2017年10月16日 更新

絶版になったけど一度乗ってみたい軽自動車!ダイハツ オプティセダン編

軽自動車でセダンタイプ(ハードトップ)といえば、このオプティしか思い出しません。多分軽自動車としては、このタイプの軽自動車はもう販売されないのではと筆者は感じます。一度乗ってみたく、乗ってもらいたい車ですので、このオプティをご紹介します。

絶版になったけど一度乗ってみたい軽自動車!ダイハツ オプティセダン編

2種類の顔を持つオプティ

平成10年から平成13年まで販売されたこのオプティ。大きく分けてクラシックタイプのラインナップとスポーツタイプのラインアップとなっております。同じ車ですが、クラシックタイプとスポーツタイプではかなり外観上の印象も違うと筆者は感じます。エンジンパワーもクラシックタイプは、ノンターボの58psでスポーツタイプは、インタークーラーターボの64psとなっております。ラインアップ上の名称もクラシックタイプはクラシック○○となりスポーツタイプは、ビークス○○というように基本的に2本の路線にての販売となっておりました。
 (15763)

クラシックタイプは、当時人気になってきたメッキパーツ多用のファニーな感じの仕上がりに重点を置いていました。前後のバンパーやグリルにメッキパーツを使用し、ライト関連をファニーにした感じで仕上げられております。
 (15765)

 (15764)

こちらも当時から人気となっていたボンネットにインタークーラーの吸入口をつけて、グリル一体のバンパーやユーロタイプテールランプ等でスポーツ性を表現しておりました。
 (15766)

オプティのインテリアは?

 (15768)

クラシックでは、インパネ周りはウッド調になっておりステアリングまでウッド調と成っております。比較的落ち着いた雰囲気の中にクラシック感を演出していると筆者は感じます。シート関連もクリームベージュ系となっており、クラシック感が演出されています。
 (15769)

 (15767)

ビークスでは、内装関連はやはりスポーツというカテゴリーに含まれるよう全体的に黒基調でインパネを構成していてその中にシルバーをあしらっていると感じます。シートは少し落ち着いた感じの茶系のシートとなっております。このクラシックとビークスは、基本構成は全く同じとなっていますが、エクステリア・インテリア・パワートレーンが全く違うものと成っており、ユーザーの嗜好で選んでいける楽しみも兼ね備えていると感じます
 (15772)

オプティのスペック、主要緒元と車の特徴

全長×全幅×全高=3395×1475×1405mmに2種類のエンジン、58ps(43kW)/7600rpmと64ps(47kW)/6400rpmとなっております。少し解りづらいのは、ミッションの組み合わせです。クラシックタイプは、FFは3速・4速オートマがあり4WDは、3速しかありません。マニュアルは、年代によってFF・4WDともにあります。ビークスは、基本的にFF・4WDともに4速で、マニュアルもあります。※各年式によって若干ラインアップが変わっているところが難しいところでもあります。

この車の一番の特徴は、軽自動車にしては凄く珍しいセダン(ハードトップ)形状をしていて、リアには小さいながらもトランクルームがあるということです。これにクラシックとスポーツという2路線となっていることがユーザーへのアプローチともなっているというところです。ダイハツとしては、軽の規格の中でこのボディ形状をなし得るために各所のスリム化等を図って全てギリギリまで煮詰めての開発となっていたことと感じます。

ダイハツオプティの中古車を買うなら!!!

既に中古車市場では50台ほどしかないと筆者調べでは感じます。ではこの中でどれを選んだらよいかというのを考えて見ます。先ずは、一番大事なクラシックにするかビークスにするかを決めてください!次にオートマとマニュアルのどちらにするかも決めてください。マニュアルの方が中古車市場では高いです。
筆者的には、価格も安価で、状態の良いものを選ぶとしたらオートマのビークスになると感じます。クラシックは、先ほども言いましたが3速オートマしかないので、街のりでチョコッという場合には○ではと感じます。
筆者調べ参考中古車URL(記事時点)
http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/13/700055051230170830001.html

http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/13/700040147730170908003.html
※上記の参考アドレスは、筆者が調べた時のものであり、販売終了等で掲載が終了している場合があることを予めご了承下さい。
比較的状態の良いもので50万円くらいで購入できそうです。
10万キロを越える車両の殆どが車体価格10万円未満です。レストアベースとして楽しんでいくことも面白いかもしれません。



20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me