2017年7月3日 更新

軽自動車の維持費ってガソリン代以外にいくらかかるの?

軽自動車の維持費を考えた場合、ガソリン代以外に何にお金がかかるか調べてみました。

軽自動車の維持費ってガソリン代以外にいくらかかるの?
thinkstock (11160)

軽自動車購入時の不安

さあ、あなたは軽自動車の購入を決めました。
しかし、軽自動車は一体維持費がどのくらいかかるのか?ガソリン代以外に毎年いくらくらい用意しておけばいいのか?ということが気になりますよね。
今回は、参考までに、1年間、および車検時にかかる費用などを、あくまで目安ですが、調べていきたいと思います。

新車購入時にかかる税金諸費用

thinkstock (11165)

軽自動車税
平成27年4月1日以降に登録された軽自動車は毎年10,800円の軽自動車税がかかります。

取得税、重量税、自賠責保険について
ある一定の基準を満たした車に関しては、減税があるので、取得税、重量税が減税されます。減税対象車でない場合、取得税(車両代金により異なる)はおよそ20,000円~35,000円、重量税に関しては9,900円となります。
自賠責保険は減税車両関係なく、35,610円かかります。
それ以外には、登録諸費用などが発生します。

法定一年点検費用および車検費用

thinkstock (11168)

法定一年点検費用
お店によって異なりますが、一般的なディーラーの場合1万数千円です。
新車購入時に、メンテナンスパックなるものを購入している場合、点検費用(主に工賃)が車検前まで無料になることがあります。

車検時にかかる税金諸費用
車検は、新車購入時から3年後、その後は2年ごとに発生します。
お店によって異なりますが、定期点検料金、検査代行費用等含め50,000円前後。
これに、重量税、自賠責保険、印紙代等がプラスされます。
重量税、自賠責保険は、車種に関わらず一律で、重量税6,600円 自賠責保険25,070円となります。

出来れば半年に一度のオイル交換

thinkstock (11171)

新車購入時に、メンテナンスパックなどに入っている場合、年2回のオイル交換、および1年ごとのオイルフィルター交換は無料になりますが、そうでない場合は、1回につき、数千円の費用が掛かると考えていてください。

数年に一度のタイヤ交換

thinkstock (11174)

タイヤは使い方にもよりますが、走行距離かかわらず、ひびなどの状況により4年くらいで交換することをお勧めします。
サイズにもよりますが、軽の場合、普通車より安く済ませることが出来、国産タイヤでも4本で工賃込でも3万円程度で収まる場合もあります。
タイヤの値段に関しては、取り扱いメーカー、ディーラー、ショップによって異なりますので、ご参考程度でお願いいたします。

任意保険には必ず入りましょう

thinkstock (11177)

車購入時には、万が一の事故に備え任意保険の加入をお薦めしますが、保険の料金などは、保険会社や、車種、名義人の保険等級によって異なり一概には言えませんが、軽自動車は1500ccクラスの普通自動車などに比べても、安くなる傾向にあります。

まとめ

軽自動車も維持費が安いとはいえ、それなりにお金がかかり続ける買い物です。税金や、車検費用など前もって、少しずつ貯蓄しておけば、ゆったりとした気持ちで楽しくカーライフを送ることが出来ると思います。
20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

木原 充 木原 充