2018年11月23日 更新

トヨタハイラックスZ Black Rally Editionが登場、さらにTRDパーツも追加設定!

トヨタが、ハイラックス誕生50周年を記念して特別仕様車を設定しました。更には、これにあわせてTRDからも追加パーツ等の設定も行われ、トヨタでは、ピックアップブームを牽引していく存在としてハイラックスを提案していますね!

トヨタハイラックスZ Black Rally Editionが登場、さらにTRDパーツも追加設定!

トヨタハイラックス特別仕様車 Z Black Rally Editionの概要等

トヨタは、ハイラックス誕生50周年を記念した特別仕様車「Z Black Rally Edition」発表。発売開始は、同年12月17日を予定しています。

特別仕様車では、オフロードにブラック衣装を纏わせて、さらにアグレッシブに仕上げていることがキーコンセプト。ワンランク上のスタイリッシュなエクステリアと内装に仕上がっています。このモデルの詳細を追いかけてみます。
 (50669)

トヨタハイラックス特別仕様車 Z Black Rally Editionのエクステリア等

Z Black Rally Editionでは、上級グレードとなるZをベースにアルミホイール、フロントグリル、そしてバンパーなどを専用装備し、さらにブラックカラーで統一。オーバーフェンダーなど、特別仕様ならではの装備も装着することで特別感もアップに。

①フロントグリル(専用意匠・ブラック塗装)
②フロントバンパー(専用意匠・ブラック塗装/スキッドプレート付)
③265/60R18タイヤは、ホワイトレター)
④アルミホイール(ブラック塗装・センターキャップ付)
⑤スペアタイヤ(車両装着タイヤ)
⑥オーバーフェンダー (専用意匠・ブラック)

サイドターンランプ付電動格納式ドアミラー、アウトサイドドアハンドル、テールゲートハンドルは、ブラックメタリック塗装仕様。リアバンパーは、グレー塗装仕様になっています。出来れば全てブラックメタリック塗装にしても良かったのかなと、、、(筆者の個人的感想)。

「ホワイトレター」とは?
サイドウォールに刻印されているメーカー名が、白く色付けさせたタイヤのことをホワイトレターと言います。塗料によるペイントではなく、白いゴムを埋め込むことで成形されており、足元の存在感を強調できるアイテム。
 (50670)

特別仕様車のカラーバリエーションは、全部で5色をラインアップ。高級感アップになる2つのカラーと、日本人が好きな黒・白・シルバーという十八番カラーを採用しています。
 (50671)

トヨタハイラックス特別仕様車 Z Black Rally Editionの内装等

特別装備は、ステアリングホイールやオプティトロンメーターなど、かなり高価なパーツからアクセントパーツまで、数多く採用されています。

1.本革巻きステアリングホイール(ブラックメタリック加飾)
2.オプティトロンメーター(専用意匠)
3.センタークラスター(ブラック+メッキ加飾+ブラックメタリック加飾)
4.シフトノブ(本革巻き+ブラックメタリック加飾)
5.シフトレバーベゼル(ブラックメタリック加飾)
6.アッパーボックス(ボタン部[車名ロゴ入り+グレー加飾])
7.サイドレジスター(ブラック+メッキ加飾)
 (50672)

8.ルーフヘッドライニング&ピラーガーニッシュ(ブラック)
9.ドアトリム(ファブリック+ブラックメタリック加飾)
10.ルームパーテーション&バックパネルトリム(ブラック)

内張り関連が、最初から特別装備されており、ユーザーとしては他グレードとの違いを感じられる点。特別な空間になることで、高揚感も感じられる装備。
 (50673)

TRD専用パーツをZ Black Rally Editionにあわせて追加販売!

 (50674)

①フロントアンダースポイラー For Black Rally Edition 35,000円
ガンメタリックとシルバーメタリックのツートンカラーで、車両の特性を一層際立せる存在に。

②フォグランプベゼル For Black Rally Edition 30,000円
標準装備のフォグランプベゼルと交換。艶消しブラックにワインポイントで使用されているレッドカラーが、よりアグレッシブなフロントマスクを演出。

③マッドフラップ 37,000円
標準装備のマッドガードと交換。 ブラックとレッドの2色からチョイス可能。

④ハイレスポンスマフラー 95,000円

⑤サイドデカール 30,000円
フロントからリヤまでをつなぐ、このモデルをTRDと直ぐに認識できるTRDロゴデカール。

⑥フロントグリル 45,000円
ハニカムメッシュにTRDロゴを装飾したグリルが、一層迫力あるフロントフェイスにチェンジ。色は、ツヤ消しブラック(全ボディカラに対応)。材質は樹脂製(ABS)。

⑦フロントバンパーカバー 35,000円
フロントバンパーに装着することで、車両のワイド感をさらに強調。色は、ツヤ消しブラック(全ボディカラーに対応)。材質は樹脂製(ABS)。地上高は、オリジナルより約5mmダウン。

⑧フロントアンダーカバー 40,000円
TRDロゴが大きくデザインされたレッドカラーのアンダーカバーがオフロードスタイルをさらにバージョンアップに。色は、レッド。材質はスチール。地上高が、オリジナルより約25mmダウン。

⑨サイドステップ 100,000円
乗降性も考慮した、TRDロゴ入りの金属製サイドステップ。色は、ツヤ消しブラック(全ボディカラーに対応)。材質は、アルミニウム製。スチール地上高は、オリジナルより約10mmダウン。

⑩スポーツバー 100,000円
オフロードスタイルを強調するTRDロゴ入りのスポーツバー。色は、ツヤ消しブラック。材質は、アルミニウム製。

TRDパッケージも用意されており、フロントバンパーカバー+フロントアンダーカバー+サイドステップ+スポーツバー+TRDロゴデカールのセットで280,300円と単品価格よりお得になっています。
 (50675)

まとめ

トヨタハイラックス特別仕様車 Z Black Rally Editionの車両価格は、3.947.400円。ベースモデルのZでは、3,742,200円となっています。20万円ほどの価格アップですが、装備内容等からすると非常にお買い得。

さらにこの特別仕様モデルに合わせて、TRDからもパーツの追加設定が行われ、自分で自由にパーツを組み合わせることも可能に。日本のピックアップの可能性を広げていくアイテムとなっています。
19 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me