2018年7月17日 更新

財布に優しい中古コンパクトカー選び!3代目スズキスイフト

コンパクトカーが欲しいけど、新車はちょっと予算が…という方へ。手頃な中古のコンパクトカーはいかがでしょう?ひとつふたつ前のモデルだと、現在でも通用する実力を持ちながらも、値段は実にお手頃。筆者が実際に乗り比べ、感じた事を率直にレビューします。皆様のクルマ選びの一助となれば幸いです。

財布に優しい中古コンパクトカー選び!3代目スズキスイフト

どんなクルマ?

スズキスイフトは、日本だけでなくヨーロッパやインド、中国などでも販売されているクルマです。

低価格が売りだった初代から脱却し、海外でも評価されるスタイリングやスポーティーさを持たせた2代目。それをさらに正常進化させたのが3代目スイフトです。デザインはキープコンセプトながら、フロントグリルに存在が持たされました。

また、室内の質感が全体的に向上しています。それでいて、ベースグレードは130万円程度という低価格を実現していました。エンジンはスイフトスポーツを除くと1,200ccのみとなっています。2010年9月から、2015年11月まで販売されていました。
スイフト(スズキ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (36250)

3代目スズキスイフトのここがイイ!

コンパクトカーとは思えないドライバビリティ

2代目からの特徴ですが、スイフトは国産車とは少し違った味付けがされています。おそらく欧州市場を強く意識したのでしょう。高速での安定性が抜群に良く、コンパクトカーには不向きな高速道路の長距離ドライブが苦労することなくこなせます。ステアリングや足回りが安定しており、直進時に修正舵を当てる必要があまりありません。

またボディー剛性も高く、他車種に比べ不快な振動やノイズが少なめです。そして剛性が高いということは、峠道に持ち込んでも安定して楽しく走れるということを意味します。

装備が充実

全グレードにおいて、フルオートエアコン、キーレスプッシュスタートシステム、全面UVカット機能付ガラス、6スピーカー、チルト&テレスコピックステアリングが標準装備されていました。ベースグレードが130万円のクルマにしては驚きの装備です。

インテリアの質感が大幅進化

先代のスイフトのインテリアも悪くありませんでしたが、3代目はぐっと質感がアップしました。エアコンの風量・温度調整のダイヤルやモード選択のボタンは、コンパクトカーにしては贅沢な質感があります。ダッシュボードやドアトリムも、プラスチックの安っぽさはうまく隠されています。
スイフト(スズキ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (36251)

3代目スズキスイフトのここはそうでもない…

リアシートの狭さ

リアシートは正直窮屈です。フロントシートとのクリアランスは少なく、リアシートの背もたれの角度は立ち気味なため、長時間乗ると疲れてしまいます。また、身長のある人は頭とルーフの間に余裕がなく、圧迫感を感じてしまいます。

ラゲッジスペースの狭さ

リアシートを倒さない状態だと、ラゲッジスペースの狭さはどうしても気になります。1家族の1週間分の食料品の買い物に出かけると、場合によっては積みきれない可能性があります。
トランク部分の底板を外すと更に収納スペースが出現しますが、大幅に収納が増えるといったわけではありません。

パワー不足

グレードによっては1トンを切る3代目スイフトですが、1,200ccエンジンの非力さは気になります。

91ps(67kW)/6000rpm、12.0kg・m(118N・m)/4800rpmを発揮しており、ライバルと大差ないように思えますが、なにぶんボディー剛性と足回りに非常な余裕があるため、アンバランスな印象を受けます。

もう少しパワーを持たせれば、ヨーロッパ仕込みの足回りと相まって、欧州プレミアムコンパクト勢に正面切って挑むことができたのではないかと思います。
スイフト(スズキ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (36252)

まとめ

3代目スイフトは、低価格でショッピングカートとゴーカートを両立させた稀有なクルマだと言えます。ユーティリティー面でライバルに劣る面はありますが、その分走りに関する部分が抜きん出ています。

中古市場は20万円~160万円で、平均価格は60万円程度となっています。タマ数は比較的豊富で、荒い乗り方をされている車両はあまり多くないように見えます。

筆者おすすめのグレードは「RS」です。スイフトスポーツほど走りに振り切らず、欧州仕様のダンパー、タイヤ、パワステコントローラを装備し、控えめなエアロパーツが装着されています。インテリアは専用ファブリックシート、本革巻きステアリングホイール等が装備され、さらに質感が高められています。

新型スイフトが発売されて時間が経ちましたが、3代目スイフトのスタイリングはまだ古さを感じさせません。コンパクトカーでも走りを楽しみたいという方は、ぜひ3代目スイフトを候補に挙げてみてはいかがでしょうか?
スイフト(スズキ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (36253)

22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

ミナト自動車㈲ ミナト自動車㈲