2017年12月16日 更新

絶版車になったけど一度は乗ってみたい軽自動車ホンダゼスト!

結構人気があったのに絶版車になってしまったゼスト.。Nシリーズの車種構成にしていく時に絶版になったので当初は惜しまれてたとも伺います。筆者もこのゼストに乗ってみたいなと純粋に思いました。

絶版車になったけど一度は乗ってみたい軽自動車ホンダゼスト!

ホンダゼストってどんな車???

敢えて当時のCMを三本立てで!!!

ホンダとしては、ゼスト、ゼストスポーツ、ゼストスパークともにかなり力が入っていたと考えます。CM起用した芸能人もかなり当時から有名な方ばかりと思います。それだけ、ゼストへの期待や自信がホンダに有ったと考えます。

ホンダゼスト誕生の経緯は?

2006年から2012年まで製造・販売されたホンダの軽自動車です。トールワゴンの位置づけでザッツの後継車として開発されたモデルであります。

ゼスト及びゼストスポーツが当初の販売ラインアップであります。NAの設定及びターボの設定、そしてFF・4WDがありました。ファミリー向けのゼストよりもゼストスポーツを中心に販売戦略を立てていたようで、若者からファミリー層までゼストスポーツの方が人気があった車両です。

その後ゼストスポーツの廃止に伴い、プロジェクタータイプのディスチャージヘッドランプや専用フロントグリルに専用バンパーを搭載したゼストスパークが販売になりました。

エクステリアデザインは?

通常のゼストもゼストスポーツ、ゼストスパークにしても比較的この時代ではスポーティなフロントデザインと感じます。フロントライトの形状等も比較的多くの人に受け入れられそうな形状ですしバンパー形状も末広がりな印象があるデザインと感じます。
 (19275)

リアに関しては、フロントとうって変わりおとなしめのデザインであると筆者は感じました。すっきりとしたデザインにテールランプも軽自動車感を感じちゃうかな・・・と思いました。
 (19276)

通常のゼスト及びゼストスポーツは、当初はハロゲンタイプのヘッドランプとなっているようです。ゼストスパークからはプロジェクター式のディスチャージにバージョンアップして登場しております。
 (19277)

当時の軽自動車の標準である155/65R13をゼスト・ゼストスポーツ・ゼストスパークでは採用しているようです。実は筆者的には非常にありがたいと思います。他のメーカーではスポーツ仕様等同じ車種の上位グレードの軽自動車にはなぜか14インチのホイールにするという手法が多いと思っておりました。
 (19278)

インテリア部分はどうでしょうか?

比較的ホンダの場合は多いのですが、オーディオレスの設定が基準と成っていると考えます。お好きなオーディオをご自身でインストールするというのが一番とホンダでは考えているようです。勿論オプション等でのオーディオ設定はございます。

インパネシフトが主流になってから登場したゼストですので当然かもしれませんがインパネシフトになっております。メーター内も比較的シンプルなつくりになっており扱いやすさを売りにもしているように思います。

http://www.goo-net.com/catalog/HONDA/index.html (19279)

via http://www.goo-net.com/catalog/HONDA/index.html
シートは濃いグレーを基調としたモデルを画像に使用しておりますが、年式・グレードにて少しずつ変更されていると考えます。但し比較的シンプルなデザインで構成されているように感じます。
 (19280)

オーディオレスが基本でありますが、ホンダではオプション等にてオーディオ掲載ページは多く取り扱われていたと筆者は記憶しております。
 (19281)

ホンダゼスト中古車購入ワンポイントアドバイス!

筆者調べでは、ゼスト・ゼストスポーツ・ゼストスパークでおおよそ1500台ほどは中古車市場であると考えます。結構沢山の流通量があると思います。この中で筆者が考える購入ワンポイントアドバイスは、程度の良いゼストスポーツまたはスパークを手に入れよう!!!そう考えます。

参考URL
http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/16/700070294030170605004.html
ゼストスポーツ平成20年 1.0万キロ 本体価格58万円 車検31.2

参考URL
http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/11/700090087630171202002.html
ゼストスパーク平成24年 1.1万キロ 本体価格59.8万円 車検なし

参考URL
http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/13/700040090030170405002.html
ゼストスポーツ平成20年 2.5万キロ 本体価格39.8万円 車検なし
※上記の参考URLは、筆者が記事作成当時調べたものですので、掲載終了等になってしまっている場合がございますので予めご了承ください。

2012年まで生産されていますので年式が新しいものの価格はやはり高めの設定になってしまいます。そしてパールホワイト・黒・紫系のカラーは中古車相場では高い設定になっていそうです。

皆様もゼストに一度乗ってみては如何でしょうか!!!
26 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me