2017年1月24日 更新

LEXUS SHORT FILMS第3弾、4作品目をワールドプレミア

TOYOTAが11月に公式で発表しているプレスリリースをまとめていきます

LEXUS SHORT FILMS第3弾、4作品目をワールドプレミア

LEXUS SHORT FILMS第3弾、4作品目をワールドプレミア

―第4作ジーニー・ドノホー監督作品をナパヴァレー映画祭で発表―

LEXUSは、ザ・ワインスタイン・カンパニー(以下ワインスタイン社)と協力してLEXUS SHORT FILMSシリーズ第3弾の新作ショートフィルムを4本制作した。その第4作目であるジーニー・ドノホー監督作品「GAME」をナパ(米国)で開催されるナパヴァレー映画祭で11月10日(木)に初上映する。本映画祭で、これまで発表してきた3作品も併せて上映する(「FRIDAY NIGHT」,「MESSiAH」,「THE NATION HOLDS ITS BREATH」)。
 (358)

LEXUS SHORT FILMSは、未来を担う新進気鋭のクリエイターを支援するプロジェクトとして2013年から開始。LEXUSが目指す世界観を美しい映像によって描写するこのプロジェクトにおいて、意欲的なクリエイターと共にショートフィルムを制作してきた。

3度目の開催となる今回は、LEXUS SHORT FILMS史上初めて、世界中から意欲的な映画監督を一般公募。4000を超える有望な応募の中から4人の監督を選出、LEXUSの掲げるテーマ”Anticipation(予見)”をそれぞれの感性で読み解いた作品を制作してきた。

【コメント】

Lexus International Co. Global Branding Dept, Department General Manager デイビッド・ノードストローム

観客の皆様は、今回の映画祭ではドノホー監督の作品に加え、LEXUS SHORT FILMSの第3弾として制作された他3つの作品のクリエイティビティとイマジネーションをご覧いただけます。

The Weinstein Company Co-chairman ハーヴェイ・ワインスタイン

私たちはナパヴァレー映画祭で「GAME」をワールドプレミアできることに興奮を抑えられません。
ドノホー監督の才能が作品中の至るところで発揮されており、LEXUS SHORT FILMS第3弾のテーマである”Anticipation”が際立たされていると感じます。

The Weinstein Company COO デイビッド・グラッサー

Lexus Internationalとワインスタイン社は今日までのパートナーシップに心躍らせており、映画やその独創性を通して世界中のフィルムメーカーをさらに応援していきたいと考えています。

LEXUS SHORT FILMSについて

未来を担う新進気鋭のクリエイターを支援し、育てるという目的のもと、2013年に発足。LEXUSのサポートにより、ハリウッドの一流スタジオ、ワインスタイン社の協力を得て、作品を制作し国際舞台で披露するチャンスを得られる若手支援プログラム。
LEXUS SHORT FILMSの詳細はLexus International公式ホームページに掲載
http://www.lexus-int.com/jp/lexusshortfilms/

ザ・ワインスタイン・カンパニー(The Weinstein Company : TWC)について

1979年にミラマックス・フィルムズを設立したボブとハーヴェイのワインスタイン兄弟が、2005年10月に設立したマルチメディア・プロダクション及び配給会社。ボブ・ワインスタインが1993年に設立したレーベル、「ディメンション・フィルムズ(Dimension Films)」を傘下に有している。TWC、ディメンション・フィルムズ共に、これまでにメインストリームから専門的なものまで幅広いジャンルにおいて、興業成績・評価の高い数多くの映画をリリースしている。

<LEXUS SHORT FILMS第3弾作品>

GAME

高校2年生のAJは、転校先で州の優勝校の男子バスケットボールチームに入部した。
並はずれた実力で注目を集め、スターティングメンバーにも選ばれるが、チームメイトはAJの秘密を知ることになる…。
 (369)

本作品には元NBA選手で俳優のリック・フォックス(カナダ)が出演している。

■監督/脚本 ジーニー・ドノホー(映像作家)

 (371)

ロサンゼルスをベースに活躍し、数々の著名なアワードを受賞している映像作家。NY州ブロンクス地区にある中学校でTeach for Americaの教師をしながら、ダートマス大学で教育学の修士号を取得、その後コロンビア大学にて映画学の修士号を取得。
これまでに脚本・監督を手がけた作品は、50を超えるショートフィルムフェスティバルでノミネートされた。代表作として、Indiewire誌でBest Short Film of 2014に選出された『Lambing Season』(PBSのフィルムスクールショートでも放映)や、パームスプリングスショートフェスト・PBSイメージメイカーズで上映された『Public』などがある。現在は初の長編となる映画『Flock』を制作中。
19 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yaya yaya