2018年4月21日 更新

2018メルセデスベンツ新型Cクラスマイナーチェンジ!12.3型液晶メーター搭載で、質感大幅向上!

2014年にデビューしたW205メルセデスベンツCクラスがマイナーチェンジし、2018年3月に開催されるジュネーヴショーで発表されます。 マイナーチェンジする新型Cクラスには、最新の車載コネクティビティが搭載されるとのことで、その内容に迫ります!

2018メルセデスベンツ新型Cクラスマイナーチェンジ!12.3型液晶メーター搭載で、質感大幅向上!

メルセデスベンツCクラスが初のビッグマイナーチェンジ

現行型のW205メルセデスベンツ Cクラスは2014年に日本で発売されました。
発売された当初から、ベビーSクラスと言われるほどエクステリアから内装まで、今までのDセグメント車の常識を打ち破るほどの質感を備えた車になっていました。

そんなメルセデスベンツCクラスが初のビッグマイナーチェンジを行います。

もともとその質感や車としての出来には定評のあったメルセデスベンツCクラスがどのようにマイナーチェンジするのか、ご紹介しましょう。

2018新型メルセデスベンツCクラスセダンのエクステリア

まずは新しくマイナーチェンジするメルセデスベンツ新型Cクラスのエクステリアを見てみましょう。
https://www.netcarshow.com/mercedes-benz/ (23975)

via https://www.netcarshow.com/mercedes-benz/
パッと見ではどこが変わったのかまったくわからないほど、エクステリアには変更が少ないようです。

ヘッドライトユニットの内部形状が変わっていることや、ポジションランプがシームレスにチューブ状に光るようになっている点、フロントバンパー下部左右が、Eクラスにも似た2本フィンのタイプになっていることがなどが挙げられます。
このヘッドライトユニットは、ウルトラレンジハイビームを搭載した「マルチビーム LEDヘッドライト」となっています。
昨年マイナーチェンジしたSクラスに続いて、Cクラスに初搭載されます。
安全性能についても、Sクラス譲りの高品質なものを展開してくるとは、Cクラスもライバルに対して常にリードしているスタイルであり続けます。

ダイヤモンドグリルになっていますが、こちらは「AMG-Line」というグレードになるようです。
グリル周りやアルミホイールなどは、グレードによって異なりますが、おそらく日本導入モデルでも上位グレードにはこちらと同じエクステリアが与えられるのではないかと思われます。


比較用に、マイナーチェンジ前のメルセデスベンツCクラスの画像を見てみましょう。
https://www.netcarshow.com/mercedes-benz/ (23976)

via https://www.netcarshow.com/mercedes-benz/
上記がマイナーチェンジ前のアバンギャルドスポーツ相当のグレードのエクステリアです。
アルミホイールなども、グレードによって意匠が異なるので単純比較は出来ませんが、上記に挙げたヘッドライトやバンパー形状などが変わっているのがわかると思います。

続いてマイナーチェンジする新型Cクラスをサイドから見てみましょう。
https://www.netcarshow.com/mercedes-benz/ (23977)

via https://www.netcarshow.com/mercedes-benz/
こちらも大きく変わった様子はありません。

比較用にマイナーチェンジ前の画像もどうぞ↓
https://www.netcarshow.com/mercedes-benz/ (23978)

via https://www.netcarshow.com/mercedes-benz/
フロントパンパー形状の変更により、新型Cクラスのほうが迫力があるように見えますね。

続いて新型Cクラスのエクステリアのリアビューもミてみましょう。
https://www.netcarshow.com/mercedes-benz/ (23979)

via https://www.netcarshow.com/mercedes-benz/
こちらも大きな変化はありませんが、リアコンビネーションランプ内の配光パターンが変更になっています。

Cクラスの「C」をイメージした光り方に変わっていますね。

↓こちらがマイナーチェンジ前のリアです。
https://www.netcarshow.com/mercedes-benz/ (23980)

via https://www.netcarshow.com/mercedes-benz/
リアコンビネーションランプ内のパターンが違うのがお分かりいただけるでしょうか。

こうして見比べると、エクステリアの変更点は最小限であることがわかりますね。

2018新型メルセデスベンツCクラスワゴンも同様にマイナーチェンジ

Cクラスセダン同様に、Cクラスワゴンもマイナーチェンジが実施されます。

エクステリアの変更点はCクラスセダンと同様で、ヘッドライトユニットやバンパー形状などに留まります。
https://www.netcarshow.com/mercedes-benz/ (23991)

via https://www.netcarshow.com/mercedes-benz/
公開された画像はエクスクルーシブという日本には限定でしか入ってきていなかったフロントマスクです。

こちらのグリルもかっこいいと思うのですが、日本ではあまり売れないそうで、アバンギャルドスポーツ系のグリル形状のものしか今回のマイナーチェンジでも導入されないと予想されます。
https://www.netcarshow.com/mercedes-benz/ (23993)

via https://www.netcarshow.com/mercedes-benz/

2018新型メルセデスベンツCクラスの内装の変更点は?

あまり見た目上の変化の少なかったエクステリアに比べて、新型Cクラスの内装は大きな変化があります。

まず一番の大きな変化は、アナログメーターしかなかった前期型Cクラスに対して、12.3インチワイドディスプレイの液晶メーターパネルが装着されます。
こちらはオプションのようです。
SクラスやEクラスでは、フラットなメーターパネルとナビ画面がツライチで繋がったデザインとなっていますが、今回のメルセデスベンツ新型Cクラスではメーターは独立したカタチになっています。
https://www.netcarshow.com/mercedes-benz/ (23996)

via https://www.netcarshow.com/mercedes-benz/
ダッシュボード中央に位置するナビ画面は、マイナーチェンジ前の8.8インチから拡大され、10インチ相当のものに変わっています。
ライバルが続々と大型モニターや液晶メーターパネルを導入する中で遅れている感があったメルセデスベンツCクラスも、これでライバルと同等のインフォテイメントシステムを導入したことになります。

さらに、新型Cクラスが先進的なのは、このインフォテインメントシステムは、音声アシスタントの「LINGUATRONIC」で操作可能とのこと。

メルセデスベンツの操作デバイスであるCOMMANDコントロールでは、新たに触覚フィードバック機能が搭載され、より操作性が向上しています。

また、ステアリング形状も新意匠となっており、ボタン類も増えて操作できる内容が広がっています。
https://www.netcarshow.com/mercedes-benz/ (23998)

via https://www.netcarshow.com/mercedes-benz/
今回のマイナーチェンジでは、シートにはシートヒーターだけでなくマッサージ機能も搭載され、さらにエアコン、フレグランス、照明、音楽など、車内環境を総合的に管理・調整してくれる「エナジャイジング・コンフォート・コントロール」が採用。
今年フルモデルチェンジする新型Aクラスにも採用されるというマッサージシートが、マイナーチェンジするCクラスでも採用されるのは、クラスレス化が進んでいますね。
https://www.netcarshow.com/mercedes-benz/ (23999)

via https://www.netcarshow.com/mercedes-benz/
公開された上記の画像は、AMG-Line専用と思われます。
キルティング調のシートやドアトリムは非常に質感が高いですね。
ドアのオーナメントパネルには本アルミや本杢目が使用されるのは、マイナーチェンジ前と同様です。
ライバルを寄せ付けない、マテリアルの良さがあります。

新型メルセデスベンツCクラスのボディサイズやスペックは?

マイナーチェンジ前のCクラスセダンのAMGラインでは、全長4,715mm×全幅1,810mm×全高1,430mmとなっていますが、今回のマイナーチェンジによるバンパー形状の変更により、若干のボディサイズの拡張があるかもしれませんが、大きくは変わらないと思われます。

マイナーチェンジ前のCクラスのパワートレインは、1.6Lターボ、2.0Lターボ、2.2Lディーゼル、3.0L V6ターボ、4.0L V8など多彩なバリエーションが有りましたが、そのラインナップは継続されると思われます。

ただ、Eクラスから導入された新型の2.0Lディーゼルターボが新たに搭載される可能性もあります。
https://www.netcarshow.com/mercedes-benz/ (24006)

via https://www.netcarshow.com/mercedes-benz/

新型メルセデスベンツCクラスの価格や発売日は?

今回のマイナーチェンジにより、安全装備の拡充などが図られるため、若干の価格上昇が行われるでしょう。
おそらくは10万円〜15万円程度の車両本体価格増が予想されます。

デビュー当時の2014年では、399万円からと謳っていましたが、それも今では一番安いC180でも441万円からとなっています(しかも受注生産)。
C200のアバンギャルドが530万円からとなっているので、売れ線になるC200アバンギャルドは550万円程度になるのではないかと予想します。

また、気になるメルセデスベンツ新型Cクラスの発売日ですが、2018年3月のジュネーヴショーにて発表されます。
欧州での発売はおそらく2018年4月頃からとなるでしょうから、日本での発売はそれから遅れて6月〜8月頃になるのではないでしょうか。

詳細な情報が入り次第加筆します。
3月のジュネーヴショーでの発表を待ちましょう!
 (24005)

35 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部