2017年11月26日 更新

今さら聞けないエコランの仕方!ガソリンを節約するにはどうすればいい?軽自動車のエコラン方法

軽自動車ではどのようなことに気をつければ省燃費運転(エコラン)できるのでしょうか?その方法を解説します。

今さら聞けないエコランの仕方!ガソリンを節約するにはどうすればいい?軽自動車のエコラン方法
thinkstock (18847)

軽自動車のガソリンを節約したい!

クルマが走る上で、どうしても無くてはならないのがガソリンを初めとする燃料。
クルマと切っても切れない関係であるこのガソリンですが、昨今の原油高の中でどんどんガソリンは値上がりし、お財布を痛めつけていく一方です。

基本的にはクルマの燃費はクルマの元々の性能に寄ってしまうものですが、それでも運転しているクルマに合わせた効率の良いエコドライブ(エコラン)方法を実践すれば今よりも更に燃費が良くなるはず。

もし普段15km/Lの燃費で燃料タンクが30Lのクルマにお乗りだとして、エコランによって燃費が2km/L良くなれば、60km近くも多く走ることができる計算になります。

軽自動車の大きな魅力の一つに維持費の安さがあります。
その魅力をドライバーのテクニックで更に高めていくために、この記事では簡単に出来るエコランの方法をお伝えします。
thinkstock (18848)

そもそもエコランってどうやるの?

エコランとは何か?ということですが"クルマを低燃費で走行させる手法"と訳されるのが一般的です。

一般的にアクセルを踏めばクルマはガソリンを消費しますから、無駄にアクセルを踏まない(=ガソリンを無駄に消費しない)運転方法がエコランだと言えるでしょう。

ではどうしようか、という所で……まずは"急加速と急減速を避ける"ことが大切です。
具体的にはアクセルの踏みすぎと急ブレーキを控える、ということです。
ゆっくり加速して、先のほうでクルマが停まっていたらアクセルから足を離してエンジンブレーキを利用する。

文字にするととっても簡単に思えますが、様々なクルマと一緒に走る公道上では意外とむずかしいものです。
ガソリンを節約するために事故を起こしてしまったら元も子もありませんから、出来るだけ周りの車両の流れに沿う必要があります。

つまり、"周囲の流れを邪魔しないように、かつアクセルを出来るだけ踏まないようにする"ということが大事です。

とはいえ、すべてのクルマが同じような性能ではないように、クルマ自体のトランスミッション(変速機構)によっても正しいエコラン方法は変わってきます。
現代のクルマにおいて一般的なAT車(オートマチック車)とCVT車(無段階変速車)の加速方法について、次の項にて解説します。
thinkstock (18850)

AT車(オートマチック車)はどうすればいい?

AT車(オートマチック車)については、出来るだけ早く燃料消費率の低いトップギアに変速させることが重要です。
基本的には一定の速度に達すると上段ギアに変速する機構のものがほとんどとなっていますので、目標とした速度まで一気に加速してしまうのが良いでしょう。

もちろん、最初の加速時にはアクセルを多めに踏み込んでしまうことになります。
ですが、上段ギアに変速した後は速度の維持にアクセルを調整するのみとなりますので、走行距離をトータルで考えた際にはアクセルの踏み込み量が減り、消費するガソリンも少なくなります。

とはいえ、無駄にアクセルを踏んでしまうと危険ですしガソリンも無駄に消費してしまいますから、いつもよりほんの少し強く踏むくらいで十分です。

"アクセルに足を乗せるだけで速度を維持できる状態"を長く続けるようにするのがコツです。
thinkstock (18851)

CVT車(無段階変速車)はどうすればいい?

CVT車(無段階変速車)には有段の変速ギアがなく、エンジンの回転数に合わせて機械が自動的に最適な調整をしてくれます。

よって、"エンジンの回転数を抑えながら目標速度まで到達する"ことが重要です。
例えば60km/hで走行している際に速度を維持できる回転数が2000回転だった場合、停止時からの加速で出来る限り2000回転を超えないようにアクセルを調整することがエコランにとって重要となります。

とはいえあまり極端にゆっくり加速してしまうと流れを邪魔してしまう上に後続車に追突される危険性もありますから、周囲の状況を把握しながらエコランを行う必要があると言えるでしょう。

最後に

省燃費運転を行う上でいちばん大切なことは"周囲に迷惑を掛けない"ようにすることです。

ひたすらにゆっくり加速して自分の燃料消費を抑えても、周りが不快に思うようなドライビングでは意味がありません。
ガソリン消費を抑えるということだけにこだわらず、ゆったりとした気持ちで運転することで結果的にガソリンの消費は少なくなります。

交通の流れを乱さないように注意して、ガソリン代を節約しましょう!
thinkstock (18852)

15 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mi Mi