2017年3月3日 更新

【速報】 新型セレナの最新受注状況について

日産公式サイトで3/1にリリースされたニュースまとめ

【速報】 新型セレナの最新受注状況について
2017年1月度の生産・販売・輸出実績をまとめた記事にもチラッと書いたのですが、2016年8月にモデルチェンジした日産「セレナ」の売り上げが1月度の新車乗用車月別ランキングで2位となるほど好調です。

3/1に公式サイトから最新の受注状況が発表されているのでチェックしていきましょう!

【ご参考】 新型セレナの最新受注状況について

日産自動車が2016年8月に発売した「新型セレナ」の受注が、引き続き好調を維持しています。受注台数の累計は2月末現在で約6万5千台となり、歴代のセレナと比較しても「新型セレナ(C27型)」が大きく上回っています。
新型セレナ(C27型)

新型セレナ(C27型)

受注好調の主な要因は、狭い駐車場でも荷物の出し入れが可能な“デュアルバックドア”や、足を動かすだけでロック解除とスライドドアの開閉が可能な“ハンズフリーオートスライドドア”など、ミニバンとしての正常進化がお客さまから高い評価を得ていることによります。また、同車に見られる傾向として、量販価格帯のミニバンに初搭載した自動運転支援技術“プロパイロット”の装着率が依然として高い水準であり、同技術に対するお客さまの関心の高さがうかがえます。発売してから現在までの“プロパイロット”装着率は56%で、約3万6,000台が同技術搭載車となっています。
 (3809)

販売7か月で65,000台の受注は歴代セレナの中で過去最高だそうです。

2月のランキングはどうなるのでしょうか?
発表が楽しみですね^^
日産「セレナ」が人気の秘密はこちらにわかりやすくまとめられてます^^
気になる方はチェックしてみてください!
10 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yaya yaya