2018年10月10日 更新

フォルクスワーゲンの人気車種 ポロの特徴や性能を教えます!

フォルクスワーゲンのポロという自動車は、フォルクスワーゲンの代表的な存在であるとともに、ビートルの後継車種に当たります。 そして、コンパクトで使いやすい車が似合うフォルクスワーゲンの車の中でもこのポロは、名前からもデザインからも大勢の方に愛されそうな可愛らしい印象を与えます。ファミリーにとって1台このポロを持っても良いのではないかと思うほどです。先進技術の進んでいる現代において、このポロの魅力とは一体どういうところにあるのかを御紹介していきたいと思います。

フォルクスワーゲンの人気車種 ポロの特徴や性能を教えます!

ポロの歴史を少し御紹介します!

初代モデル(1975年〜1981年)

初代モデル(1975年〜1981年)

ラインナップの根本的な見直しを図っていたVWのボトムレンジとして登場したのがポロです。ビートルの実質的後継車として、また、南ヨーロッパにおけるVWの勢力拡大戦略車として意図されたのです。

設計は前年に発表されたアウディ50をベースとしており、両車の外観上の違いはエンブレム程度ですが、1,100 ccのエンジンを持つアウディ50に対し、900 ccのポロは下位に位置付けられています。現行型のポロの外観は、5代目から近くなってきます。

現行型ポロの魅力を御紹介します!

フォルクスワーゲン・ポロ - Wikipedia (45478)

直噴技術とターボを組み合わせ、燃費を向上させながら力強いパフォーマンスを発揮するTSI®エンジンを搭載しています。その中でも軽量化と効率を極限まで突きつめたのが1.0ℓTSI®エンジンです。

可愛いスタイルにパワフルな走行性能を発揮する能力が加わったポロは、大勢の方をこのギャップにより魅了すると思われます。
Polo | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (45480)

全モデル搭載の安全性

どの車にも安全装備や性能が付いていると思いますが、フォルクスワーゲンの車は特に安全性にこだわっていることが分かります。

全モデルに搭載されている基本予防安全性能により、雪道などや凍結した路面の滑りやすい道や、荒地な草道、泥濘みなどの走りにくい道でも安定した走行をすることができるのです。フォルクスワーゲンの車には、危機回避のテクノロジーとして、全モデルにESC(エレクトロニック・スタビリゼーション・コントロール)を標準装備しています。

ESCはセンサーにより車両の不安定な挙動を感知すると、多くの電子制御機能をコントロールしてブレーキやエンジン出力を統合制御するシステムになっています。車が安定して走っている時に事故は起こりにくく、不安定な状態になった時に事故の確率は高まるそうです。
Stage1.予防安全 | Volkswagen オールイン・セーフティ|Volkswagen (45483)

そして、この基本予防安全性能にはABS(アンチロック・ブレーキング・システム)EBD(電子制御式ブレーキ圧配分システム)も搭載されていることから、滑りやすい路面などで急ブレーキをかけた場合でも、タイヤをロックしないように前後輪の制動力を適切に配分し、タイヤのグリップ力を失うことなくスリップを防ぐことが可能となっています。

新プラットフォーム「MQB」の搭載!

Polo | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (45486)

この新プラットフォームは、他のプラットフォームに比べて強度に作られていることから、とても安全性の高い車へと進化します。ドイツのフォルクスワーゲングループが開発した、プラットフォームを基幹としたFFとFFベースの4WD車用のエンジニアリングアーキテクチャです。

そして、複数セグメントに投入する車種を一括企画し、エンジンやシャシー、ボディ、電子制御などの設計要素や変動要素を定義し、各設計要素の組み合わせ方を定義することにより、多様な車種を少ない開発工数で作ることを可能にするものとしています。

アダプティブクルーズコントロール “ACC”

Stage1.予防安全 | Volkswagen オールイン・セーフティ|Volkswagen (45489)

クルーズコントロールにレーダーセンサーを組み合わせたシステムです。

高度なレーダースキャンにより先行車を測定します。あらかじめ設定されたスピードを上限に自動で加減速を行い、一定の車間距離を維持することで、長距離走行などでのドライバーの疲労を低減させます。

またこのシステムは渋滞などの低速域でも作動し、先行車が完全に停止するまでの範囲で制御が可能です。ストレスも軽減することができる快適な機能が付いたと言えます。

まとめ

フォルクスワーゲンのポロは、初代が1974年から発売されていることから、とても歴史の深い車種に当たります。

また、他の車種には搭載されていない「スタティックコーナリングライト」により、低速でカーブを曲がる時に、ウインカーと連動して点灯し、交差点での歩行者の確認がしやすく、歩行者側に注意を促すこともできるのです。

このようにフォルクスワーゲンの車種には様々な安全性能が備わっていることが分かります。

購入の際には複雑で迷ってしまうこともあると思いますが、安全性は全タイプに備わっているので、嗜好性や好みのスタイルや機能を重視して車を購入することが良いと思います。
19 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan