2017年10月2日 更新

BMW X2が2018年に登場しそうです! X2のコンセプトを解明し、価格帯、パワートレーン等に追ります!

2017年8月にBMWがプロトタイプを公式公開したようです。ここからX2シリーズのデザイン、パワートレーン、価格帯を筆者なりに追いかけてみたいと思います。

BMW X2が2018年に登場しそうです! X2のコンセプトを解明し、価格帯、パワートレーン等に追ります!

BMW X2のエクステリアは?

2016パリモーターショーでX2コンセプトが初お披露目!!!

「BMW Concept X2は、楽しさと実用性を兼ね備えたアクティブな人々のための乗り物です。 」ということをこのモーターショーでBMW Group Designでは述べています。

そして新しいXモデルのデザインを強靭なXモデルのフレームにて組み合わせることでBMWの新しい形を提案するとともに更なる可能性を示しているということもBMW Designのヘッド、Karim Habib氏は言っています。

このことから、基本的には新デザインの新しい提案の車ということになりますが、あくまでXシリーズの強靭さも求めているのでX1シリーズの一回りサイズアップバージョンともいえるのではないかと考えます。
X1 X3 X4 X5 X6のラインアップが現在BMWでは、有りますがこれにX2が加わり、1から6までのXが完成するともいえます。そして先日お目見えしたX7が加わるとしたらBMWXシリーズの完成ともなるかもしれません。
https://www.netcarshow.com/bmw/2016-x2_concept/#2 (15222)

via https://www.netcarshow.com/bmw/2016-x2_concept/#2

サイドデザイン

長いホイールベース、伸びた感じのルーフラインは、やはりXシリーズを基本コンセプトにしていると感じます。よりスポーティによりスリムに魅せる工夫も施されていると筆者は感じます。
21インチのホイールは、ダブルスポーク形状のツートンカラーとなっておりサイドビューの中でも存在感を放っていますね!
https://www.netcarshow.com/bmw/2016-x2_concept/#2 (15223)

via https://www.netcarshow.com/bmw/2016-x2_concept/#2

リアビュー

大きく張り出した台形の形状が特徴となっており、バンパー1体型のマフラーテールエンドが非常に目立った印象があります。腰下のグレーのヨーロピアンらしいデザインもうまく融合するように設計されていると感じます。
https://www.netcarshow.com/bmw/2016-x2_concept/#2 (15224)

via https://www.netcarshow.com/bmw/2016-x2_concept/#2

ルーフとCピラー

今回特徴的なのは、ルーフカラーをブラックにしてツートンを意識しながらX2のスポーティ感を演出しているここと、Cピラーがかなり前かがみとなっておりそこにBMWのロゴがあしらわれているところです!
https://www.netcarshow.com/bmw/2016-x2_concept/#2 (15225)

via https://www.netcarshow.com/bmw/2016-x2_concept/#2

フロントマスクに関して

フロントマスクは、BMWとひと目でわかる様な台形グリルをあしらって、輪郭をくっきりさせるために思い切った彫りこみを入れております。そしてボリューム感を出すためにバンパー両サイドが大きく開口しており迫力も与えております。ヘッドライトは最近の傾向の四角形状になっていますが、グリル同様5角形にしているところがBMWらしいと感じます!!!
https://www.netcarshow.com/bmw/2016-x2_concept/#2 (15226)

via https://www.netcarshow.com/bmw/2016-x2_concept/#2

スパイショット動画も流出し始めました。

X2の最終形とも言える動画も流出!!!

23 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me