2018年4月21日 更新

【最新情報】2018年8月頃に新型シエンタが登場!?マイナーチェンジの内容を予想します!

トヨタのミニバンといえばノアやヴォクシー、高級なところでいくとアルファードやヴェルファイアが有名ですが、コンパクトミニバンとして人気の高いシエンタも忘れることができない存在です。フリードと人気を分けるシエンタですが、2018年にマイナーチェンジすることが予想されているのだとか!そこで今回は、そんな新型シエンタの最新情報に迫りたいと思います!

【最新情報】2018年8月頃に新型シエンタが登場!?マイナーチェンジの内容を予想します!

新型シエンタが2018年に登場か!?

トヨタ シエンタ | 走行性能 | エンジン・ハイブリッド | トヨタ自動車WEBサイト (25037)

ファミリーユースに人気の高いミニバンですが、現在ではミニバンの広い室内だけでなく、燃費や価格といった経済性も大切な要因の1つとなっております。

そして軽自動車でもわかるように、広いスペースでありながら運転がしやすく使い勝手の良いN-BOXのような車両が多くの人気を集める中、同じくコンパクトミニバンも大きな人気を集めるボディー形状の1つと言えるでしょう。

日本自動車販売協会連合会の2018年1月のデータによると、最も人気を集めるミニバンが7,823台の日産セレナであることに対して、今回ご紹介するシエンタも6,635台と同じく高い人気を誇っていることがわかります。

また、ライバル車両であるフリードの6,050台に対しても若干ながらもリードするトヨタのシエンタですが、そんなシエンタが2018年にビックマイナーチェンジする予想されております!

そこで今回は、2018年に登場するとされる新型シエンタの気になる変更点などについてわかっている情報をお伝えしたいと思います!

新型シエンタの主な変更点とは?

トヨタ シエンタ | 外観 | トヨタ自動車WEBサイト (25039)

2017年にマイナーチェンジを行なったシエンタですが、その際にも主な変更点について以下の記事をチビカでご紹介しました!
その際にマイナーチェンジ情報だけでなく、フリードとの簡単な比較もご紹介しております。

そんなマイナーチェンジから約1年でさらなるマイナーチェンジが行われるとのことですが、一体どのような変更が見られるのでしょうか?

現在予想されている変更点には以下のようなものが挙げられます!
・エクステリアの大幅な変更やカラーの追加
・インテリアの細部変更
・安全面での充実
現在のところは確定情報などはないものの、通常行われるようなデザイン変更に加え、C-HRなどでも人気の高いシーケンシャルウインカーなどの採用、またはツートンカラーなどの採用といったさらなる遊び心のある1台へと進化が期待できそうです!

特に、シーケンシャルウインカーには高い人気が集まっており、遊び心を売りにするシエンタにとって必要なそうびといえるのではないでしょうか!?
トヨタ C-HR | 安全性能 | トヨタ自動車WEBサイト (25046)

また、ミニバンとして必要な安全装備に関しても、現在主にメーカーオプションとなっているトヨタセーフティーセンスCを一部標準、または全車標準装備にするなどの変更に期待できそうです!

ちなみにトヨタの安全技術に関しては、以下の記事のような次世代型トヨタセーフティーセンスPが発表されるなど着実に進化を遂げ続けております。
価格などの関係とマイナーチェンジであることを考慮すると、新型シエンタに第2世代のセーフティーセンスPが搭載される可能性は低いと思われますが、これらの技術もフルモデルチェンジ後に搭載が期待できそうです!

新型シエンタの気になる価格や燃費は?

トヨタ シエンタ | 走行性能 | エンジン・ハイブリッド | トヨタ自動車WEBサイト (25050)

上記でご紹介した変更点の他に気になるのが、燃費や価格についてではないでしょうか?

燃費に関しては、残念ながら新型シエンタのパワートレーンなどに関する情報が現段階ではわかっておらず、変更が行われない可能性が高いことを考えると、現在と同じ据え置き価格である可能性が高いと予想されます。

もちろん、若干の軽量化やパワートレーンの改良などによって実燃費が向上する可能性は当然ありますが、基本的にカタログ燃費には影響しないレベルとなるでしょう。

価格に関しては、先ほどもご紹介したセーフティーセンスCがどのような形で標準装備されるのか、またはセーフティーセンスPなどランクアップするのかによって大きく変わってきそうです。

参考までに、トヨタセーフティーセンスCのオプション価格が税込5.4万円であり、プリウスにおけるトヨタセーフティーセンスPの価格は税込8.4万円となっております。

それを踏まえて標準装備となった場合の価格は、現在が1,689,709~2,465,855円なのに対して最大で約10万円値上がりしたと想定した約1,800,000~2,600,000円あたりになるのではないでしょうか?

ここはあくまで予想ですので、参考程度にしていただければ幸いです!(詳細がわかり次第またお伝えしたいと思います!)

新型シエンタのマイナーチェンジでライバルの影響は?

Modulo X|スタイリング|フリード|Honda (25052)

冒頭でもご紹介したように、コンパクトミニバンとしてシエンタと比較されることの多いホンダフリードですが、2018年にシエンタがマイナーチェンジすることで、ライバルのフリードにも何かしらのアクションがあるのでしょうか?

残念ながら2018年3月時点では、マイナーチェンジやフルモデルチェンジの目立った情報はないようです。

そのため、2017年に追加されたModulo Xが最新モデルとなりますが、2018年1月現在ではシエンタに若干ながら遅れをとっている模様。

それに加えて2018年のシエンタのマイナーチェンジによってこの差が開かないように、今後フリードの動向にも注目したいですね!

なお、フリードに関してもチビカで以下のような記事や、これから最新情報をお伝えしていきます!
26 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

はるあき はるあき