2018年10月12日 更新

サファイアを意味する限定モデル「ザッフィロ」が、フィアット500(C)で限定数量・特別装備で販売開始に!

秋の限定数量企画ともいえる500 Zaffiro・500C Zaffiroが販売開始となりました。エレガントなカラーを身にまとい、足元も専用ホイール、内装では専用レザーシートを装備してもいるようです。このモデルを調査してみます!!!

サファイアを意味する限定モデル「ザッフィロ」が、フィアット500(C)で限定数量・特別装備で販売開始に!

500 Zaffiro・500C Zaffiroのエクステリア・特別装備等

Zaffiro(ザッフィロ)は、イタリア語で「サファイア」という意味。

サファイア色のボディカラーを纏って、エレガントな仕上がりの限定車「500 / 500C Zaffiro(チンクエチェント / チンクエチェントシー ・ザッフィロ)が登場。

専用デザインアルミホイールやポルトローナ・フラウ社製のブラウンレザーのシートを特別装備し、そしてキラリと輝く多彩なクロームパーツの採用、そのすべてが上質な雰囲気に。見るたびに、乗るたびに。心がきらめく日々になってくれるよう企画されたモデルと言えますね。
 (46450)

500 Zaffiro・500C Zaffiroともにサファイアカラーをモチーフに街中でも映えるディテールとなって登場したと言えるのではないでしょうか?!エクステリアカラーは、エピックブルーを採用しているとの事。

500 Zaffiroは、全国限定100台。500C Zaffiroは、全国限定30台という数量限定モデルでもあります。
 (46451)

特別装備等

特別仕様ホイール
16インチ 24スポーク Xデザインアルミホイール+195/45R16 タイヤ

最近の傾向としてY字ホイールやY字ダブルスポークデザインと言うのが多くなってきている中、Xデザインと言うのも斬新であると言えますね。足元をさりげなくアップさせるために専用化していることが想像できますね!
https://spyder7.com/ (46366)

via https://spyder7.com/
ミラーハウジングも特別装備。
クローム仕上げエクステリアミラーハウジング

ボディ同色サイドミラーからメッキ装飾に変更するだけで、一見すると違うモデルに見えるくらいのインパクトも与えてくれますね。ただ500の場合は、そのデザイン自体が長きに渡り販売されていることも有り、モデル印象というより、良いアクセントや周りのメッキ装飾に併せての装備になっているのではないでしょうか!
 (46367)

500 Zaffiro・500C Zaffiroの特別シート

Frau®レザーシート(シートカラーは、ブラウン/アイボリーのミックス)

イタリアのラグジュアリー家具ブランドである「ポルトローナ・フラウ」のレザーを使用することで上質なレザーのシートに仕上がり、座り心地のいい快適なドライブと落ち着いた車内空間を演出。

筆者的には、シートのデザインやカラーは非常に良いと思います。欲を言えば・・・(私的感情)、内装のルーフパネルが真っ白となっており、エクステリアとはマッチするのですが、シートとのコントラストでは、どちらかが浮いてしまっているような・・・。明るいアイボリーまたはトリムと同じブラックなんかでも良かったかなと!
 (46368)

500 Zaffiro・500C Zaffiroの主要装備

ベース車両は、500(C) TwinAirとの事

この限定モデルの装備は・・・

視界関連
・バイキセノン ヘッドライト(光軸自動補正式)
・ヘッドライトウォッシャー(ポップアップ式)
・フロントフォグランプ
・LEDデイランプ

インテリア関連
・Frau®レザーシート
・高さ調整式シート(運転席)
・アルミキックプレート(Cのみ)
・レザーステアリングホイール(オーディオ / ハンズフリーコントローラー付)
・マルチファンクションディスプレイ
・トリップコンピューター

エクステリア&サスペンション関連
・フロント / リアバンパー(ボディ同色)
・クローム仕上げドアハンドル
・クローム仕上げエクステリアミラーハウジング
・クローム仕上げキット
・16インチ 24スポーク Xデザイン アルミホイール+195/45R16 タイヤ

オーディオ&エアコン関連
・フルオートエアコン(ダストポーレンフィルター付)
・FM + AMチューナー付 オーディオプレイヤー(Uconnect®)、7インチタッチパネルモニター

セーフティ関連
・フィアット コードII(イモビライザー)
・ESC(エレクトロニック スタビリティ コントロール)
・ニーエアバッグ(運転席)
・フロントデュアルエアバッグ(助手席キャンセラー付)
・サイドエアバッグ(前席シート組込型)

など他多数の装備が標準化されており、この小さな車にいろいろな装備も付属されていることに感心もします。元々、背の高いヨーロッパ人(イタリア人)でも乗れるようなシート位置等のお陰で日本人でも普通に乗れる車に仕上がっているともいえますね!

500 Zaffiro・500C Zaffiroのパワートレイン等

エンジン種類は、直列2気筒8バルブ マルチエアインタークーラー付ターボ
総排気量 875cc
最高出力 85ps / 5,500rpm
駆動方式 FF
トランスミッション形式は、ATモード付5速シーケンシャル(デュアロジック)

実は、筆者が非常に注目している部分であるパワートレイン。2気筒というシリンダー数で85psを出していると言うのが魅力でもあり、フィアットらしい部分でもあると思います。
 (46399)

まとめ

フィアットでは、500や500Cの基本的なエクステリアデザイン等はあまり変更せず、季節感や記念感のあるモデルを一年に多く企画して、特別装備・限定数量で販売してますね。デザインにこだわりを持ったユーザーや新しく乗ってみたいと思う新ユーザーの両方にうれしいモデルを販売しているともいえますね。

今回は、サファイアカラーをモチーフにした2モデルが、限定数量・特別装備で販売されることとなりました。綺麗でエレガントなカラーを店頭で見てみては如何でしょうか!!!
 (46369)

21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me