2017年11月29日 更新

トヨタ新型カムリ試乗インプレッション!走りの評価は?セダン復権なるか?!

2017年7月にフルモデルチェンジを行った新型カムリに試乗させてもらいました。 新開発「ダイナミックフォースエンジン」とハイブリッドの組み合わせはどんな走りをみせてくれるのでしょうか。

トヨタ新型カムリ試乗インプレッション!走りの評価は?セダン復権なるか?!
 (18947)

トヨタ新型カムリってどんな車?

新型カムリのパワートレインはすべてハイブリッドで、駆動方式はFFのみとなります。
今回の新型カムリにはTNGAエンジンとも呼ばれる次世代新開発エンジン「Dynamic Force Engine」が初採用されます。

2.5L直4エンジンのこの新型エンジンは第4世代ハイブリッドシステムと組み合わられることで、33.4km/Lというクラストップレベルの燃費性能を実現(ベースグレードX)。

旧型カムリハイブリッドの23.4km/Lを大幅に上回るだけでなく、ライバルとなるホンダアコードハイブリッドの31.6km/Lにも並ぶ燃費性能となっています(ベースグレードX以外は28.4km/L)。

この新型エンジンは燃費だけではなく、出力やトルクも向上しています。
最高出力は178ps、最大トルクは221N・m(kgf・m)となっており、高出力ながらも低燃費を両立したすごいエンジンになっています。
しかも、レギュラーガソリン仕様で財布にも優しくなっています。

新型カムリのエクステリアをチェック

新型カムリのボディサイズは全長4,885mm×全幅1,840mm×全高1,445mm、ホイールベースは2,825mmとなり、現行型カムリからは35mmほど全長が伸びる程度ですが、4,885mmの全長は、クラウンアスリートの4,895mmに迫り、マークXの4,770mmよりも10cm以上長いので堂々としたボディサイズとなります。
 (18949)

試乗させてもらったのは中間グレードとなる新型カムリ「G」、価格は3,499,200円からとなっています。

こちらの「G」の主要装備は、ベースグレード「X」の装備に加えて

・フルLEDリアコンビネーションランプ
・17インチタイヤ&アルミホイール
・タイガーアイ調インテリア加飾

・T-Connect SDナビ(6スピーカー)(オプション)
・カラーヘッドアップディスプレイ(オプション)
・ブラインドスポットモニター(オプション)
・リアクロストラフィックアラート(オプション)
・インテリジェントクリアランスソナー(オプション)
・リアクロストラフィックアラートブレーキ(オプション)
・おくだけ充電(オプション)
・パノラミックムーンルーフ(オプション)
・アクセサリーコンセント(1500W電源)(オプション)

などとなります。
標準でついてくる装備は、17インチアルミホイールや、LEDリアコンビネーションランプ、内装の質感向上くらいで、あとはオプション設定が可能になるという感じです。
カラーヘッドアップディスプレイやブラインドスポットモニターは、この「G」以上のグレードじゃないとオプションで装着できないということになります。
ベースグレード「X」でもトヨタセーフティセンスPは付いていますので、さらなる安全装備のブラインドスポットモニターやインテリジェントクリアランスソナーなどを付けたい方は「G」以上を選択してオプションで装備する必要があります。

それらのオプションを付けると、価格は必然的に高くなってしまいそうですね。
 (18951)

新型カムリのエクステリアは、大きく口を開いたクジラのようなバンパーが特徴的。

このバンパーデザインは好みが分かれるところだと思いますが、実際に街中で走っているところを見るとカッコよく見えました。
 (18953)

新型カムリの内装をチェック!

続いて新型カムリに乗り込んでみましょう。
 (18956)

新型カムリのドアトリムは、ステッチ付きの合成皮革で覆われていたり、LEDのカーテシランプが付いていたりと、質感は悪くはないですが、ハリアーなどと比べると少し質感は劣る感じがします。

ウインドウスイッチ台座部分もピアノブラックや木目調にはなっていませんでした。
 (18958)

上級グレードになると変わるのかもしれませんが、300万円以上する中間グレードなので、もう少し質感演出があっても良いのではないかと思いました。
 (18960)

新型カムリ「G」のシートはファブリックながら、パワーシートになっていました。

ドアシルにも金属のプレートが付いています。

アクセルペダルはなんとオルガン式。
この辺りはトヨタとしてはかなり頑張って作られている感じがします。
 (18962)

51 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ドラヨス ドラヨス