2017年4月11日 更新

ホンダN-BOX人気の秘密に迫る!【2】内装は軽自動車を超えた質感!

どうしてそんなに売れるのか!?2015-2016年の軽自動車販売ランキング第一位となったホンダのN-BOX。 2011年末のデビューから6年目に突入していますが、未だに人気モデルとなっている理由はどこにあるのでしょうか?第二回目は内装の秘密に迫ります。

 (6084)

ホンダN-BOX人気の秘密に迫る!【1】フルモデルチェンジは2017年8月!

ホンダN-BOX人気の秘密に迫る!【1】フルモデルチェンジは2017年8月!
前回はホンダのN-BOXカスタムのエクステリアのインプレッションを行っています。 前回記事はコチラの上部リンクをクリック!

ホンダN-BOXカスタムの内装をチェック!

ではさっそく前回の続きとして、ホンダN-BOXカスタムの内装を見てみましょう!

まずは運転席ドアを開けてみましょう。
 (6047)

ホンダN-BOXカスタムは、ドアハンドルもメッキ加飾されていて、質感がいいですよね。
脳色のボディに映えます。
 (6049)

では運転席ドアをご開帳!
90度近くまで開くのはすごい!

ドア一枚の開口部も広いですねぇ。
さすがハイトワゴン。

フロアも低くて乗り込みやすいです。
 (6050)

N-BOXカスタムのドアの内側はこんな感じです。
ピアノブラック調の化粧パネルや、シルバーのウインドウスイッチ台座など、軽自動車の質感を超えているとも思います。
これよりも質感低い輸入車とか結構ありますよ・・・

天井が高くて広々!

 (6051)

N-BOXの運転席を見てみましょう。

開口部が広いので乗り込みやすいですね。
それにしても天井が高い!
 (6052)

ベンチシートになっているので、雨の日の送り迎えのときのドライバーチェンジでも濡れずに助手席から移動できるのは良いですね。
こういうところが軽自動車ならではの良さでもあります。
 (6074)

ベンチシートの中央には可動式のアームレストがあり、そこにもちょっとした小物入れがありますが、飲み物は置けないような感じ。
置けないこともないかもしれませんが。
せめてスマホとかでしょうかね。

続いては、N-BOXのステアリングホイールを見てみましょう。
 (6053)

N-BOXカスタムのステアリングですが、本革巻きでステアリングスイッチまで備わっています。
しかもパドルシフトまで付いていて、下手な普通車よりも機能が充実しています。
最近はパドルシフトを省いた車も増えてきました。
 (6054)

37 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部