記 ~スズキの本格軽オフローダーが約20年振りにフルモデルチェンジ~

7月5日にフルモデルチェンジが発表され、発売が開始されたスズキ ジムニーに試乗しました。今回は約20年振りのフルモデルチェンジになります。今回は最上級グレードのXC(1,841,400円・4速AT)に試乗し、その実力を検証しました。

スズキ ジムニー XC(AT) 試乗記 ~スズキの本格軽オフローダーが約20年振りにフルモデルチェンジ~

エクステリア

 (36635)

フロント ボディカラーはジャングルグリーン
 (36637)

サイド
 (36639)

リヤ
インターネット上で流出画像を初めて見た時に、「これこれ!。これぞジムニー」と思いました。

おそらく2代目ジムニーがモチーフになるかと想像しますが、私よりも先輩の方々にとっては「懐かしくも新しい」、そして2代目を知らない若い方々にとっては「新鮮」に映るデザインではないでしょうか。

このデザインは男性ユーザーを中心に心に刺さるようで、現在のところかなりの納車待ちとなっているとか。それも頷けますね。

インテリア

 (36643)

ダッシュボード
 (36645)

メーターパネル
ここも懐かしさを感じさせつつ、現代のエッセンスを盛り込んだデザインになりますね。特にメーターの数字のレタリングは過去のスズキ車のレタリングに近いものを感じますね。

インテリアのクオリティについては、このクルマを買おうと考えている人達にとって不満を感じることはないと思います。

その他試乗していて感じたことは、このクルマ独特の頑丈なラダーフレームの上にボディが乗る構造による軽自動車離れした頑丈な骨格から享受される静粛性の高さと、現行スズキ車共通のステアリングの革のクオリティが高いことですね。

これらの点と角ばったボディによる頭上の広さにより巡行中はこのクルマが軽自動車であることを忘れてしまいますね。

シート

 (36649)

フロントシート
フロントシートは軽自動車としてはしっかりした大きさを持つ、普通の掛け心地のシートとなります。硬すぎず柔らかすぎないこの掛け心地なら、そこそこの長距離ドライブも普通にこなせそうです。

残念なのはシートリフターが装着されないことですね。チルトステアリングが装備されるので、様々な体形の方がより細かくドライビングポジションが調整できるシートリフターも標準装備してもらいたいですね。今後の改良に期待したいところです。

エンジン・トランスミッション

660CC 直列3気筒DOHCターボエンジン(64PS・9.8kgf・m)と4速ATの組み合わせです。

1,040㎏の車両重量と加速に不利な175/80R16タイヤの装着、これに加えて大人3人乗車という厳しい条件で試乗したことにより、4速ATの組み合わせでは加速力は必要にして十分なもののパンチ力が今一つな印象になります。

この4速ATですが、アクセルを踏み込むと回転が先に上がってスピードが後から上がっていくような、ひと昔前のCVT車に見られる「ラバーバンドフィール」に似たものを感じ、正直言って過去に所有していたサンバー ディアスワゴン(車両重量980㎏・3AT)や先日試乗したアトレーワゴン(車両重量1,010㎏)よりも加速感が少し劣る印象です。

この印象から、やはりこのクルマは5速マニュアルで乗るべきクルマなのかなと感じ、今後の改良で4速ATと電子制御スロットルの制御の変更を望みたいですね。

サスペンション・乗り心地

 (36655)

装着されていたタイヤは175/80R16 ブリヂストン デューラーH/T
前後にクロスメンバー、そしてXメンバーを追加して剛性が高められたラダーフレームに装着されるフロント・リヤの3リンク リジッド式のサスペンションは、後輪側だけでなく前輪側も固定軸のサスペンション形式となります。

このサスペンション形式により舗装のない林道などの過酷な走行条件にも耐えられるようになっていて、当然ですが他の軽自動車とは一線を画す「ガッチリ感」と「重厚感」が感じられます。

一般道での走行は硬めの乗り心地となり、舗装状態の悪い道路を走行した時には突き上げはあります。しかし剛性の高いフレームの恩恵により腰に刺さるような突き上げはなく、トトトトンといなしていくように走っていきます。

ただ、走行中は道路の凹凸部分に合わせてスポーツカーばりに絶えず大なり小なりの突き上げを感じることとなるので、このあたりの乗り心地については好みが分かれるところとなります。

総括

ジムニーは初めての試乗で、エンジンをかけて走り出した瞬間から他の軽自動車とは異なる「硬派」な雰囲気と「重厚感」を感じ取ることができました。

今回試乗した4速AT車はもう少しチューニングが煮詰められるといいかな、という感じであり、現段階では5速マニュアル車がおすすめになるでしょうか。

4速AT車を望む方でジムニーをファーストカーとして使用し、年間の維持費上昇を許容できる方は、1500CCに排気量アップしたジムニー シエラを検討してみるのもいいかもしれないですね。
26 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

やまちゃん@8148 やまちゃん@8148