2018年12月20日 更新

トヨタ・タンクのおすすめグレードは?ターボとNAどっちが良い?

トヨタ自動車が販売をするトールワゴン型のコンパトカー「タンク」について特徴や乗り心地などを御紹介していきたいと思います。

トヨタ・タンクのおすすめグレードは?ターボとNAどっちが良い?

タンクの特徴や歴史

トヨタ・タンク - Wikipedia (52461)

ファミリーカーとして購入するなら、大人数で乗ることができ、快適に楽しく過ごすことができる車に乗りたいと考える方が多いと思います。
今回紹介するタンクという車は、シートアレンジが豊富で、コンパクトなサイズ感を持っていることが特徴です。
ミニバンに比べてサイズは一回り小さいコンパクトサイズですが、ファミリーカーとしての実用性や機能性はかなり高いのです。
コンパクトなサイズの車は運転のしやすい傾向にありますので、運転に慣れていない方や女性の方にとってもタンクは運転のしやすい車であると思います。
ファミリーカーとして家族を乗せてドライブに行く時も、安心して楽しい時間を過ごすことができるのがタンクです。
トヨタ タンク | 外観 | トヨタ自動車WEBサイト (52464)

タンクは、2016年に販売が開始されています。LivingとDrivingを掛け合わせた「1LD-CAR(ワン・エル・ディー・カー)」がコンセプトして作られました。
最近登場した車ですので、知らない方は意外と多いのではないかと思います。
そして、タンクはダイハツ工業が開発した「トール」という車をベースにOEM供給されているモデルになります。
ダイハツ・トール

ダイハツ・トール

このトールはSUBARUへもOEM供給されており、日本市場ではおおよそ22年ぶりの復活となる「ジャスティ」が販売されることにもなりました。
更に、タンクのデザイン違いの姉妹車では「ルーミー」が販売されています。
タンクやルーミー、ジャスティは見た目では殆ど車種の見分けがつきにくいので、エンブレムを見て何の車種かを確認することになるかと思います。
少しでも姉妹車を知っておくことで、車を購入する時の選択肢の幅が広げることができ、
購入する車についての詳しい情報をその姉妹車と比較して知ることができると思います。
是非参考にしてみることをオススメします。

タンクの走行性能や乗り心地

トヨタ タンク | 走行性能 | 走行性能 | トヨタ自動車WEBサイト (52469)

さて、ファミリーカーとして人気の高いタンクの走行性能は一体どのようなものなのでしょうか?また、インテリアのデザインや快適性は高いのでしょうか?
タンクはコンパクトなサイズ感を持っています。ミニバンに比べてみると、駐車をする時や狭い道での走行中に、対向車や障害物にぶつかってしまう可能性が低くなります。
安全運転を心掛けていても、車体の大きい車と小さい車とでは運転をする仕方は変わってくると思いますので、小さい車体の車はこのように安全性が高い傾向にあることも分かります。
1.0L 1KR-VET VVT-i ターボエンジン

1.0L 1KR-VET VVT-i ターボエンジン

タンクには、ターボエンジンモデルが存在します。
ターボエンジンモデルでは1.5Lクラス相当のトルクを幅広い回転域で発揮します。
高速道路ではストレスの無い加速性能を実感でき、アクセル操作に対する優れたレスポンスも実感できます。
更に、スポーツモードをステアリングスイッチに設定しています。
「G-T」や「カスタムG-T」というグレードが、ターボエンジン搭載車になります。
トヨタ・タンク - Wikipedia (52473)

更に、ターボエンジン搭載車では21.8km/Lという高数値を出しています。
ガソリンモデルの1.0L 1KR-FE VVT-i エンジンで24.6km/Lを出しているので、ターボエンジンモデルでも充分に満足のできる燃費性能を実感することになるでしょう。
トヨタ タンク | 室内 | トヨタ自動車WEBサイト (52476)

タンクの加速性能や走行性能はかなり評価が高いことが分かります。
ライバル車のスズキのソリオに比べて全高が低いですが、その全高が低い分見栄えがしっかりして見えるなとの良い評価もあります。
そして、室内では子どもが立って着替えることができる充分な高さをもつ室内高や、様々なアクティビティ用途に対応したシートアレンジの豊富さがあります。
シートは少し硬めにできていますが、充分な走行性能やファミリーカーに適した室内空間の広い内装など、デメリットが全く無いと言って良いほどの優秀な車です。
タンクは、ファミリーカーとして、街乗りやアウトドアにしても最適な一台と言えることは間違いないでしょう。

まとめ

タンクを購入しようと検討しているなら、ターボエンジン搭載グレードの「G-T」や「カスタムG-T」がオススメです。
ターボエンジン仕様では無くても充分な加速性能や走行性能を実感できると思いますが、少しでも走りにこだわるならターボエンジン搭載車がオススメです。4WD仕様もありますが、2WD仕様車と比べて車両重量が大きくなるため、加速力の小ささにストレスを感じてしまうと思います。
しかし、燃費効率は2WD仕様でも4WD仕様でも充分に高いです。
また、廉価なグレードのX“S”/Xでは約146万円〜という価格帯で、そこそこ高いインテリアのラグジュアリー性があります。
是非、この記事を参考にあなたに合ったタンクを購入していただければと思います。
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan