2017年6月29日 更新

軽自動車の人気と燃費の最新ランキング!燃費と人気の関係は?

軽自動車を選択する理由に維持費の安さや燃費の良さといった経済性が挙げられるでしょう。その中でも特に燃費は多くのユーザーがきになるところです。今回はそんな軽自動車の燃費に関して、実際の販売数と実燃費での最新のランキングをご紹介します!

軽自動車の人気と燃費の最新ランキング!燃費と人気の関係は?

軽自動車の良さは、やはり燃費がいいこと!

走行性能|安全・性能|N-BOX|Honda (10906)

自動車選びをする際に最も意識する点は、皆さんはどんな所がありますか?

「見た目の良さ」や「走りが快適」など様々な要点がありますが、「燃費」に関しては最もユーザーが気にする部分でしょう。

価格の次に気にする人も多いこの燃費は、特に軽自動車にとって無視できないポイントです。

では軽自動車の中で燃費が素晴らしく、尚且つ人気の車両とは一体どんな車両なのでしょう?

今回はそんな疑問に答えるべく、2017年5月の販売ランキングとその車両の中で最も燃費(実燃費含む)が良い車両をご紹介します!

最新版!軽自動車で一番売れている車両はどれ?

日産:デイズ [ DAYZ ] 軽自動車 | 機能・快適性 (10903)

まずは軽自動車の販売台数から最新の人気車種を見ていきましょう。

このデータは一般社団法人 全国軽自動車協会連合会の2017年5月の販売確定のものとなっています。
2017年5月 軽四輪車 通称名別新車販売確報 – 一般社団法人 全国軽自動車協会連合会 (10899)

データは10位までの物をピックアップしているのですが、やはりN-BOXの人気は衰えておらず、今月も販売台数NO.1の人気を誇っています。

他にはダイハツのムーヴやスズキのスペーシア辺りも前年度から大きく台数を伸ばしている、注目の結果となっているようです。

この結果ですが、本題の燃費はどのような結果となっているのでしょうか?

上記の結果を燃費順に並び替えると以下のようになりました。
 (10875)

なんと販売台数1位のN-BOXは圧倒的な最下位となっています!

最も燃費がよかったアルトと比べるとその差は10キロ以上。

この違いは圧倒的ですね。

なぜこんなにN-BOXが売れているのか不思議に感じるほどの悪さと言えます。

対してアルトに関しては、リッター37キロの圧倒的な燃費で、ランキングの中では3位外と以外な結果に驚いています。

カタログ燃費では参考にならない!本題の実燃費は?

アルト | スズキ (10900)

ここまで2017年5月の販売台数での人気ランキングとカタログ燃費をご紹介しましたが、燃費に関しては実燃費でないと参考にはなりません。

カタログ燃費がいくら良くても、実際に走らせてみると普通乗用車より燃費が悪いとなっては意味がないですね。

そんな重要な実燃費に関しては一体どんな結果となっているのでしょうか?

ここでは某有名口コミサイトの燃費から平均した燃費でのランキングをご紹介したいと思います!

その結果がこちら!
 (10896)

実燃費に関してもアルトはやはり一番優れており、カタログ燃費は伊達じゃないですね。

最下位は下馬評通り、N-BOXの燃費が欠点だとわかる結果になりました。

これほど売り上げているにも関わらず、この燃費の悪さは如何なものかと思えてきます。

このデーターはカタログ燃費が最も優れているグレードでのみ算出した平均実燃費となっているので、中にはもっと実燃費が良い報告されている車種もありました。

燃費は走行条件や車両条件で大きく左右されるものですので、参考程度にご考えください。

また販売台数が多い車両ほど多くの燃費報告が寄せられ、過積載などといった燃費にデメリットとなる報告も多くなるので、その分の考慮が必要でしょう。

しかしながら、燃費がいいアルトではなくN-BOXがこれほどに人気となる背景には、スマートフォンのアップルのように革新的な何かがあるはずですね。

軽自動車も質感が重要!?N-BOXがこれほどにまで売れてる理由とは?

快適空間|インテリア|N-BOX|Honda (10910)

今最も売れているホンダのN-BOXですが、軽自動車で一番のポイントとなる燃費に関しては人気車種の中で最低となっていました。

ではなぜこれほどにN-BOXは人気があるのでしょうか?

この理由には以下のような点が考えられます。

・乗用車にも匹敵する室内空間の快適さ
・軽自動車らしからぬ質感
・ホンダという大きなメーカーで購入する点
・ターボやカスタムなどの豊富なラインナップ

この中でも広さと質感はポイントと言えるでしょう。

最近の軽自動車はひと昔のものと比べ、全体的に質感の向上が見られ、尚且つ人の乗車や荷物の積載に適した広々スペースが魅力の車両が多いです。

広さトップクラスとなるN-BOXはそのようなニーズに最も答える車両と言えるでしょう。

またディーラーの差についてですが、軽自動車を販売するメーカーは大きくスズキとダイハツがメインに感じますが、どうしても顧客数やアフターフォローといった面では普通車も扱うホンダや日産とでは規模が大きく違います。
日産:デイズ [ DAYZ ] 軽自動車 | 環境・品質 (10916)

特に日産デイズは三菱のOEMになりますが、日産のブランド力とこれまで築いてきた顧客関係によって人気を得ていると考えられるので、この典型的な例ではないでしょうか?

またデイズはかっこよさと質感の良さが魅力にも感じるので、広さも燃費もイマイチなデイズでこの人気はある意味N-BOX以上に凄いことだと思います。

しかしながらホンダにはN-BOXとN-WGNと2車種も販売上位を占めており、通常2台で顧客を取り合うと考えられますが、それほどホンダの軽自動車は他メーカに比べてどれも素晴らしいのでしょう。

メーカーによって良さはそれぞれですが、ホンダの軽自動車に関しては今後も注目していきたいですね!
24 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

はるあき はるあき