2018年5月9日 更新

2018年4月度自動車販売ランキング「N-BOX」が首位だった4月度のベスト10各車を紹介

自販連と全軽自協が5月7日に発表した、4月度の新車販売速報によると、「N-BOX」が8か月連続の首位だった4月度の新車販売。それではベスト10のその他車種は何だったのでしょうか。そこで、「N-BOX」以外の車種を改めてご紹介しましょう。

2018年4月度自動車販売ランキング「N-BOX」が首位だった4月度のベスト10各車を紹介

1位 ホンダN-BOX 4月度台数:19,884台 前年同月比:162.1%

Honda Media Website | ログイン (30243)

これで8カ月連続の首位。しかも前年比162.1%という伸び率で、勢いが止まりません。2位の「スペーシア」とは7千台以上の大差、登録乗用車で最も強力な日産「ノート」も1万2千台以上差が付いている現状では、当分「N-BOX」一強とそれ以外という構図が続くでしょう。

2位 スズキ スペーシア 4月度台数:12,240台 前年同月比:164.1%

スズキ、新型「スペーシア」、「スペーシア カスタム」を発売|スズキ (30247)

「N-BOX」に大差は付けられたものの、その低燃費や個性的なデザインで反「N-BOX」のユーザーを残らずすくい上げ、「N-BOX」に負けずと164.1%の 前年同月比で追随しています。

3位 ダイハツ ムーヴ 4月度台数:11,809台 前年同月比:98.4%

 (30250)

ダイハツ車では「タント」に注目しがちですが、「タント」を上回る台数を売り上げているのが「ムーヴ」です。同クラスの軽トールワゴンのスズキ「ワゴンR」に対しては、常に上回る安定した台数を売り上げています。

4位 ダイハツ タント 4月度台数:10,268 台 前年同月比:86.1%

 (30253)

「N-BOX」の快進撃や「スペーシア」の躍進など、フルモデルチェンジしたライバルに比べて話題性がないのは否めません。
しかし、これはモデルチェンジのタイミングがライバルとずれているだけなので、年末にも予定されるフルモデルチェンジまでは我慢のセールスが続きます。

5位 トヨタ アクア 4月度台数:9,495台 前年同月比:122.3%

TOYOTA、アクアに歩行者も検知する「Toyota Safety Sense」を採用 | TOYOTA | トヨタグローバルニュースルーム (30256)

登録乗用車がここでやっと登場。4月度はこれまで苦杯を舐めていた「ノート」を押さえて「アクア」が登録乗用車の首位に立ちました。それでも1万台を切っており軽自動車には大きな差を付けられています。

6位 スズキ ワゴンR 4月度台数:8,532台 前年同月比:88.4%

スズキ、軽乗用車 新型「ワゴンR」に5MT車を設定して発売|スズキ (30259)

フルモデルチェンジ以降、評価は高いものの、スズキ製軽トールワゴンのトップを「スペーシア」に開け渡すなど、ハイトールワゴン勢にはかなわず、ライバルの「ムーヴ」にも惨敗続き。前年比も割り込んでいて、浮上のきっかけがつきません。

7位 トヨタ プリウス 4月度台数:8,382台 前年同月比:84.5%

TOYOTA、プリウスPHVにサポカーS<ワイド>の特別仕様車を設定 | TOYOTA | トヨタグローバルニュースルーム (30262)

32 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン