2018年2月15日 更新

フォルクスワーゲン「パサート/ヴァリアント」にTDIモデルを日本初導入!価格は422万円から

「パサート/ヴァリアント」に、ディーゼル搭載モデルを日本初導入し、2月14日から販売を開始することを発表したVW。ディーゼルエンジンへの風当たりが強い今、なぜ今、日本に導入したのでしょうか?TDIの魅力とともに探ってみましょう。

フォルクスワーゲン「パサート/ヴァリアント」にTDIモデルを日本初導入!価格は422万円から

優れた加速性能と経済性を備えたTDI

Passat TDI Highline

Passat TDI Highline

今回導入した「パサート/パサートヴァリアントTDI」は、最新のディーゼルテクノロジーで、日本のポスト新長期排ガス規制をクリアした「TDI」エンジンを搭載し、最高出力190ps、最大トルク400Nmを発生する最新の新世代2.0Lのターボディーゼルエンジンを搭載。6速DSGとの組み合わせで優れた加速性能を発揮します。

また、排ガス後処理システムとして酸化触媒、SCR(選択触媒還元)、DPF(ディーゼルパティキュレートフィルター)などを採用することで、ポスト新長期排ガス規制に適合。クリーンディーゼル車としてエコカー減税の対象としています。

グレード構成は、内外装と機能装備を充実させた「TDI エレガンスライン」と、上級装備を装着した「TDI ハイライン」の2グレードをそれぞれのモデルに設定、価格は422万9000円から509万9000円となっています。

運転支援システムも最新

パサートヴァリアント

パサートヴァリアント

特に運転支援システムの分野では、先進機能装備を数多く採用し、パークディスタンスコントロール(フロント/リヤ、前進/後退時衝突軽減ブレーキ機能付)は、 前進時および後退時に障害物に近づいて、衝突の恐れがある場合、警告音だけでなく自動的に ブレーキを作動させることで衝突を回避または被害を軽減させる機能を備えています。

【主な先進安全装備の全車標準装備例】

・渋滞時追従支援システム“Traffic Assist”
・プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist”(歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付)
・アダプティブクルーズコントロール“ACC”(全車速追従機能付)
・レーンキープアシストシステム“Lane Assist”
・レーンチェンジアシストシステム“Side Assist Plus”

最新のインフォテイメントシステムとコネクティビティ

“Discover Pro”

“Discover Pro”

「パサート/パサートヴァリアントTDI」は、デザイン性、操作性、安全性すべてを兼ね備えた新しい“Discover Pro”の採用によって、従来の ナビゲーションの域を超えて車両を総合的に管理し、より快適なドライブを演出します。

また、専用アプリ への対応により後部座席等からも操作ができ、ドライバーが運転に集中し易い環境を提供、さらにHighline にオプション設定している 12.3 インチデジタルメータークラスター“Active Info Display”は、デジタルコックピットならではの先進性あふれる視認性を実現しています。

実は輸入車の20%を占めるディーゼル車

TDI

TDI

さて、なぜ今ディーゼルエンジンを導入するのかというと、日本国内のディーゼル乗用車市場は2012年以降拡大傾向にあり、特に輸入ディーゼル車は販売が好調で、年間総販売台数の2割を超えるシェアを占めています。
中でも価格の高いミッドサイズセダンやワゴンは、ハイブリッドよりリーズナブルでパワフルな、ディーゼルモデルは、輸入車では人気があるのです。

今回、フォルクスワーゲン・ジャパンが導入するディーゼル車の「パサート/ヴァリアントTDI」は、このような需要拡大を受け、ディーゼル車特有の優れた経済性と、力強い走りに高い関心を持つユーザーの要望に応えたかたちになっています。

まとめ

パサート シリーズ全体として、これまでのガソリン「TSI」や プラグインハイブリッド「GTE」に続く、新たなパワートレインとしてラインアップに加えることで、シリーズ全体の魅力を訴求することになった「TDI 」。

ガソリンモデルよりパワフルで、プラグインハイブリッド「GTE」の5,289,000円に比べれば、約100万円安い「TDI 」はかなりリーズナブルといえ、国産車でいえばクラウンやスカイラインの予算で手に入るとすれば、十分に検討する価値はあるでしょう。
14 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン