2018年3月19日 更新

N-BOXのスロープ仕様が4月19日に発売!通常のN-BOXとどこが違う?

ホンダは、4月19日に発売する、「N-BOX スロープ仕様」をWebサイトで公開し、「介護から趣味まであらゆる家族の、あらゆるシーンで役にたつN-BOXスロープ仕様に、どうぞご期待ください。」という言葉がWebサイトの冒頭に登場しています。

N-BOXのスロープ仕様が4月19日に発売!通常のN-BOXとどこが違う?

発売は4月19日、Webサイトも公開中

N-BOXスロープ仕様 先行情報サイト|N-BOX|Honda (25969)

2017年8月に2代目へとフルモデルチェンジしたホンダ N-BOXは、現在でも大人気モデルとなっていますが、先代に設定されていた派生モデルの「N-BOX+」のフルモデルチェンジは見送られていました。
しかし、新型のデビュー時にはすでに、スロープ仕様が2018年春に発売することを発表しており、今回の公開は予定通りといえます。

発売予定の「N-BOX スロープ仕様」は、スロープも用意し、後部に自転車や車いすを載せることも出来た、「N-BOX+」同様に、通常モデルのN-BOXには低く設定されたテールゲートの開口部などが確認されています。

N-BOXの3つのモードが完成

N-BOX|Honda (25972)

スロープ仕様は、 N-BOXが掲げる3つのモードのひとつで、多彩なシートアレンジが可能で、買い物から遠出までさまざまな使い方に対応する「ベンチシート仕様」、大きく動く助手席で空間を自在に変化。車内での過ごし方や乗り降りを変えることのできる「スーパースライドシートシート仕様」、そして、今回の、介護から趣味まで幅広く対応する広い荷室とアルミスロープの「スロープ仕様」です。

「N-BOX スロープ仕様」は、介護用の福祉車両や、レジャー向けの来るあという特的の目的のための専用車にはせず、4人乗車でも荷物がたっぷり積める「4人乗車モード」から、車いすを使う方がそのまま乗車できる「車いす乗車モード」へは、シンプルになった操作ですばやく切り替えることができ、生活シーンに合わせて快適・便利に使えるなど、多目的に利用可能なのが特徴です。

普段の生活では

N-BOXスロープ仕様 先行情報サイト|N-BOX|Honda (25976)

自転車など、アルミスロープを使った荷物の積み込みや、スロープを収納することで、荷室を底上げでき、下側のスペースも有効利用できます。
電動ウインチの小型化によって、後席の空間や足元スペースなども犠牲になっていません。そのため、4人乗車時でもたくさんの荷物を積めるなど、車の利用に多くの便利さを生み出し、使い方はアイデア次第で広がります。
また、サイト内の動画でも、開発責任者が「N-BOXシリーズの中で荷物を積める量はいちばん多い」と語るなど、アウトドアレジャーなどの利用も考えていることがわかります。

介護用に利用すれば

N-BOXスロープ仕様 先行情報サイト|N-BOX|Honda (25979)

シンプルな手順で軽量なアルミ製のスロープを引き出し、電動ウインチで車いすをラクラク乗り入れることが出来て、後席を前に倒して空間を確保し、車いすの方の足元も広く快適になります。
荷室の床がスロープになったり、乗り込む時に利用する手すりが、ワンタッチでロックを解除して回す様子も紹介されています。
介護される方も介護する方にとっても、負担を出来る限り軽減する造りとなっていて、お出かけも楽しくなるはずです。

また、電動ウインチとスロープが付いた特別なデザインではなく、ニュートラルなN-BOX同様のデザインであることで、スロープ仕様を購入することのハードルを下げています。

さらに、ノーマルモデル同様に、N-BOXスロープ仕様にも先進の安全装備「ホンダセンシング」を標準装備し、カスタムやボディカラーなども標準車同様に選択可能となっています。

まとめ

2017年1月~12月の一年間においてN-BOXシリーズは、販売された台数が218,478台となり、軽自動車においては3年連続、登録車を含んでも第1位を獲得する大ヒット車となっていますが、そろそろ飽きられてきてもおかしくない時期でのスロープ仕様の投入は、まだまだトップの座を渡さないことにもなりそうです。後は、もう一つの派生車「N-BOX/」がいつ登場するのか、しないのか。あるいはまだ隠し玉があるのか、2018年もN-BOXからは目が離せません。
15 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン