2018年2月19日 更新

フルモデルチェンジ新型スペーシア公開!カスタムは迫力の外観!ノーマルスペーシアは可愛らしい!発売日は2018年か!

東京モーターショー2017において、2018年初頭に発売が予定されている、新型スペーシアのほぼ市販バージョンが公開されました。 画像でその特徴を見てみましょう。

フルモデルチェンジ新型スペーシア公開!カスタムは迫力の外観!ノーマルスペーシアは可愛らしい!発売日は2018年か!

新型スペーシア公開!外観はフルモデルチェンジでまったく変わった!

キープコンセプトとは程遠い、まったくイメージが変わるフルモデルチェンジを行う新型スペーシア。

まずはノーマルの新型スペーシアの外観を見てみましょう。

ノーマルスペーシアの外観は?

 (16812)

角丸をモチーフにしたデザインで、全体的に柔らかい印象になった新型スペーシア。

緑のボディカラーも特徴的で、レトロでファニーな印象を受けますね。
 (16813)

グリルが赤く見えるのは、レッドカーペットを反射しているためで、実際には赤いラインは入っていません。

スクエアなボディのハイトワゴンの軽自動車ですが、ライバルとなるN-BOXやタントとは違う印象となりましたね。
軽自動車の規格いっぱいいっぱいに使ったデザインですが、各社とも個性を演出してきています。
 (16814)

ヘッドライトはアイライン調にポジションランプが光そう。
メッキグリルも付いていて見た目的に安っぽさはありません。
 (16817)

スーツケースをモチーフにしたという内外装は、たしかにスーツケースっぽいキャラクターラインが入っていますね。
日産のキューブのホイールキャップにも似たホイールキャップが可愛らしい印象です。
 (16823)

リアもボクシーなデザインで角丸がうまく個性になっていますね。
道具感のあるエクステリアデザインは、N-BOXやタントとも違うので良いかもしれませんが、ウェイク辺りとはキャラが被るかもしれません。
ただ、あちらはカクカクしたボディなので、新型スペーシアのほうが柔らかい印象です。
 (16824)

リアコンビネーションランプにはメッキ加飾がされていたり、市松模様の装飾がついていたり、細かい所の演出が凝っています。

単なるスクエアにならないように、この辺りは立体的な造形になっていますね。
 (16825)

リアを正面から見てみると、ボディサイドは垂直に立っており、スペースを最大限活かしているのがわかります。

バスっぽい印象もあり、それも女性には受けるかもしれませんね。

新型スペーシアカスタムの外観は?

一方で新型スペーシアカスタムは、先代スペーシアカスタムZを彷彿とさせるような迫力のデザイン。
 (16858)

迫力のグリルと、アイライン調に光るLEDポジションランプは、トヨタのアルファードのような印象です。

ダイハツのトール(トヨタルーミー)もミニアルファードに様相を呈していましたが、この新型スペーシアも奇しくもそれと似た印象になってしまいました。
 (16863)

メッキの大型グリルは軽自動車とは思えないほど押し出し感が強いですね。
たしかに立派にゴージャスに見えます。
 (16894)

サイドビューは基本的にノーマルのスペーシアとそれほど変わりはありませんが、ホイールが違いますね。
そしてこちらの新型スペーシアカスタムは、ツートンルーフになっています。
 (16897)

リアも基本的には同じデザインですが、ガーニッシュがメッキになっていたり、リアコンビネーションランプが違うデザインになっていたり、バンパー下部がエアロ調になっていたりと、カスタムのほうがカッコよさを求めたデザインになっていますね。

新型スペーシアの外観はカッコイイ!

 (16917)

ノーマルとカスタムの新型スペーシアの外観は、それぞれ別のキャラクターが与えられ、特にカスタムは迫力のフロントマスクによって、軽自動車の枠を超えた質感になっています。
好みはあるかと思いますが、ライバルであるN-BOXやタントに負けない個性を有したと言っても過言ではないでしょう。

フルモデルチェンジ前のスペーシアには、スペーシアカスタムの他にスペーシアカスタムZという、さらに厳ついモデルがありましたが、新型には用意がありません。
何故ならば、この新型スペーシアカスタムですでにこれだけの迫力の外観デザインになっているので、これ以上迫力を出す必要がないからなんだそうで。

そして、新型スペーシアの進化は外観だけに留まりません。
 (16927)

新型スペーシアの内装もチェック!

スーツケースをモチーフにしているのは、外観だけではありません。

新型スペーシアでは内装もスーツケースをモチーフにデザインされており、助手席ダッシュボードはまさにスーツケースそのもの。
 (16906)

内装デザインは、カスタムもノーマルも基本的に同じで、使われているマテリアルが一部異なるだけになります。

↑がノーマルの新型スペーシアの内装。

↓が新型スペーシアカスタムの内装です。
 (16908)

黒でもちゃんとスーツケースのように見えますね。

ただ、デザイン性を重視しているので、天板部分は物を置いておけるようになっていないので、実質的にデッドスペースとなってしまうのはもったいない。

トレーのような形状になっていたらと良かったですが、そこはデザイン重視です。
 (16915)

さらに、新型スペーシアの特筆すべきポイントとして、軽自動車として初となる、カラーヘッドアップディスプレイが採用されます。
 (16924)

ガラス投影型なので、見た目的にもスッキリしており、さらに標識読取機能で、速度規制などの情報をここに表示させることができます。
軽自動車の枠を超えた先進装備ですね!

新型スペーシアではクリープ走行をEVですることができる!

さらに、新型スペーシアでは、マイルドハイブリッドながらバッテリー容量を拡大したことで、若干のEV走行が可能となり、クリープをエンジンを使わずにモーターで走行することができるようになったとのこと!

アクセルを踏んでしまうとエンジンはかかりますが、ソロリと走り出す瞬間のクリープはモーターで進むことができるようになりました。
これはスゴイですね。
マイルドハイブリッドの性能は、スズキが一番進んでいますね。
これにより、燃費もかなり期待できそう。

すでにハイトワゴンの中ではスペーシアがダントツの1位となっている燃費性能ですが、新型スペーシアではさらに燃費が向上しそうです。
 (16970)

新型スペーシアの発売日は2018年1月?

気になる新型スペーシアの発売日ですが、2018年1月になりそう。
スズキは毎年、1月の初売りのタイミングで新型車を投入することが多いので、この新型スペーシアもそのタイミングになる可能性が高いです。

ライバルであるホンダのN-BOXも8月末にフルモデルチェンジをしたばかりで絶好調なので、それにどこまで迫れるかが注目です。
46 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部