2017年9月2日 更新

次に車を買うとしたらどのパワートレインがいいですか?アンケート集計結果!

chibica公式Twitter恒例のアンケートです。 もし次に車を買うとしたら、どのパワートレインがいいですかというアンケートを行っていました。 アンケートの集計結果は??

次に車を買うとしたらどのパワートレインがいいですか?アンケート集計結果!
gettyimages (14227)

次に車を買うとしたらどのパワートレインがいいですか?

chibica公式Twitter上で行ったアンケートでは、以下のような結果となりました↓

参加してくれた101名の皆様、ありがとうございました!
予想以上に多くの方に参加していただきました^^

1位はガソリンターボ!

 (14226)

ターボ人気を裏付けるかのような結果になりましたね!
欧州車を中心にダウンサイジングターボが10年位前から流行りだしましたが、日本国内ではハイブリッド全盛で、ターボは完全に出遅れていました。
それが、ようやく色々なメーカーからダウンサイジングターボが出始めています。
トヨタも、オーリスから1.2Lターボが市販化され、C-HRにも搭載されたのは記憶に新しいです。
さらにトヨタ・レクサスではNX200tから始まった2.0Lターボもクラウンやハリアーにも搭載されています。

ホンダも1.5Lターボがステップワゴンから搭載され、その後新型シビックにも搭載されました。

個人的にとても印象的だったのはスズキのスイフトに搭載された1.0Lターボが、国産車とは思えないトルク感と6速ATのダイレクト感と相まって好印象でした。


欧州車に目を向けると、ほぼターボが当たり前の世界となっています。
逆にNAが貴重な存在になりつつありますね。

そんな流れを裏付けるかのように、アンケート結果もガソリンターボが1位となりました。

2位はハイブリッド!

thinkstock (14241)

やはり国内ではハイブリッドの人気は高いですね。
多少イニシャルコストが高くても、月々のランニングコストが安いほうが心理的にうれしいですよね。

そして、ストロングハイブリッドの車なら、エンジンがかからずにモーター単独で発進することができ、アクセルオフするとすぐにエンジンが止まったりと、エンジンが始動している時間が短く無音無振動で走ることができるのが面白いと感じる人も多いです。

3位はガソリンNA!

 (14242)

3位はガソリンNAでした。車の基本というか、自然な吹け上がりや大排気量のエンジンならNAが一番心地よいと思われます。
ただ、昨今は大排気量NAよりもダウンサイジングターボのほうが燃費もパワーも勝るという状況が出来てきており、NAは下火になりつつあります。
ただ、パワートレイン自体のコストがターボやハイブリッドに比べてシンプルなので通常は車両本体価格もターボやハイブリッドに比べて安価になるのが、車を購入する際に魅力になったりしますよね。

4位はなんとディーゼル?!

thinkstock (14243)

4位は意外にもディーゼルとなりました。
少し前まではディーゼルは人気になりつつあったのに、VWをから始まった排ガス問題で、今度はメルセデスまで容疑がかかっています。
その影響もあってか、ヨーロッパではディーゼルだけにとどまらず、EVを中心としたCO2削減に向けて内燃機関自体を抑制する方向へとシフトしてきています。

個人的にはディーゼルのフィーリングや維持費の安さが好きだっただけに残念に思います。
その流れが日本にも波及しそうですね。
マツダはディーゼルに舵を取っていましたが、それがどうなるか今後の行方に注目です。



chibica公式ツイッターでは、車好きアンケートを不定期で開催していますので、よかったらフォローをお願いいたします!
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部