2018年4月19日 更新

メルセデスベンツが、Aクラスセダンを開発中!2018年中にはお目見えと予想。デザイン・スペック、そして予想価格はいかに?

日本では、現在Aクラスのハッチバックがラインアップ。ハッチバックも新型の導入間近。これに今回セダンが追加になるのか?そして日本導入の際は、どのようなパワートレーンになるのかも推察していきます。

メルセデスベンツが、Aクラスセダンを開発中!2018年中にはお目見えと予想。デザイン・スペック、そして予想価格はいかに?

新モデル・ベンツAクラスセダンのシークレット動画!

メルセデスベンツでは、非常にシークレットでこのAクラスセダンを開発しているとの事。海外メディアでも「ジュネーブモーターショー」には出展せずに、メルセデスベンツ独自の発表を行うのではないかと予想しているほど。

このベールに包まれたベンツAクラスセダンを出来るだけ解剖して行きます。

新モデル・ベンツAクラスセダンのスパイショットから!

フロントビューからは

ベンツマークが中央にシンボルマークとなっている点、グリルデザインは、最新ベンツに近い形状ではないでしょうか?

ポイントは、今回発表されたAクラスハッチバックのフロントデザインと共通する点が多い印象。特にヘッドライトデザインの雰囲気は、ハッチバックに近いのでは?
 (24901)

サイドビューでは

最近のベンツのセダンタイプ・クーペタイプは、比較的尻下がりデザインであるのに対し、こちらのスパイショットでは、尻上りな雰囲気に見えませんか?

そしてベンツとしては、コンパクトなボディに見えますね!日本の市場では非常に人気が出そうなサイズ!
 (24902)

リアビューとしては

サイドから見た際にも、テール周りがショートに見えましたが、リアから見ても短いデザインになっている印象。

海外メディアのスパイショット撮影クルーの話だと、後部座席に男性のマネキンを座らせてテストしていたり、トランクルームに荷物を入れたりと、居住空間試験やラゲッジスペースの試験を入念に行っていたとの事。

この部分に関しては、190㎝以上の日本人は少なめなのでベンツの試験で合格していれば、日本人は安心ですね。
 (24903)

新モデル・ベンツAクラスセダンの予想CGも!

フロント周り

 (24904)

こちらは、海外メディアが作成した予想CG。非常に良くできていると感心します。

フロントデザインは

まさに新型Aクラスハッチバックを継承して、ほぼ同じデザインとなっていることが伺えます。また、サイドビューを見てもハッチバックに近いデザインとなっているのがわかりますね。

筆者的には、このCGは前から75%はハッチバックのデザインを落とし込んでいると思いますが、そうだとしても良くできていると感嘆します。

写真上が、セダンCG。写真下が、ハッチバック。
 https://www.netcarshow.com/ (25011)

via https://www.netcarshow.com/

リア周り

 (24905)

リアのデザインは

筆者的には、非常に格好良いCGに仕上がっていると思います。こちらは、ハッチバックのデザインをそのままインスパイアできない部分。まさにスパイショットのシルエットで描かれているのがわかりますね。

特にリアバンパーデザインは、ハッチバックの要素を取り入れながらも、セダンらしいスパルタンな仕上がりに。そしてやはり特徴的なのは、ショートトランクに尻上りなデザイン。

テールライトは、ハッチバックに近いデザインで有りますが、少し角を持たせることでセダンらしさもアピール。ハッチバックでは、ポイントとなっているイエローステッチが、セダンではレッドステッチになっているのも好印象。

写真上が、セダンCG。写真下が、ハッチバック。
 https://www.netcarshow.com/ (25013)

via https://www.netcarshow.com/

新モデル・ベンツAクラスセダン予想インテリア!

26 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me