2017年9月25日 更新

ダイハツ新型ミライース試乗しました!エクステリアインプレッション

2017年5月9日にフルモデルチェンジを迎えたダイハツ新型ミライースに早速試乗させてもらいました! まず今回は、その新しくなったエクステリアをレポート!

ダイハツ新型ミライース試乗しました!エクステリアインプレッション

エクステリアは直線基調に!シャープになって車格が上がったよう

 (8503)

今回試乗させていただいたのは、2017年5月9日にデビューしたばかりの、ダイハツ新型ミライースのL “SA Ⅲ”というグレードです。

車両本体価格はFFで939,600円からとなっています。

新型ミライースのエクステリアは、先代までの丸い雰囲気のエクステリアから、直線基調のシャープなエクステリアに変わりました。
 (8504)

特に、フロントマスクは大きく印象が変わりました。
ヘッドライトの目頭の部分が鋭角に切れ込むことで、目つきが鋭くシャープな印象になりました。

また、フロントロアスカート部分も強調されたデザインになったので、標準状態でもエアロがついているようにも見えます。
 (8505)

新型ミライースのフロントをアップで。

細かいキャラクターラインが刻み込まれているので表情は先代よりも険しくも見えます。

安全装備のスマートアシストⅢが装備されているグレードなので、フロントガラス上部にステレオカメラが見えます。
スマートアシストⅡはレーダーレーザーだったので、グリル部分にレーダーレーザーの照射部がありましたが、スマートアシストⅢになってグリル周りに制限がなくなったのでスッキリとしたデザインが可能になったのは良いですね。
 (8506)

新型ミライースを斜め前から見てみましょう。

こうして見るとかなりカッコよく見えますね!
 (8527)

新型ミライースのL “SA Ⅲ”には13インチのタイヤ&フルホイールキャップが付いています。

こちらは新開発の13インチタイヤだそうで、乗り心地と転がり抵抗を両立。
実際に乗ってみましたが、乗り心地はとても良かったですよ!
 (8507)

続いては、新型ミライースのサイドビューです。
昨今流行りのハイトワゴンではなく、スタンダードなハッチバックスタイルなので、抑えられた全高がシュッとして見えますね。
アンテナは運転席ドアの上、右側に付いています。
折りたたむ実用性を考慮してでしょうか。
 (8509)

リアの方も見てみましょう。
リアガラスが少し傾斜しているのでスポーティに見えますね。
新型ミライースはリアデザインがかっこいいと思います。
 (8510)

リアコンビネーションランプの周りは、カーボン調のパーツで覆われています。
無塗装素地よりもこのほうがカッコイイですよね。
 (8508)

リア正面から見ると、こんな感じです。
リアもバンパー周りにシャープなキャラクターラインが入ることで、デザインの密度感を高めていますね。
先代ミライースと比べても車格が上がったように見えます。
 (8511)

新型ミライースのリアをローアングルから撮ってみました。
こうして見ると、安定感がありスポーティにも見えますよね。
単に安くて燃費がいいだけではない、軽自動車の新しいスタンダードとしてダイハツが提案したカタチなのだと思います。

新型ミライースは、価格の安さと燃費の良さで、法人の営業車としての需要も見込まれますが、このかっこいいデザインなら法人からも好まれそう。
営業マンも、どうせ乗るならカッコイイ営業車に乗りたいですよね!

新型ミライースのエクステリアを紹介しましたが、次回は内装を見てみたいと思います!
お楽しみに!

26 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部