2019年10月23日 更新

ジープ コンパス Sモデルが、オシャレな仕様で160台限定発売に!

ジープ コンパスは、ジープの伝統を受け継ぎながら、新しいエッジの効いたエクステリア等が特徴的です。同モデルに160台限定の特別モデルが設定されました。このモデルの特徴等をご紹介します。

ジープ コンパス Sモデルが、オシャレな仕様で160台限定発売に!

ジープ コンパスSモデルの概要等

FCAジャパンは、ジープのコンパクトSUVモデルとなる「Compass(コンパス)」に、内外装をよりスタイリッシュに装飾した限定モデルとして、「Compass S Model」を設定して、2019年10月19日より160台限定で販売することを発表しました。価格は、4,370,000円(消費税10%込み)です。

ジープ コンパス Sモデルのエクステリアは、ブラック基調にダークグレーを部分的に装飾したフロントグリルに、グラナイトカラーのウインドウモールディングやフォグランプベゼルを装備しています。ブラックペイントルーフにダークグレーのルーフレールをオシャレに組み合わせたことで、通常モデルにはないカラーコーディネーションを表現していますね。グラナイトカラーの専用19インチアルミホイールやSバッジを起用したことで、特別感も高めています。

インテリアには、グレーステッチ入りのブラックレザーシート(フロントパワーシート付)に、ガンメタルインテリアアクセント装飾や、ブラックヘッドライナーが特別装備されています。また内装裏面を拭き取りやすい材質したリバーシブルカーゴフロアでは、アウトドアなどで汚れたものをラゲッジルームに収納する際に便利な仕様ですね。

コンパス Sモデルのベースモデルとなったのは「リミテッド」モデルで、4×4システムや9速オートマチックを搭載するだけでなく、バイキセノンヘッドライト、フロントシートヒーター、BeatsAudioプレミアムサウンドシステム、パワーリフトゲートなどユーザーのあったら良いなと思う装備が標準化されています。
 (67921)

ジープ コンパスSモデルの特別装備内容等

 (67922)

ジープ コンパスは、独自の存在感を放つように仕上げられています。今回の限定車では、独自性を継承しながら、オシャレアップに、優れた快適性を持たせたモデルです。街で輝く「S」をまとったコンパクトSUVの特別限定車となっていますね。

エクステリア特別装備内容
・ブラックフロントグリル(ダークグレーアクセント付)
・グラナイトフォグランプベゼル
・グラナイトウインドウモールディング
・ダークグレールーフレール
・ブラックペイントルーフ
・グラナイトエクステリアバッジ(4×4, Jeep, COMPASS)
・Sバッジ

インテリア特別装備内容等
・ガンメタルインテリアアクセント
・グレーアクセントステッチ入りインテリア
・リバーシブルカーゴフロア
・ブラックカラーヘッドライナー

19インチアルミホイール(グラナイトカラー)+235/45R19 3シーズンタイヤが装備されています。ベースモデルのリミテッドは、18インチのアルミホイールが採用されていますので、より都会派仕様の足元になっていますね。

 (67923)

ジープ コンパスSモデルの諸元等

・右ハンドル
・全長4,400mm×全幅1,810mm×全高1,640mm
・乗車定員 5名
・直列4気筒 マルチエア 16バルブ
・総排気量 2,359cc
・4輪駆動(オンデマンド方式)
・電子制御式9速AT
・無鉛レギュラーガソリン

やはりレギュラーガソリン仕様であることが、非常に経済的であるといえますね。海外メーカーの殆どがハイオク指定の中、ジープモデルには、レギュラー指定が多く存在するのはユーザーにとっては嬉しいことではないでしょうか。
 (67924)

ジープ コンパスSモデルの安全装備内容等

・アダプティブクルーズコントロール(STOP&GO機能付)
・LaneSense™車線逸脱警報プラス
・前面衝突警報(クラッシュミティゲーション付)
・ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション
・ParkSense フロント・リアパークアシスト
・ParkSense縦列/並列パークアシスト
・ParkviewTM リアバックアップカメラ
・サイド インパクトドアビーム
・フロントアクティブヘッドレスト
・アダプティブリアブレーキライト

数々の安全・安心装備が施されていますね。ベースモデルに装備されているものは、同限定モデルも同様に搭載されています。
 (67925)

ジープ コンパスってどんな車?

コンパスは、ジープ本来のディテールや思いを受け継いでいるモデルです。それは、フラッグシップモデルのグランドチェロキーのDNAを色濃く受け継いでいます。Jeep®のフラッグシップモデル グランドチェロキーからのフィードバックを受けて、 パワフルな印象の中にも、ルーフラインや全体ディテールをアグレッシブ&シャープにアレンジしたモデルですね。

Jeep®ラインアップの中でも新たな個性を与えられたのがコンパスです。エアロダイナミクスを採用したルーフラインが生み出すコンパス独自のフォルムは、 ダイナミックで、唯一無二の存在感をかもし出しています。75年を超えるヒストリーを継承するために、伝統の7スロットグリルをモダンにアレンジして搭載されているのも特徴的ですね。

独創的なディテールのテールランプは、ランプの周りに沿って輝くLEDテールランプが特徴的です。被視認性を高めることで、安全性にも配慮したデザインとなっています。 台形ホイールアーチは、1941年の誕生以来、すべてのJeep®モデルにデザインされたホイールアーチですね。

 (67930)

内装は、ピアノブラックやクロームの美しい輝きをアクセントにしたエレガントなインストゥルメントパネルが特徴的です。中心には、車両やエンターテイメント情報を操作するボタン類を直感的に使えるよう敢えて整然と並べています(ベースモデルのリミテッドには標準装備)。

大きな眺めでより開放感にあふれた旅路が楽しめるパワーサンシェード付コマンドビュー® デュアルペインパノラミックサンルーフは、開放的な空間を演出してくれます。 走ること、乗る人を新しい風景と出逢う歓びで包み込んでくれる仕様ですね。
 (67932)

まとめ

ジープ コンパスからより都会派仕様の限定モデルが10/19より登場します。160台限定となっていますね。リミテッドをベースモデルによりシャープに仕上げられ、さらにカラーリングもオシャレな配色になっています。気になった方は、店頭に見に行って見ましょう。
20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me