2017年9月22日 更新

新型BMW X7が2018年発売!?最新情報などまとめて解説!

BMW最大のXシリーズとなる、X7が遂にフランクフルトモーターショーにてお披露目となりました。今回はそんな新型車両であるBMW X7について最新情報などをまとめてご紹介したいと思います!

新型BMW X7が2018年発売!?最新情報などまとめて解説!

Xシリーズ最高級となる新型BMW X7

BMW X7 Concept iPerformance - Concept Vehicle - BMW USA (15064)

日本で販売される自動車の人気は一昔とは大きく異なり、セダン等の車両は以前に比べ人気が落ち、その分ミニバンやSUVといった車両の人気は強くなったように感じます。

特にSUVの人気は凄まじく、どのメーカーにも1台売れ筋のSUVが存在しているように感じますね。

そんなSUVですが、その人気は海外でも変わらずドイツの自動車メーカーBMWでも大きな人気を得ているジャンルなんだとか、、、

運転する環境的にも海外の方が人気が出るのも当然かもしれません。

BMWのSUVといえばXシリーズですが、そんなXシリーズに新たな車両が増えるようです!

新型BMW X7はXシリーズ最大級となる広さと、最高級となるラグジュアリーさを兼ね備えたBMWの最高級SUVとなるようですが、一体どのような車両となるのでしょう?

今回は新型BMW X7のわかっている最新情報をまとめてご紹介していきたいと思います!

フランクフルトモーターショーにコンセプトモデルが登場!

BMW X7 Concept iPerformance - Concept Vehicle - BMW USA (15069)

新型BMW X7ですが、コンセプトモデルがフランクフルトモーターショーにて既に公式デビューしています!

見た目についてですが、一際大きくなったキドニーグリルとこれまで以上に細く力強いフロントライトが特徴的な顔つきとなっていますね。
BMW X7 Concept iPerformance - Concept Vehicle - BMW USA (15071)

また、リア周りに関しても大きさを感じさせないようなスタイリッシュでシャープな印象の強いリアランプなど、画期的と言えるデザインに進化して見えます。

現在のBMWとデザイン比較をするのであれば、キドニーグリルの好みが出そうですが、挑戦している姿勢などは好印象を感じさせてくれます。

またサイズ感とシャープなランプ類がアクセントとして際立っているように感じ、これはこれでカッコいいと個人的に思います!

BMW X7 Concept iPerformance

最高級インテリアで気分も開放的に!

BMW X7 Concept iPerformance - Concept Vehicle - BMW USA (15073)

新型BMW X7は最高級SUVとして登場する訳ですが、サイズとしてもSUV最大級となります。

そのため6人乗りの車内は、既に登場しているどの車種より乗りやすく快適なものとなるでしょうが、それを演出するパノラマルーフの存在も忘れられませんね。(コンセプトは6人乗りで設計されています)

フロントからリアまでまるで一体となっているかのような、新型BMW X7のルーフですが、単純にクリアーとなるだけでなく画像のようなリッチな照明としても力を発揮するようです!
BMW X7 Concept iPerformance - Concept Vehicle - BMW USA (15075)

新型BMW X7は高級感と近未来をうまく配合させた、新たなBMWの先駆けとなるような車両になりそうですね!
BMW X7 Concept iPerformance - Concept Vehicle - BMW USA (15078)

メーター周りに関しても同じようにうまくそのバランスが保たれており、所有する楽しさを感じさせてくれるようなコックピットとなっています。

この車においては、運転するより助手席に乗る方が快適なのかもしれませんが、BMWの持つ運動性能とこのコックピットによって運転者の気持ちを盛り上げてくれることでしょう。

後部座席のとても高い快適性

BMW X7 Concept iPerformance - Concept Vehicle - BMW USA (15080)

新型BMW X7の後部座席はここまでご紹介した高級感やサイズ感、パノラマルーフによってその快適性を証明できたと思いますが、このディスプレーもその快適性に大きく役立っていることを忘れてはいけません。

これは、通常のバックレストモニターと異なり、フロントのメインコンソールに存在するマルチモニター同様の機能性を実現しているとのこと。

簡単にいえば、後ろでもインターネットに繋がった大きなモニターを使って様々な時間つぶしができる。

そういうことになります!

これはかなり言い方が荒いですが、モニターを見る限りでも各々が好きな情報を仕入れることが可能で、車両全体が同じコンテンツを見る必要もないかもしれません。

さすがにパノラマルーフから見える景色や目的地は共有しているので、そこまで仲が悪いことはないでしょうが、見たい映像や知りたい情報で喧嘩する必要は新型BMW X7において必要ないのかもしれませんね。

気になる走行性能は?

BMW X5 : エンジン (15083)

今回フランクフルトモーターショーにて発表された新型BMW X7は正式に言うと、BMW Concept X7 iPerformanceです。

コンセプトカーですので、concept(コンセプト)と入るのは当然のことながら、iPerformancが気になる方もいるかもしれません。

このiPerformancと言うのは、いわゆるBMWのエコ技術の愛称のようなものです。

主にBMWでのPHV車両のことを指すのですが、新型BMW X7のメインエンジンもこのPHVと予想されます。

他にも様々なラインナップが考えられますが、既にX5iPerformancの直4エンジンではなくサイズが大きくなっている分、直6エンジンを採用するのではないかと予想されているようです。

ですので、現段階では直6ツインターボエンジンにモーターを組み合わせたエンジンラインナップが有力かと思われます!

日本では2019年に発売か!?気になる価格は?

BMW X7 Concept iPerformance - Concept Vehicle - BMW USA (15086)

フランクフルトモーターショーにて初披露された新型BMW X7についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

実際の市販化は順調にいけば2018年内とされているので、日本で購入できるのは2019年頃となりそうです。

ちなみに価格に関しては、現段階で明確な金額が出ていないものの、最高級SUVとなるだけあって1000万円オーバーは避けられないでしょう。

2000万円はさすがに超えないと予想されているようですので、おおよそ1200〜1500万円あたりが現実的かと思います。

とはいえ、1200万円の自動車は私にとって現実的ではないのですが、いつかはこんな高級車に乗って見たいものですね、、、

さらに詳しい新型BMW X7の情報に今後も目が離せなくなりそうです!
25 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

はるあき はるあき