2019年4月26日 更新

ダイハツ ムーブキャンパスに特別仕様の新エクステリアカラー登場

ダイハツから4/22に特別仕様モデルが追加ラインアップされました。ムーブキャンパスモデルに、エクステリアカラーにホワイト、またはブラックのアクセントを施したモデルの登場です。同モデルのエクステリアなど特別装備等をご紹介していきます。

ダイハツ ムーブキャンパスに特別仕様の新エクステリアカラー登場

ダイハツ ムーブキャンパス特別仕様車の概要等

ダイハツ工業株式会社は、軽乗用車ムーヴ キャンバスのリミテッドシリーズにて、特別仕様車ホワイトアクセントリミテッドSAⅢ及びブラックアクセントリミテッドSAⅢを追加設定し、4月22日(月)から全国一斉に発売することを発表しました。

2016年9月に発売したムーヴ キャンバスは、ライフスタイルを自分自身で楽しむ女性をメインターゲットに企画・開発した軽乗用車です。個性的なデザインにツートンカラー、そしてパッケージングやスライドドアによる高い使い勝手がユーザーから支持されているモデルとなっています。

昨年発売したブラックインテリアリミテッドは、女性だけでなく、多くの男性にも支持されています。発売からの累計販売台数が、20万台を突破し、大変人気のモデルと言えますね。
 (59367)

ダイハツ ムーブキャンパス特別仕様車のエクステリア等

今回設定した特別仕様車ホワイトアクセントリミテッドSAⅢ・ブラックアクセントリミテッドSAⅢは、お買い得なリミテッドシリーズのモノトーン仕様から、フロントグリルやフォグランプリング、バンパーモール・サイドモール、ドアミラー、ホイールキャップなどをパールホワイトもしくはブラックのパーツに変更しています。

そしてボディにパールホワイトまたはブラックピンストライプを装飾することで、特別なエクステリア感を醸し出しています。ユーザーの選択の幅をさらに広げていますね。

ボディーカラーは、ホワイトアクセントリミテッドSAⅢでは、ナチュラルベージュマイカメタリック、ファインミントメタリックに、新カラーのブルーミングピンクメタリックを設定しました。

ブラックアクセントリミテッドSAⅢは、スムースグレーマイカメタリック、パールホワイトⅢの2カラーを設定しています。

ダイハツは、Light you upの企業理念をもとに、ユーザーにより好まれるモビリティを開発していくという思想があります。この思想が、今回のラインアップに繋がっているのではないでしょうか。ムーブキャンパスでも、内容や仕様を変えることで、さらにユーザーの幅を広げたいという思いが伝わりますね。
 (59368)

ダイハツ ムーブキャンパス特別仕様車の特別装備内容等

ブラックアクセントリミテッド特別装備内容等

※X“ブラックインテリアリミテッドSAⅢ”及びG“ブラックインテリアリミテッドSAⅢ”をベースモデルにしています。

エクステリア特別装備(下記すべてのカラーをブラックで設定)。
・バンパーモール(フロント/リヤ)
・サイドモール
・ドアアウターハンドル
・フロントグリル
・カラードドアミラー(オート格納式[キーフリー連動])
・ピンストライプ
・LEDフォグランプリング
・14インチ2トーンカラードフルホイールキャップ(「キャンバス」エンブレム付+シルバー×ブラック)

エクステリアカラーの種類
①スムースグレーマイカメタリック
②パールホワイトⅢ
 (59369)

ホワイトアクセントリミテッドの特別装備内容等

※X“メイクアップリミテッドSAⅢ”及び、G“メイクアップリミテッドSAⅢ”をベースモデルにしています。

エクステリア特別装備(下記すべてのカラーをパールホワイトで設定)
・バンパーモール(フロント/リヤ)
・サイドモール
・ドアアウターハンドル
・フロントグリル
・カラードドアミラー(オート格納式[キーフリー連動])
・ピンストライプ
・LEDフォグランプリング
・14インチ2トーンカラードフルホイールキャップ(「キャンバス」エンブレム付+シルバー×パールホワイト)

エクステリアカラーの種類
①ナチュラルベージュマイカメタリック
②ファインミントメタリック
③ブルーミングピンクメタリック
 (59370)

ダイハツ ムーブキャンパス特別仕様車の内装等

ブラックアクセントリミテッドは、XやGのブラックインテリアリミテッドSAⅢをベースモデルに開発されています。したがって、内装はこのベースモデルを適用していることが伺えます。今回の特別仕様モデルは、エクステリアを主体に企画されていますね。

ホワイトアクセントリミテッドでは、XやGのメイクアップリミテッドSAⅢをベースモデルにしています。内装構成は、ブラックアクセントリミテッドと同様に、ベースモデルを適用しています。ブラックアクセントリミテッドもホワイトアクセントリミテッドも、エクステリアに特徴的なアクセントを持たせているということでしょう。
 (59372)

グレード体系

X“ホワイトアクセントリミテッドSAⅢ” 2WD 1,479,600・4WD 1,603,800
X“ブラックアクセントリミテッドSAⅢ” 2WD 1,479,600・4WD 1,603,800
G“ホワイトアクセントリミテッドSAⅢ” 2WD 1,555,200・4WD 1,679,400
G“ブラックアクセントリミテッドSAⅢ” 2WD 1,555,200・4WD 1,679,400

比較的スッキリしたグレード体系で、わかりやすくなっていますね。XとGベースモデルにブラック及びホワイトとなっています。そして2WDと4WDという構成です。
 (59371)

まとめ

元々は、女性をターゲットに開発されたムーブキャンパスですが、特別装備を施したり、シックなカラーリング構成のモデルを追加したことで、男性にも受け入れられたモデルへと成長しています。

今回のブラックアクセントリミテッドSAⅢ・ホワイトアクセントリミテッドSAⅢは、さらにユーザーの幅を広げ、女性・男性の両方に受け入れられるのではないでしょうか!今後同モデルの販売動向も気になるところです。
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me